表示順:
検索したタグ: 研修医
検索結果  :35件

初期研修医1年目におすすめの参考書まとめ

職場や卒業大学の後輩である研修医の先生方より、初期研修医1年目向けの参考書を教えてほしいというニーズが高かったので、後輩たちに解説したときのスライドです。 ご覧いただく医学書レビューは、これまで研修医時代に100冊以上の医学書を読み、 その中でもオススメの医学書のレビューを月5冊以上書いている、とある救急科専攻医の私見に満ちたレビューです。 医学生や研修医、各分野の初学者の気持ちが痛いほどわかるので、是非この一冊を手に取ってみたいと思っていただけるようなレビューを心がけています。 初期研修医の皆さんはもちろん、国家試験を終えてこれからどんな勉強をしようかなやんでいる医学生の皆様にもぜひ読んでいただきたいです! レビュー記事はコチラのURLからもご覧いただけます👇 https://dancing-doctor.com/2020/04/02/summary1/ 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/184 1.内科レジデントの鉄則👇 https://dancing-doctor.com/2020/03/28/review1/ 2.「型」が身につくカルテの書き方👇 https://dancing-doctor.com/2020/09/01/review-medical-note/ 3.ねじ子のヒミツ手技 1st Lesson👇 https://dancing-doctor.com/2020/03/30/review3/ 4.竜馬先生の血液ガス白熱講義150分👇 https://dancing-doctor.com/2020/03/31/review4/ 5.ただいま救急外来診断中!👇 https://dancing-doctor.com/2020/04/01/review5/ 6.レジデントのためのこれだけ輸液👇 https://dancing-doctor.com/2020/08/02/fluid-resident/ 7.レジデントのためのこれだけ心電図👇 https://dancing-doctor.com/2020/08/22/ecg-resident/

184360 40

#1 輸液の基本 | 電解質輸液塾

学生、レジデント向けの電解質・酸塩基平衡異常、輸液に関するeラーニング教材「電解質輸液塾オンライン」で使用したスライドです。 今回は「輸液の基本」です。 電解質輸液塾オンライン【ベーシック】は、以下の5本で構成されています。 #1 輸液の基本 https://slide.antaa.jp/article/view/878f9201c2614f56 #2 低Na血症 https://slide.antaa.jp/article/view/71d19c53782c438e #3 K代謝異常 https://slide.antaa.jp/article/view/597d4f6fe40a4b1b #4 高Ca血症 https://slide.antaa.jp/article/view/815dfa09e8be4b2a #5 酸塩基平衡異常 https://slide.antaa.jp/article/view/cd5ba5d338c8412c 本スライドの音声つきの解説は、以下のYouTubeで視聴できます。 https://youtu.be/_2qwNod5a9I さらに学びたい場合は、「電解質輸液塾 改訂2版」中外医学社で学んでください。 https://amzn.to/3q3W8iV

121254 222

診断に役立つCTの基礎知識

初期研修医や放射線科の専攻医向けにCTの基礎知識についてまとめた教育スライドです.CTの原理やウインドウなどの周辺知識,CTの画質をどうやって評価し,どうやって改善するか,などについて学ぶことが出来ます. ※本スライドは、Antaaオンライン配信で紹介した内容です。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。 https://qa.antaa.jp/stream/contents/2

97512 122

急性期脳梗塞 初期診療

急性期脳梗塞の初期診療において重要となるポイントを、t-PA静注療法や血管内治療などの再灌流療法、NIHSSやASPECTS、病型診断と抗血栓療法などに言及しながら、まとめました。

83414 81

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

61008 33

とりあえずできる!風邪診療!

Youtubeに風邪診療の動画をアップしています。特に救急外来を担当する初期研修医向けに作ってます!風邪っぽい人が来たときに自信がない人は是非参考にしてください! Youtube:https://youtu.be/o2Ljpae7vw0

55092 58

#3 K代謝異常 | 電解質輸液塾

学生、レジデント向けの電解質・酸塩基平衡異常、輸液に関するeラーニング教材「電解質輸液塾オンライン」で使用したスライドです。 今回は「K代謝異常」です。 #1 輸液の基本 https://slide.antaa.jp/article/view/878f9201c2614f56 #2 低Na血症 https://slide.antaa.jp/article/view/71d19c53782c438e #3 K代謝異常 https://slide.antaa.jp/article/view/597d4f6fe40a4b1b #4 高Ca血症 https://slide.antaa.jp/article/view/815dfa09e8be4b2a #5 酸塩基平衡異常 https://slide.antaa.jp/article/view/cd5ba5d338c8412c 本スライドの音声つきの解説は、以下のYouTubeで視聴できます。 https://youtu.be/9hzM2rmC2Ys さらに学びたい場合は、「電解質輸液塾 改訂2版」中外医学社で学んでください。 https://amzn.to/3q3W8iV

46197 85

#1 たこつぼ型心筋症【病態から心筋梗塞との鑑別まで】

循環器疾患の病態を循環器内科医ができるだけ実臨床に沿った形で解説するシリーズ。 今回は「たこつぼ型心筋症」について、基礎から急性心筋梗塞(AMI)との違いまで簡単に解説していきます。 ▶その他の疾患解説スライドもぜひご覧ください https://slide.antaa.jp/tagsearch/688 <本スライドの目次> たこつぼ型心筋症とはどんな病気か? たこつぼ型心筋症の病態と原因、症状 たこつぼ型心筋症の検査 たこつぼ型心筋症の治療 急性心筋梗塞(AMI)とは AMIとたこつぼ型心筋症の違い 実際の診療の流れとまとめ 音声つきの解説動画は、以下のYouTubeで視聴できます https://youtu.be/zBJZFp5fcrM

44891 20

#2 低Na血症 | 電解質輸液塾

学生、レジデント向けの電解質・酸塩基平衡異常、輸液に関するeラーニング教材「電解質輸液塾オンライン」で使用したスライドです。 今回は「低Na血症」です。 電解質輸液塾オンライン【ベーシック】は、以下の5本で構成されています。 #1 輸液の基本 https://slide.antaa.jp/article/view/878f9201c2614f56 #2 低Na血症 https://slide.antaa.jp/article/view/71d19c53782c438e #3 K代謝異常 https://slide.antaa.jp/article/view/597d4f6fe40a4b1b #4 高Ca血症 https://slide.antaa.jp/article/view/815dfa09e8be4b2a #5 酸塩基平衡異常 https://slide.antaa.jp/article/view/cd5ba5d338c8412c 本スライドの音声つきの解説は、以下のYouTubeで視聴できます。 https://youtu.be/XIsb3MeiUEI さらに学びたい場合は、「電解質輸液塾 改訂2版」中外医学社で学んでください。 https://amzn.to/3q3W8iV

38285 45

NIHSSから始める神経診察

脳卒中の初期診療で用いるNIHSSを詳しく解説し、それに関連した神経診察の発展的な内容についても言及しています。神経診察に対する苦手意識をなくし、脳神経内科の魅力を少しでも感じてもらえればと思います。

29152 39

【最新版】BLS・ALS(ACLS)のまとめ【JRC蘇生ガイドライン2020参照】

JRC蘇生ガイドライン2020を参考にBLS・ALS(ACLS)についてまとめています! 心肺蘇生の現場で知っておくべき基本的知識や、ICLSコースインストラクターを習得するにあたって学んだ実用的な知識を網羅しました。 また、要点が印象に残りやすいよう、イラストレーターの方と協力して作成したイラストも加えています。 全ての医療従事者の方に見ていただきたいスライドです◎

27538 14

#5 酸塩基平衡異常 | 電解質輸液塾

学生、レジデント向けの電解質・酸塩基平衡異常、輸液に関するeラーニング教材「電解質輸液塾オンライン」で使用したスライドです。 今回は「酸塩基平衡異常」です。 電解質輸液塾オンライン【ベーシック】は、以下の5本で構成されています。 #1 輸液の基本 https://slide.antaa.jp/article/view/878f9201c2614f56 #2 低Na血症 https://slide.antaa.jp/article/view/71d19c53782c438e #3 K代謝異常 https://slide.antaa.jp/article/view/597d4f6fe40a4b1b #4 高Ca血症 https://slide.antaa.jp/article/view/815dfa09e8be4b2a #5 酸塩基平衡異常 https://slide.antaa.jp/article/view/cd5ba5d338c8412c 本スライドの音声つきの解説は、以下のYouTubeで視聴できます。 https://youtu.be/E-wYuEITPMY さらに学びたい場合は、「電解質輸液塾 改訂2版」中外医学社で学んでください。 https://amzn.to/3q3W8iV

26130 44

聴診のシカタ!~聴診器を当てるまで~

「聴診って難しい。でも学生の時以外に教えてもらったことがない」 「コースクラックルとか収縮期雑音とかはCDやビデオ教材、YouTubeなどでみることできるけど、そういえば聴診器の正しい当て方って何だっけ?」 というギモンを持った超ビギナーの人向けかつ実践的スライドです。 みんなで、あのやる気の出ない教科書のイラストから解放されましょう。 聴診器を当てるまでに絞ったむちゃくちゃコアなテーマですが、聴診法を理解することで、より素敵な診療につながってくれるととても嬉しいです。 「脱・高級首飾り!ようこそ、聴診沼の世界へ!!」 ※心雑音・ラ音などの異常音は全く扱いません。 ※2021年2月8日(月)のAntaa News で解説させていただきます。 https://qa.antaa.jp/stream/contents/132

21688 57

末梢静脈路確保を「必ず」成功させるためには?

末梢静脈路確保(ライン確保)は、研修医が最初に経験する手技とも言える基本手技です。この手技を必ず成功させるためには、どんなことに気をつければよいのでしょうか? 本スライドでは、末梢静脈路確保の手技のコツ、メンタル面のポイント、患者さんへの上手な声かけについて解説します。 是非しっかりと習熟して「〇〇先生は、点滴が上手だね!」と言われるようになりましょう! ①末梢静脈路確保「手技」のコツ ・準備 ・血管の選択 ・サーフローの持ち方 ・難しいときに考えること ②メンタル面や声かけのコツ ・メンタル面でのポイント ・患者さんへの声かけのポイント ③まとめ ※本スライドは、Antaaウェブサイト上に掲載されたバックナンバー記事を再編集して作成されました。

21449 35

免疫不全の感染症 入門編

総合内科医が知っておくべき"免疫不全の感染症"についてまとめました。 免疫不全を4つにわけるところからスタートです。 後期研修医~ヤングスタッフくらいに学んでもらえればと思い作っています。

18506 11

多職種のための認知症の診断と治療

今回は認知症の一般的なことについてまとめました! 日常診療において、認知症の患者さんを診療しない科はほとんど無いのではないでしょうか。今回は認知症診療を専門としない医師だけでは無く、認知症患者の方と接する医療者の方でも最低限知っておいて欲しい知識についてまとめております。 ぜひこのスライドで認知症診療を身近に感じ、明日からの診療に活かして頂ければと思います。

16285 34

頚動脈エコー 基礎から応用

頚動脈エコーに、慣れ親しんでもらうことを目的としたスライドです。頚動脈エコーは誰もが直ぐに始めることができ、技術的な修練と理論的な背景を学ぶことで、急性期脳卒中診療の大きな手助けとなります!

15493 22

#2 肺血栓塞栓症【病態から外来診療まで】

循環器疾患の病態を循環器内科医ができるだけ実臨床に沿った形で解説するシリーズ。 今回は「肺血栓塞栓症」について、病態から外来診療の仕方まで解説していきます。 ▶その他の疾患解説スライドもぜひご覧ください https://slide.antaa.jp/tagsearch/688 <本スライドの目次> 肺血栓塞栓症とはどんな病気か? 肺血栓塞栓症の病態と原因、症状 肺血栓塞栓症の検査 肺血栓塞栓症の治療 一問一答 肺塞栓症の外来診療 実際の診療の流れとまとめ 音声つきの解説動画は、以下のYouTubeで視聴できます https://youtu.be/6rYH0WC7Hcc

15447 19

デキレジは”こう動く” ー不穏・せん妄ー

「とりあえずサイレース®」やっちゃってないですか? 病棟管理で必ず遭遇する,不穏・せん妄.イマイチ対処法が分からないし,抗精神病薬ってなんだか使いづらい. せん妄について正しく理解し,”デキる病棟管理”を身につけましょう!

15397 24

#4 高血圧症【高血圧の基礎から2次性高血圧の実臨床まで】

循循環器疾患の病態を循環器内科医ができるだけ実臨床に沿った形で解説するシリーズ。 今回は「高血圧症」について、基礎から2次性高血圧を疑うときや検査の仕方、また高血圧緊急のときの考え方まで幅広く解説していきます。 ▶その他の疾患解説スライドもぜひご覧ください https://slide.antaa.jp/tagsearch/688 <本スライドの目次> 高血圧とは 高血圧の治療 2次性高血圧とは 2次性高血圧を実臨床でどうしているか 高血圧緊急症とは 高血圧切迫症とは まとめ 音声つきの解説動画は、以下のYouTubeで視聴できます https://youtu.be/Rpr6slTrRLg

13128 20

#3 感染性心内膜炎【基礎から不明熱の原因まで】

循環器疾患の病態を循環器内科医ができるだけ実臨床に沿った形で解説するシリーズ。 今回は「感染性心内膜炎(IE)」について、病態基礎から症状、不明熱の原因としての見方、循環器的な緊急性までを循環器医の目線で解説していきます。 ▶その他の疾患解説スライドもぜひご覧ください https://slide.antaa.jp/tagsearch/688 <本スライドの目次> 感染性心内膜炎の病態と原因 感染性心内膜炎の症状と検査 感染性心内膜炎の診断 感染性心内膜炎の治療(手術適応) 抗菌薬の選択 経食道心エコーをいつするべきか 感染性心内膜炎の実際の診療の流れとまとめ 音声つきの解説動画は、以下のYouTubeで視聴できます https://youtu.be/1iQJipIx2EQ

12557 20

#4 高Ca血症 | 電解質輸液塾

学生、レジデント向けの電解質・酸塩基平衡異常、輸液に関するeラーニング教材「電解質輸液塾オンライン」で使用したスライドです。 今回は「高Ca血症」です。 #1 輸液の基本 https://slide.antaa.jp/article/view/878f9201c2614f56 #2 低Na血症 https://slide.antaa.jp/article/view/71d19c53782c438e #3 K代謝異常 https://slide.antaa.jp/article/view/597d4f6fe40a4b1b #4 高Ca血症 https://slide.antaa.jp/article/view/815dfa09e8be4b2a #5 酸塩基平衡異常 https://slide.antaa.jp/article/view/cd5ba5d338c8412c 本スライドの音声つきの解説は、以下のYouTubeで視聴できます。 https://youtu.be/Ie5DzX3oikc さらに学びたい場合は、「電解質輸液塾 改訂2版」中外医学社で学んでください。 https://amzn.to/3q3W8iV

11489 31

#5 大動脈解離【基礎から新旧の画像判断まで】

循環器疾患の病態を循環器内科医ができるだけ実臨床に沿った形で解説するシリーズ。 今回は「大動脈解離」について、病態基礎から多彩な症状、また画像からの新旧の判断や解離や血栓かの鑑別まで幅広くわかりやすく解説していきます。 ▶その他の疾患解説スライドもぜひご覧ください https://slide.antaa.jp/tagsearch/688 <本スライドの目次> 大動脈解離(DAA)とは 大動脈解離の多彩な症状 大動脈解離の検査 大動脈解離の分類と治療 壁在血栓と大動脈解離の区別の仕方 大動脈解離の新規か陳旧性かの区別(単純CTが有効など) Stanford A型大動脈解離は全例手術?(そんなことはない) 大動脈解離の合併症 大動脈解離の診療の流れとまとめ 音声つきの解説動画は、以下のYouTubeで視聴できます https://youtu.be/1rVIkF4FOWc

11150 17

胃管挿入の操作法

誰もが経験する入院患者さんへの胃管挿入。 うまくいかない時、次はどうしたらよいのでしょうか? ここでは病棟での胃管挿入時の胃管の操作と必要な解剖(鼻、咽頭、食道、胃)、そしてガイドワイヤーがなくても冷凍してコシを出す方法について解説します。 1. 胃管操作について 2.胃管操作と解剖 3.ガイドワイヤーがなくてもコシを得る方法 4.参考文献 ※本スライドは、Antaaウェブサイト上に掲載されたバックナンバー記事を再編集して作成されました。

7708 13

デキレジは”こう動く” ーParkinson病ー

「変性疾患はとっつきづらい」と思っている人は多いかもしれません.しかしParkinson病はコモンな疾患で,救急外来・病棟で出くわす場面もあります.疾患像をおおまかに捉えて,非専門医としての「デキる」対応をしましょう.

6070 7

医師がよく遭遇する嚥下障害の診かた

内科外科問わずどの診療科の医師も頻繁に遭遇する嚥下障害。看護師やSTは評価してくれるけども、最終的に方針を決めるのは医師。患者さんにとっては大事な問題ですが、医師が対応に困ることもしばしば。私たちも対応に悩むことも多いですが、少しでもお役に立てば幸いです。

6048 10

若手医師のための「アイドルキャリア考」

キャリアとは、持てる資産を財産に引き替えること――。 アイドル≒研修医? ・一生そのままではない ・「なにものか」になるための助走期間 ・この期間に何をするかが「なにものになるか」を決める 時間は有限です。やりたいことが明確に決まっている先生にとっても、やりたいことがあるようなないような先生にとっても、本スライドがご自身のキャリアを考える機会につながれば幸いです。 ※本スライドは、2020年11月20日配信のAntaaNEWS(第150回記念)の「Short Lecture」で使用したスライドです。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。 https://www.facebook.com/antaa/videos/184392146664610

4712 9

#6 大動脈瘤【基礎から手術適応まで】

循環器疾患の病態を循環器内科医ができるだけ実臨床に沿った形で解説するシリーズ。 今回は「大動脈瘤」について、基礎から手術適応まで簡単に解説していきます。 ▶その他の疾患解説スライドもぜひご覧ください https://slide.antaa.jp/tagsearch/688 <本スライドの目次> 腹部大動脈瘤とは 大動脈瘤の部位 大動脈瘤の症状、検査、形態 大動脈瘤の治療 手術適応 大動脈瘤の診療の流れ~まとめ 音声つきの解説動画は、以下のYouTubeで視聴できます https://youtu.be/1rVIkF4FOWc

4669 9

デキレジは”こう動く” ー細菌性髄膜炎ー

内科エマージェンシーの細菌性髄膜炎.教科書では読むけど,実際にどのように動けば良いのか分からない(汗).細菌性髄膜炎診療の考え方・動き方をマスターして,デキレジになりましょう!

2520 13