アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール
使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/16

シェア
shun @形成外科

2021/12/15
(2021/12/20 更新)

15373 page views

あなたは縫合の時に、すぐに針と糸を選べますか?
針と糸を選ぶには、針の種類・糸の太さ・材質などの下記の様な特徴の理解が必要です。このスライドでは、これらの特徴を説明し、自分で針と糸を選択できる様になる事が目標です。

・糸の太さ
・糸の材質による分類 天然か合成
・糸の本数による分類
・吸収性 か 非吸収性
・非吸収性糸について
・吸収性糸は目的で使い分ける
・吸収性糸について
・丸針と角針
・針の形状による分類
・病院によっては使用している糸
・針と糸の選び方のまとめ

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40626 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

170060 61

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

7612 42

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

25447 46

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4762 12

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10298 41

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6090 33
もっと見る

針と糸の選び方 『先生縫合の糸は何を出しますか?』 この問いに答えられない方は必見

1. 『先生 縫合の糸は何を出しますか?』 この問いに答えられない方は必見 “YOU MUST KNOW” 針と糸の選び方 shun@形成外科
2. はじめに 先生 縫合の糸は何をだしますか? 6-0 ナイロン(角針)を下さい。 初めまして、shun@形成外科です。 あなたは縫合の時に、すぐに針と糸を選べますか? 針と糸を選ぶには、針の種類・糸の太さ・材質などの下記の様な特徴の理 解が必要です。このスライドでは、これらの特徴を説明し、自分で針と糸 を選択できる様になる事が目標です。それでは早速始めていきましょう。 本数 組織障害性 組織反応性 柔軟性 結節保持力 滑り 感染リスク 抗張力残留 非 吸 収 性 ブレード 強い 強い 良好 強い 不良 高い 半永久 モノフィ ラメント 弱い 弱い 不良 緩み易い スムーズ 低い 半永久 吸 収 性 ブレード 強い やや強い 良好 強い 不良 低い 短い モノフィ ラメント 弱い 非常に弱い 不良 緩み易い スムーズ 非常に低い 短い
3. 糸の太さ ・糸の太さは、米国薬局方(USP)が定めています。 縫合糸 糸の太さ 7-0 細い 6-0 糸の直径(mm) 0.05 ~ 0.069 ・1-0=0、 2-0=00、3-0=000 の意味です。 0.07 ~ 0.099 5-0 0.10 ~ 0.149 4-0 0.15 ~ 0.199 3-0 ・太い方から 5・4・3・2・1・0 と順に細くなり、 その後は 2-0・3-0・4-0 と細くなっていきます。 太い 0.20 ~ 0.249 ・なぜこのような変な表記なのでしょうか? 昔の時点で作れる一番細いサイズを#1と決めました が、技術の発達でより細い糸が製造できるようになり #0(1-0)、#00(2-0)と追加されたためです。
4. 糸の材質による分類 天然か合成 糸の材質による分類 ① ② ③ 『天然』 or 『合成』 『モノフィラメント(1本)』 or 『マルチフィラメント(複数本)』 『吸収性(溶ける糸)』 or 『非吸収性(溶けない糸)』 などの分類があり、糸の種類によって特徴が異なります。 天然 ・日本では天然性非吸収糸の絹糸のみ。(例: シルクブレード) ・編み目に細菌が入り感染巣になりやすく、組織反応性も大きい。 ・しなやかで結びやすく、安価なため日本ではまだ使用されています。 合成 ・現在は絹糸以外は合成糸。 ・体内に残る糸は、感染防止の観点から合成吸収糸が使用されています。
5. 糸の本数による分類 モノフィラメント(1本の繊維) ・メリット ・デメリット 細菌が入りにくい、通過時の組織損傷が少ない。 捻じれや傷に弱い。 柔軟性に欠け、結び目大きく、緩みやすい。 マルチフィラメント(複数本の繊維) ・メリット しなやかで柔らかく、結びやすい(緩みづらい)。 ・デメリット 細菌が繊維間に入りやすく、感染巣になることあり。 <マルチフィラメントは編み糸と撚り糸の2種類> ・編み糸…繊維を編んだ糸、Braid(編む)ブレードとも言います。 ・撚り糸…繊維を撚った糸。ほとんどが編み糸です。
6. 吸収性 か 非吸収性 非吸収性(溶けない)糸 ・組織反応性(免疫反応)が少なく、瘢痕が目立たないため皮膚に用いられます。 ・『抜糸可能な部位(皮膚)』や『長期に組織の支持が必要な部位(腱など) 』 に選択します。 絹糸は組織反応が強く、瘢痕が目立つので皮膚には使用しません。 吸収性(溶ける)糸 ・体内で加水分解によって代謝、排泄されます。時間経過により、糸の抗張力 (引っ張られた時に耐える力)が徐々に低下します。 ・分解速度は、材質・本数(モノかマルチ)・加工法によって違いうため、 目的に応じて糸を選択します。 ・『抜糸困難な患者』や『感染防止にある程度の期間で消失が求められる部位 (皮下組織・消化管・粘膜などの体内)』で選択されます。
7. 非吸収性糸について 非吸収性モノフィラメント ・ナイロンが最も良く使用されます。 ・組織反応性が少なく瘢痕が目立たないため、 数日で抜糸する表皮縫合に用いられます。 ・病院にある糸を1つ確認しましょう。 非吸収性マルチフィラメント ・緩んでほしくない、確実な結紮が必要な部位 に使用します。 ・絹糸も天然の非吸収性マルチフィラメントです。 材質の成分 糸の名前(商品名) ナイロン (ポリアミド) ナイロン エチロン モノソフ ポリプロピレン プロリーン サージプロⅡ ネスピレン 材質の成分 糸の名前(商品名) ナイロン (ポリアミド) ナイロンブレイド ベアブレード サージロン ポリエステル タイクロン エチボンド ネスポーレン 材質は同じでも、糸の名前(商品名)は会社によって違います。
8. 吸収性糸は目的で使い分ける ・加水分解される速度は、糸によって違うため、目的に応じて糸を選択します。 ・真皮縫合は抗張力の持続期間が長いものがいいな → 6週間もつPDS ・死腔をなくす皮下縫合は、持続期間はそれほど長くなくてよい → 4週間もつバイクリル ・高齢者で抜糸の来院が困難 → 2週間で脱落するバイクリルラピッド 吸収糸 抗張力残留度 2週 4週 6週 PDS 3-0以上(モノフィラメント) 80% 70% 60% PDS 4-0以下(モノフィラメント) 60% 40% 35% VICRYL(マルチフィラメント) 75% 50% 25% VICRYL RAPIDE(マルチフィラメント) (5日) 50% (2週) 0% 吸収期間 182-238日 56-70日 42日 注:ラットに埋めた結果です。 抗張力:組織の張力に対抗する糸の結び目の力 抗張力残留度:最初の抗張力を100として、残っている抗張力の残留度。 吸収期間:糸が形として無くなる期間。
9. 吸収性糸について 吸収性モノフィラメント ・抜糸できず体内に残存する皮下・筋などに、用途に応じて持続期間を考慮し選択されます。 ・モノフィラメントで細菌が入り込みづらく、感染巣になりにくい。 ・真皮縫合にはポリジオキサノンが成分であるPDS(商品名)などが使用されます。 以前は非吸収性糸(ナイロン)が真皮縫合に使われましたが、長期に残存するため縫合糸 膿瘍のリスクがありました。一般的には、組織が癒合した後の糸は吸収・消失が望ましく、 現在の真皮縫合は、50%強度が6週間以上持続するPDSなどが用いられます。 材質の成分 糸の名前(商品名) 強度持続期間 PDSⅡ ポリジオキサノン モノディオックス モノスティンガー 6週間 その他(下の組み合わせ) マクソン バイオシン モノクリル カプロシン 6週間 3週間 2週間 10日 グリコライド カプロラクトン ジオキサノン トリメチレンカーボネート
10. 吸収性糸について 吸収性マルチフィラメント ・編み糸なのでしなやかで結びやすく、緩みにくい。 ・マルチフィラメントは細菌が入り込みやすく、感染巣になる場合があります。 ・バイクリルラピッドは1-2週で分解・脱落するため、抜糸が不要で便利です。 ・粘膜の様な癒合が早く瘢痕が目立たない部位に使用します。 ・眼瞼・口腔粘膜ではモノフィラメントは硬くチクチクするため、 柔らかい吸収性マルチフィラメントを選ぶ場合もあります。 ・小児や高齢者で抜糸困難時はバイクリルラピッドも考慮します。 材質の成分 糸の名前(商品名) 強度持続期間 ポリグラクチン910 (グリコライド90%・ラクタイド10%) バイクリル 4週間 バイクリルラピッド 1~2週間 ラクトマー91 (グリコライド93.5%・ラクタイド6.5%) ポリソーブ ポリグリコール酸 オペポリックス ブイソーブ 3週間
11. 丸針と角針 角針(Cutting edge) ・角針は切れ味が良いため、表皮・真皮・爪などの硬めの組織に使用します。 角針の断面は三角形ですが、刺通しにくい組織では逆三角形針、組織を 掬(すく)うように使う台形のヘラ型針など様々な針先の形状があります。 丸針(taper point) ・丸針は角針だと裂けてしまうような弱い組織に使用します。 皮下脂肪、粘膜、腸、腱、神経、血管、ペラペラの裂けやすい皮膚 などに使用します。
12. 針の形状による分類 針の形状による分類 弱弱弯 円周の1/4 弱弯 3/8 強彎 1/2 強強彎 5/8 糸と針の結合形態 ・糸を引っ張ると針から外れるものを『コントロールリリース(CR) 』と言い、 『デタッチ』と呼ばれる事が多いです。 ・手結びの数が多い場合に便利です。
13. 病院によっては使用している糸 抗菌縫合糸 ・抗菌作用を持つトリクロサンを表面にコーティングすることで、細菌コロニー形成を阻害します。 ・PDSプラス, バイクリルプラスがありますが、値段がやや高価です。 抗菌縫合糸は、これまでに多くの研究で手術部位感染(SSI)が減少すると示されています。現在はSSI予防の抗 菌縫合糸の使用に関して、WHOは推奨、ACS&SIS(米国外科・外科 感染症学会)は清潔~汚染の腹部手術に推 奨、CDC(米国疾病予防センター)はSSI予防 に考慮に入れるべきとされています。 返し付き(barb)縫合糸 ・糸の周囲に棘の様な返し(barb)があり、1つ1つ結紮(単純結節縫合)せずに、 真皮・皮下組織を連続縫合で閉創できます。 ・メリット 創閉鎖の時間短縮や組織を結節しないためatraumaticです。 ・デメリット やり直しができず、1か所切れると全てが緩みます。 ・吸収性モノフィラメントの STRATAFIX や V-Loc があります。 ・美容で行う糸リフト(弛んだ皮膚や脂肪を引き上げる)でも棘付きの糸を使用する場合があります。
14. 針と糸の選び方のまとめ ・皮膚は、組織反応性が少なく瘢痕が目立ちにくい角針ナイロンを使用します。 ・真皮は、吸収性で抗張力が長く、感染リスクが少ないポリジオキサノン(PDSなど) を使用します。 ・糸の太さ:皮下縫合≧真皮縫合≧表皮縫合 浅い縫合と同じかより太い糸を使います。 ・眼瞼・手掌・足底など、真皮縫合を行わない部位は覚えておきましょう。 以下に、外傷での縫合時の針と糸の選び方の例を記載します。 顔面・頚部 ・表皮縫合 角針 6-0・7-0 ナイロン ・真皮縫合 角針 5-0・6-0 PDS 四肢・体幹 ・表皮縫合 角針 5-0 ・真皮縫合 ・皮下縫合 ナイロン 角針 4-0・5-0 PDS 丸針 4-0・5-0 PDS or Vicryl あくまで目安なので状況に応じてこれ以外の糸も使用します。
15. TAKE HOME MESSAGE ・皮膚と硬いものは角針、その他の裂ける組織は丸針を選びましょう。 ・皮膚はナイロン、真皮はPDS、皮下脂肪・筋肉はPDSやバイクリル と覚えましょう。 ・表皮縫合は顔と首は6-0ナイロン、体幹と四肢は5-0ナイロン。 真皮と皮下縫合は同じか太い糸を使いましょう。 本数 組織障害性 組織反応性 柔軟性 結節保持力 滑り 感染リスク 抗張力残留 非 吸 収 性 ブレード 強い 強い 良好 強い 不良 高い 半永久 モノフィ ラメント 弱い 弱い 不良 緩み易い スムーズ 低い 半永久 吸 収 性 ブレード 強い やや強い 良好 強い 不良 低い 短い モノフィ ラメント 弱い 非常に弱い 不良 緩み易い スムーズ 非常に低い 短い 表の特徴が理解できていれば、後は実践あるのみ。 どんどん縫合していきましょう。
16. 参考文献 ・田中克己. 実践!よくわかる縫合の基本講座 形成外科における縫合法の基本(総説). PEPARS. 2017, 増刊号, no. 123. ・菊池雄二. 実践!よくわかる縫合の基本講座 形成外科における縫合材料. PEPARS. 2017, 増刊号, no. 123. ・横田和典. 実践!よくわかる縫合の基本講座 皮下縫合・真皮縫合の基本手技. PEPARS. 2017, 増刊号, no. 123. ・三川信之.Ⅱ形成外科的縫合法の理論と実際 1創の縫合法 2)真皮縫合 3)皮膚縫合.形成外科.2012, vol.55, 増刊号. ・菱木智郎.The operation 手術基本手技:その極意とコツ 糸の種類と選択. 小児外科. 2010, vol.42, no.10. ・矢野邦夫.国内外の学会のガイドライン、最新情報は?手術部位感染を中心に. INFECTION CONTROL. 2017, vol.26, no.12.