研修医が知っておくべき抗菌薬

使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/107

シェア

永井 友基

長崎医療センター 

259452 page views

研修医・内科医が知っておいてほしい点滴抗菌薬についてまとめました。

感染症の原則を少し
その後に耐性菌リスクの話、PK/PDの話、
ペニシリン系・セフェム系・バンコマイシン・メロペネムについて話しています。

長崎医療センターで勉強会に使用したスライドです。
みなさんのお役に立てれば幸いです。

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

33266 17

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

311471 146

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

29120 73

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(2021/10/1)】 「研修医1年目も半分終わったし、なんか抗菌薬勉強しようかな」というエライ初期研修医の皆様のために(?)、大幅な加筆・訂正・記載方法の変更を行いました。 *排泄経路の記載を「腎機能・肝機能による調節の要否」に改め、より臨床で使いやすくしました。 *各薬剤のESBLs, AmpC型β-ラクタマーゼに対するポジショニングの記載をより詳細なものにしました。 * セフトリアキソンの項を一新しました。 * セフェピムの項で特にセフェピム脳症・投与設計についての記載を中心にガイドラインや最近のトピックに即した内容に改めました。 * メトロニダゾールの項で、用量調節についての記載を詳細に改めました(以前の記載で腎排泄と記載していましたが、主たる排泄経路は肝胆道でした。すみません)。 *バンコマイシンの項を一新しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc * タコでもわかる静注抗菌薬の話 https://slide.antaa.jp/article/view/e097b2a75e264a01 * カメでもわかるCRPの話 https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b * ニワトリでもわかるβ-ラクタム系以外の抗菌薬の話 https://slide.antaa.jp/article/view/a335f79d13f144ee * アナグマでもわかるフルオロキノロンの話 https://slide.antaa.jp/article/view/067106f6aebb4bf8 * ウシでもわかる真菌の話 https://slide.antaa.jp/article/view/e491e8559fc14d39 ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。 スライド内容の転用も歓迎します。その折にはお手数ですがご一報ください。

712668 338

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

149172 82

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

31713 80
もっと見る

研修医が知っておくべき抗菌薬

1. 研修医が知っておくべき抗菌薬 2021.1.26
2. 目標(今回は点滴のみです) ・抗菌薬の種類が分かるようになろう。 ・抗菌薬を正しく選択できるようになろう。
3. 感染症の5大原則は???
4. 感染症の5大原則は??? みなさんで声を合わせて! せーのっ!
5. 感染症の5大原則は??? ・背景 ・臓器 ・微生物 ・抗菌薬 ・フォロー
6. 今日のテーマは! ・背景 ・臓器 ・微生物 ・抗菌薬 ・フォロー
7. Question1この中で耐性グラム陰性桿菌に効く薬は? ABPC ABPC/SBT TAZ/PIPC CEZ CTM CMZ CAZ CTRX CFPM MEPM VCM AZT LVFX CPFX GM AMK CLDM TEIC LZD DAP METRO ST MINO AZM
8. 耐性グラム陰性桿菌に効く抗菌薬 ペニシリン系 ・PIPC ・TAZ/PIPC セフェム系 ・CAZ ・CFPM カルバペネム系 ・MEPM モノバクタム系 ・AZT キノロン系 ・LVFX ・CPFX アミノグリコシド系 ・GM ・AMK
9. ちなみに耐性グラム陽性球菌には
10. 耐性グラム陽性球菌に効く抗菌薬 グリコペプチド系 ・VCM ・TEIC(テイコプラニン) オキサゾリジノン系 ・LZD(リネゾリド) リポペプチド系抗菌薬 ・DAP(ダプトマイシン)
11. 耐性グラム陽性球菌に効く抗菌薬 グリコペプチド系 ・VCM ・TEIC(テイコプラニン) オキサゾリジノン系 ・LZD(リネゾリド) リポペプチド系抗菌薬 ・DAP(ダプトマイシン) 1にVCM 2にVCM 3も4もVCM 5もVCM VCMが効かない場合は感染症内科に相談を!
12. 抗菌薬の話に入る前に・・・ ・背景 ・臓器 ・微生物 ➡ 耐性菌について少しだけ。 ・抗菌薬 ・フォロー
13. そもそも耐性菌ってなに??
14. 耐性菌とは… ・薬剤耐性とは  →本来有効であった抗菌薬が効かなくなること ・耐性菌についての明確な定義は存在しない。  WHOのサイトでは:第3世代セフェム以降の抗菌薬に耐性をもつ細菌 今回のレクチャーでは、 CTRXまたはABPC/SBTより狭域な抗菌薬が効かない GPC/GNRのことを“耐性菌”と定義する Antimicrobial resistance, WHO, 2020
15. 耐性グラム陰性桿菌の代表は? 『SPACE』 S セラチア P 緑膿菌  A アシネトバクター C シトロバクター E エンテロバクター そして、 ESBL産生菌 AmpC産生菌 CRE    などなど。 詳しくはまたいつか!
16. 本題に入る前に・・・② PK/PDとかAUCとか覚えてますか? 思い出したくもない…(笑)
17. PK/PD ・PK→phaemacokinetics(薬物動態)     『抗菌薬がちゃんと感染部位に行き着くか?』 ・PD→pharmacodynamics(薬理作用)     『感染部位で抗菌薬が細菌をやっつけられるか?』 ・MIC→最小発育阻止濃度。     MICの値よりも抗菌薬の濃度が低ければ効かない。 ・PAE→MIC値より低い濃度になっても抗菌薬の作用が持続する。     一旦抗菌薬に触れたらMIC値以下になっても     抗菌作用が続くという特徴があるということ。
18. PK/PD 血中濃度 時間 Cmax MIC 時間依存性+長いPAE:AUC/MICが重要 ex) クラリスロマイシン、アジスロマイシン、   テトラサイクリン、バンコマイシン 濃度依存性+長いPAE:Cmaxが重要 ex) キノロン系、アミノグリコシド系 Time above MIC AUC 時間依存性+短いPAE: MICよりも高い血中濃度を維持した時間が重要 ex) ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系
19. やっと本題に入ります!
20. 今回お話する抗菌薬は・・・ ・βラクタム系抗菌薬  - ペニシリン  - セフェム  - カルバペネム ・グリコペプチド系抗菌薬  -バンコマイシン
21. 今回お話する抗菌薬は・・・ ・βラクタム系抗菌薬  - ペニシリン  - セフェム  - カルバペネム ・グリコペプチド系抗菌薬  -バンコマイシン 覚えるのはこれだけ! 今回は点滴のみ!
22. ここから出てくる感受性などは あくまで教科書的な感受性です 実際は地域のアンチバイオグラムを 確認してください
23. 普段は… 抗菌薬 微生物
24. 今回は… 抗菌薬 微生物
25. 抗菌薬 ・βラクタム系抗菌薬  - ペニシリン  - セフェム  - カルバペネム ・グリコペプチド系抗菌薬  -バンコマイシン
26. ペニシリン系 [特徴] ・安全域が広く、大量投与が可能 ・髄液移行性は良好◎ ・他の薬剤と比較してアレルギーの頻度が高い
27. ペニシリン系 血中濃度 時間 Cmax MIC Time above MIC AUC 時間依存性+短いPAE: MICよりも高い血中濃度を維持した時間が重要 ex) ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系 1日に何回も投与する!
28. ペニシリン系で覚えるのは4種類! ・PCG(ペニシリンG®) ・ABPC(ビクシリン®) ・ABPC/SBT(ユナシン®、スルバシリン®) ・TAZ/PIPC(ゾシン®)
29. PCG(ペニシリンG®)
30. PCG(ペニシリンG®) [特徴] ・人類初の抗菌薬 ・連鎖球菌、肺炎球菌などのグラム陽性球菌に効く ・梅毒にも効く ・頻回に投与する必要がある ・高K血症になることがある(K 1.53mEq/100万単位) ・血管痛(静脈炎)や痙攣が起こる
31. ペニシリン系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。 ペニシリナーゼ非産生株には効く
32. PCG(ペニシリンG®) [Empiric & Definitive therapy] ・レンサ球菌感染症(皮膚軟部組織感染、感染性心内膜炎など) ・肺炎球菌肺炎 ・神経梅毒 ・髄膜炎菌感染症 ・ペニシリン感受性黄色ブドウ球菌感染症(特に髄膜炎)
33. PCG(ペニシリンG®) [使用方法] ・通常  40kg≦:PCG 200~400万単位 q4hr  <40kg:PCG 5~10万単位/kg q4hr  ※グラム単位表記の場合は、100万単位=0.6g ・腎機能障害があるとき  CCr 10-50:PCG 200~400万単位 q8hr  CCr<10 or HD or CAPD:PCG 200~400万単位 q12hr
34. ABPC(ビクシリン®)
35. ABPC(ビクシリン®) [特徴] ・肺炎球菌や連鎖球菌(感受性あり)の1st choice ◎ ・腸球菌(E. faecalis)の良い適応◎(セフェムがほぼ効かない) ・グラム陰性桿菌にはほぼ効かない△  (感受性があるGNRにはDefinitive therapyで投与できる) ・最もスペクトラムの狭い抗菌薬の一つ
36. ペニシリン系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。 ペニシリナーゼ非産生株には効く
37. ABPC(ビクシリン®) [Definitive therapy] ・腸球菌感染症(E. faecalisのみ) ・リステリア感染症(特に髄膜炎) ・A群溶連菌による感染症 ・肺炎球菌による感染症 ・連鎖球菌による感染性心内膜炎 ・梅毒 ・髄膜炎菌 [Empiric therapy]・連鎖球菌の扁桃腺炎 ・グラム染色でよく見える  肺炎球菌性肺炎 ・リスクのない市中肺炎
38. ABPC(ビクシリン®) [使用方法] ・通常  ABPC 2g q6hr  (IE、髄膜炎、壊死性筋膜炎で使うときには ABPC 2g q4hr) ・腎機能障害があるとき  CCr 10-50:ABPC 2g q8hr  CCr<10 or HD(透析日は透析後投与):ABPC 1g q12hr  CAPD:ABPC 500mg-1g q12hr
39. ABPC/SBT(ユナシン®)
40. ABPC/SBT(ユナシン®) [特徴] ・嫌気性菌にも効く ・βラクタマーゼ産生による耐性菌にも効く ・胆嚢炎、虫垂炎、大腸憩室炎などの腹腔内感染で良い適応  (E. coli、Proteus、Klebsiellaをカバー)
41. ペニシリン系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
42. ABPC/SBT(ユナシン®) [Empiric therapy] いずれも耐性菌リスクのない ・市中感染症(市中肺炎など) ・扁桃周囲膿瘍 ・胆嚢炎、虫垂炎、大腸憩室炎 ・咬傷による感染症
43. ABPC/SBT(ユナシン®) [使用方法] ・通常  ABPC/SBT 3g q6hr ・腎機能障害があるとき  CCr 30-60:ABPC/SBT 3g q8hr  CCr 10-30:ABPC/SBT 3g q12hr  CCr<10 or HD(透析日は透析後投与):ABPC/SBT 3g q24hr  CAPD:ABPC/SBT 3g q24hr
44. TAZ/PIPC(ゾシン®)
45. TAZ/PIPC(ゾシン®) [特徴] ・かなりスペクトラムは広い! ・耐性グラム陰性桿菌を想定していないときは使うな! ・TAZ/PIPCで効かない菌を覚えよう!   GPC MRSA, PRSP, E. faecium   GNR (ESBL産生菌), AmpC産生菌, MDRA, MDRP      S.Maltophillia   当然 ウイルス、真菌、抗酸菌、非定型菌、      非感染症には効かない
46. ペニシリン系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
47. TAZ/PIPC(ゾシン®) [Empiric therapy] ・耐性グラム陰性桿菌のリスクのある感染症  (カテ感染、術後感染、人エ関節感染など) ・緑膿菌感染(特に嫌気性菌感染との混合感染が疑われるとき) ・発熱性好中球減少症
48. TAZ/PIPC(ゾシン®) [使用方法] ・通常  TAZ/PIPC 4.5g q6hr(30分以上かけることを推奨) ・腎機能障害があるとき  CCr<40:TAZ/PIPC 2.25g q6hr  HD(透析後に0.75g追加) or CAPD:TAZ/PIPC 2.25g q8hr
49. ペニシリン系まとめ ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
50.
51. Question 2耐性菌リスクはどんな人にありますか?
52. 耐性菌リスクはどんな人にありますか? ・過去90日で2日以上の入院 ・過去90日以内の抗菌薬使用 ・免疫抑制状態 ・胃酸抑制薬の使用 ・経管栄養 ・寝たきり ・耐性菌保菌者/以前に耐性菌を検出された人 ・血液透析
53. 耐性菌リスクはどんな人にありますか? ・過去90日で2日以上の入院 ・過去90日以内の抗菌薬使用 ・免疫抑制状態 ・胃酸抑制薬の使用 ・経管栄養 ・寝たきり ・耐性菌保菌者/以前に耐性菌を検出された人 ・血液透析 抗菌薬の使用歴がある人 病院・施設に入所中または頻回に通っている人
54. 抗菌薬 ・βラクタム系抗菌薬  - ペニシリン  - セフェム  - カルバペネム ・グリコペプチド系抗菌薬  -バンコマイシン
55. セフェム系 [特徴] ・安全性が高い、時間依存性なところはペニシリン系と類似 ・第1-4世代まである ・ペニシリンは〇だけど、セフェムで×なのは  →腸球菌(E. faecalis)とリステリア ・基本嫌気性菌には効かない(※CMZだけ効く!) ・髄液移行性があるのは第3世代以降 ・緑膿菌をカバーできるのは、CAZとCFPMだけ
56. セフェム系 血中濃度 時間 Cmax MIC Time above MIC AUC 時間依存性+短いPAE: MICよりも高い血中濃度を維持した時間が重要 ex) ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系 1日に何回も投与する!
57. セフェム系で覚えてほしい抗菌薬 陽性菌 陰性菌 陽性菌 陰性菌 第一世代 CEZ(セファゾリン) 第二世代 CTM(セフォチアム)、CMZ(セフメタゾール) 第三世代 CTRX(セフトリアキソン)、CAZ(セフタジジム) 第四世代 CFPM(セフェピム)
58. 第一世代セフェムCEZ(セファゾリン)
59. CEZ(セファゾリン) [特徴] ・MSSAの1st choice!MSSAのための薬! ・髄液移行性が悪いので中枢神経系感染症には使えない
60. セフェム系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
61. CEZ(セファゾリン) [Empiric & Definitive therapy] ・MSSA感染症(髄膜炎などの中枢神経感染症以外) ・蜂窩織炎などの軟部組織感染症 ・心臓血管外科、脳外科、整形外科などの清潔手術の術前の  予防投与
62. CEZ(セファゾリン) [使用方法] ・通常  CEZ 2g q8hr ・腎機能障害があるとき  CCr 10-50:CEZ 1-2g q12hr  CCr<10 or HD(透析後に0.5-1g追加):CEZ 1-2g q24-48hr  CAPD:CEZ 0.5g q12hr
63. 第二世代セフェムCTM(セフォチアム)
64. CTM(セフォチアム、パンスポリン®) [特徴] 第一世代セフェムと比較して、 ・腸内細菌(大腸菌、クレブシエラ)、インフルエンザ菌、  モラキセラなどのグラム陰性菌に対して活性が強い ・黄色ブドウ球菌、連鎖球菌に対しては同等以下 同世代のCMZと比較して、 ・嫌気性菌カバーなし
65. セフェム系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
66. CTM(セフォチアム、パンスポリン®) [Empiric therapy] ・耐性菌リスクのない中等度の尿路感染症
67. CTM(セフォチアム、パンスポリン®) [使用方法] ・通常  CTM 1g q6hr or 2g q8hr ・腎機能障害があるとき  CCr 10-50:CTM 2g q24hr  CCr<10 or HD:CTM 1g q24hr
68. 第二世代セフェムCMZ(セフメタゾール)
69. CMZ(セフメタゾール) [特徴] ・セフェム系の中で唯一嫌気性菌に効く! ・ESBLにも効く”ことが多い” ・CTM+嫌気性菌カバーってイメージ(投与方法も同じ) ・セファマイシン系→セフェム系とは構造がちょっと違う
70. セフェム系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。 ESBLに効く!
71. CMZ(セフメタゾール) [Empiric therapy] ・中等度までの腹腔内感染症、骨盤内感染症 ・感受性次第でESBL産生菌感染症のde-escalationに
72. CMZ(セフメタゾール) [使用方法] ・通常  CMZ 1g q6hr or 2g q8hr ・腎機能障害があるとき  CCr 30-50:CMZ 2g q12hr  CCr 10-30:CMZ 1g q24hr  CCr<10 or HD or CAPD:CMZ 0.5-1g q24hr
73. 第三世代セフェムCTRX(セフトリアキソン)
74. CTRX(セフトリアキソン) [特徴] ・半減期が長く、1日1回の投与でもいい。外来でも使いやすい ・腎機能での量の調節不要 ・髄液移行性◎ ・ペニシリン耐性肺炎球菌にも効く ・市中感染症のメロペン!的位置づけ
75. セフェム系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
76. CTRX(セフトリアキソン) [Empiric therapy] ・耐性菌リスクのない肺炎・尿路感染・腹腔内感染 ・細菌性髄膜炎  (ただし、PRSPカバーのためにVCMも併用する) ・重症インフルエンザ菌感染症
77. CTRX(セフトリアキソン) [投与方法] 腎機能で調整不要! CTRX 2g q24hr or 1g q12hr (髄膜炎では 2g q12hr)
78. 第三世代セフェムCAZ(セフタジジム)
79. CAZ(セフタジジム) [特徴] ・耐性菌を含むグラム陰性桿菌に対して効果がある! ・逆にグラム陽性球菌や嫌気性菌には効かない!
80. セフェム系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
81. CAZ(セフタジジム) [Empiric therapy] ・耐性菌リスクのある尿路感染症(グラム染色でGNRがみえるとき) ・軽症のCRBSIにVCMと併用して
82. CAZ(セフタジジム) [投与方法] ・通常  CAZ 2g q8hr(保険適応外) ・腎機能障害があるとき  CCr 50-90:CAZ 2g q8-12hr  CCr 10-50:CAZ 2g q12-24hr  CCr<10 or HD(透析後に1g追加):CAZ 2g q24-48hr
83. 第四世代セフェムCFPM(セフェピム)
84. CFPM(セフェピム) [特徴] ・髄液移行性◎ ・CFPMで効かない菌を覚えよう   GPC MRSA, PRSP, E. faecium   GNR ESBL産生菌, MDRA, MDRP      S.Maltophillia, Bacteroides   当然 ウイルス、真菌、抗酸菌、非定型菌、      非感染症には効かない
85. セフェム系 ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
86. CFPM(セフェピム) [Empiric therapy] ・耐性菌リスクのある感染症の初期治療 ・発熱性好中球減少症 ・重症市中肺炎(PRSPカバー◎)
87. CFPM(セフェピム) [投与方法] ・通常  CFPM 2g q8hr(保険適応外) ・腎機能障害があるとき  CCr 60-90:CFPM 2g q8-12hr  CCr 30-60:CFPM 2g q12hr  CCr 11-29:CFPM 2g q24hr  CCr<10 or HD(透析後に1g追加):CFPM 1g q24hr
88. セフェム系まとめ
89.
90. Question 3 ・今回は点滴の抗菌薬を取り上げていますが、  どのタイミングで内服薬へスイッチしますか?
91. 内服へ移行する際に確認すべきこと COMS criteria C:Clinical improvement observed『臨床症状が改善している』 O:Oral route is not compromised  『経口摂取可能、腸管からの吸収可能、bioavailabilityが良い』 M:Markers showing trend towards normal『臨床経過が良好』 S:Specific indication/deep seated infection requiring   prolonged iv therapy  『静注抗菌薬治療が必要な感染症ではない』
92. 抗菌薬 ・βラクタム系抗菌薬  - ペニシリン  - セフェム  - カルバペネム ・グリコペプチド系抗菌薬  -バンコマイシン
93. MEPM(メロペン®) [特徴] ・最終兵器!!!! ・MEPMで効かない菌を覚えよう   GPC MRSA, PRSP, E. faecium   GNR MDRA, MDRP      S. Maltophillia   当然 ウイルス、真菌、抗酸菌、非定型菌、      非感染症には効かない ・髄液移行性◎
94. MEPM 血中濃度 時間 Cmax MIC Time above MIC AUC 時間依存性+短いPAE: MICよりも高い血中濃度を維持した時間が重要 ex) ペニシリン系、セフェム系、カルバペネム系 1日に何回も投与する!
95. MEPM(メロペン®) ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
96. MEPM(メロペン®) [Empiric therapy] ・耐性菌リスクのある感染症 ・免疫不全の敗血症 ・術後腹腔内感染 ・壊死性筋膜炎 ・発熱性好中球減少症 おまけ、 家族もしくは本人が医療従事者の場合 院内発症の重症の感染症
97. MEPM(メロペン®) [投与方法] ・通常  MEPM 1g q8hr  (髄膜炎では2g q8hr) ・腎機能障害があるとき  CCr 25-50:MEPM 1g q12hr  CCr 10-25:MEPM 0.5g q12hr  CCr<10 or HD(透析後投与) or CAPD:MEPM 0.5g q24hr
98. 抗菌薬 ・βラクタム系抗菌薬  - ペニシリン  - セフェム  - カルバペネム ・グリコペプチド系抗菌薬  -バンコマイシン
99. VCM(バンコマイシン) [特徴] ・基本的に耐性グラム陽性球菌をターゲットとして使う  陰性菌にはまっっったく効かない ・髄液移行性〇 ・副作用:レッドマン症候群(予防:1時間以上かけて投与する) 腎障害、耳障害、静脈炎
100. PK/PD 血中濃度 時間 Cmax MIC 時間依存性+長いPAE:AUC/MICが重要 ex) クラリスロマイシン、アジスロマイシン、   テトラサイクリン、バンコマイシン Time above MIC AUC
101. VCM(バンコマイシン) [ターゲットとする菌] ・MRSA ・MRSE(メチシリン耐性コアグラーゼ陰性ブドウ球菌) ・アンピシリン耐性腸球菌 ・PRSP(ぺニシリン耐性肺炎球菌) ・ペニシリン耐性連鎖球菌
102. VCM(バンコマイシン) [Empiric & Definitive therapy] ・耐性グラム陽性菌を想定するとき ・耐性グラム陽性球菌による血流感染を疑うとき ・PRSP(ペニシリン耐性肺炎球菌)による髄膜炎 ・壊死性筋膜炎(複合感染)の初期治療 ・βラクタムアレルギー患者でのグラム陽性菌カバー
103. VCM(バンコマイシン) [投与方法] ・通常  VCM 15mg/kg q12hr ・腎機能障害があるとき  CCr 10-50:VCM 15mg/kg q24-96hr  CCr<10:VMC 7.5mg/kg q2-3day  測定するタイミングは4回目の投与直前  目標トラフ値(最低血中濃度)は15-20μg/mL 治療域と中毒域が近いので血中濃度を測定する
104. βラクタム系抗菌薬のまとめ ※ブドウ球菌にMRSAとCNS、腸球菌にE. faeciumは入れてない。
105. 広域抗菌薬のまとめ
106. 補足 ・これまで示した抗菌薬投与量は、  サンフォード感染症治療ガイド2019に従っています。 ・投与量は書いてある本によって少しずつ違うので、  研修中に自分が信じられる本を見つけてみてください。 ・抗菌薬を初回投与する際は、腎機能に関係なくfull doseで  投与しましょう。→ 詳しくは敗血症のレクチャーで。
107. Take home message ・しっかり復習して抗菌薬を適切に使えるようになろう!! これであなたも抗菌薬マスター!