内科のサマリーの書き方

1/35

永井 友基

永井 友基

長崎医療センター 

15047 page views
1813 content views

内科専門医にむけてのサマリーの書き方をまとめてみました。 あくまで原則的なところなので、診療科や環境によって適宜修正していただいてよりよいサマリーを書いてもらえたらなと思います。

内科のサマリーの書き方

1. サマリーの書き方 2020年6月1日 長崎医療センター 総合診療科・総合内科  永井友基
2. 内科学会病歴要約作成の手引きより 1.基本的な記載   誤字や脱字, 単位記載間違い, 不適切な日本語を使っていること   医学的な不整合性や基本的な誤りや不備がないこと 2.症例選択   提出課題が適切に中心となり考察されているか. 3.診断プロセスは適切か   現病歴・経過・身体診察は十分記載されている. 陰性所見も重要.   診断に必要な検査や画像所見は十分記載されている.     鑑別診断が十分記載されており, 診断名が適切である.
3. 内科学会病歴要約作成の手引きより 4.治療法が適切か   治療薬は一般名で記載すること.   診断名に対して適切な治療法が選択されているか.   主病名の入院後経過が十分記載されているか. 5.十分に考察されているか   EBMを重視しているか. 適切な文献を引用しているか.   考察の長さが妥当であり, 論理的であるか. 6.倫理的妥当性   患者の人権を尊重し, 事情や希望を配慮しているか.   社会的・心理的背景を考慮しているか. 全人的視野で診療しているか.
4. -