アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール
使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/21

シェア
上原 拓樹

2020/12/09

上原 拓樹

勤医協中央病院

25776 page views

循環器疾患の病態を循環器内科医ができるだけ実臨床に沿った形で解説するシリーズ。

今回は「肺血栓塞栓症」について、病態から外来診療の仕方まで解説していきます。

▶その他の疾患解説スライドもぜひご覧ください
https://slide.antaa.jp/tagsearch/688

<本スライドの目次>
肺血栓塞栓症とはどんな病気か?
肺血栓塞栓症の病態と原因、症状
肺血栓塞栓症の検査
肺血栓塞栓症の治療
一問一答
肺塞栓症の外来診療
実際の診療の流れとまとめ

音声つきの解説動画は、以下のYouTubeで視聴できます
https://youtu.be/6rYH0WC7Hcc

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40640 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

173305 62

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

8052 44

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

26579 49

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4948 13

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10547 44

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6310 34
もっと見る

#2 肺血栓塞栓症【病態から外来診療まで】

1. 肺血栓塞栓症 肺梗塞、肺塞栓症、深部静脈血栓症 エコノミークラス症候群 循環器内科医“うし先生”の 疾患解説シリーズ 全職種向け 病態から最近の治療まで 説明します
2. 注釈 【自己紹介】 某市中病院勤務の循環器内科医師のうしです。 だいたい中堅くらいです。 【動画のモットー】 細かいデータ<わかりやすさ 【ペット】 オカメインコ いいねやチャンネル登録 お願いします!
3. このシリーズでは 全職種向けに 疾患ごとの病態など解説します! (実臨床を元に不要な所は解説しません) 医師・看護師国家試験! 内科病棟患者対応! 看護実習の病態生理! 生理検査・臨床検査技師のスキルアップ
4. テーマ 肺血栓塞栓症 と 深部静脈血栓症
5. 深部静脈血栓症(DVT) →肺(血栓)塞栓症(PE) 【どんな病気か】 足などに血のかたまり(血栓)ができて、 胸(息)が苦しくなる重症になりうる病気 深部静脈血栓症 肺塞栓症
6. DVT→肺塞栓症 IVC 右房 右室 三尖弁 左房 左室 肺動脈 肺静脈 全身 【病態】 DVT=下肢の静脈などに血栓ができる 肺塞栓症=肺動脈に飛ぶ 大腿静脈など ● 血栓 ✗
7. DVT→肺塞栓症 【原因】 ・長時間の座位、臥床 ・骨折 ・糖尿病/脱水 ・悪性腫瘍 ・肥満 ・血液疾患(血小板や赤血球増多、凝固素因異常) ・膠原病(抗リン脂質抗体症候群)
8. DVT→肺塞栓 【症状】 徐々に片側 急に!
9. DVT→肺塞栓症 【検査】 ①下肢静脈エコー…深部静脈血栓の評価 ②胸部レントゲン …肺野の異常透過性亢進(難しい) ③心電図…特異的な所見は難しい(右室負荷所見) ④心エコー…右室の拡大 ⑤採血検査…Dダイマー(陰性ならほぼ違う!) ⑥造影CT…下肢静脈~肺動脈の血栓評価可能 造影CTかエコー(DVTに限る)で見ないと診断難しい! DVT⇔肺塞栓両方の評価を!
10. 深部静脈血栓症   →  肺塞栓症 (下腿浮腫、下肢疼痛)   (胸痛、呼吸苦) DVT→肺塞栓症 【造影CT】
11. DVT→肺塞栓症 【診断】Well’s クライテリア 造影CT(-)では総合的な評価しかできない!
12. DVT→肺塞栓症 【治療】 抗凝固薬 IVCフィルター? 重症例には血栓溶解療法、カテーテル的破砕 支持療法でPCPS、気管挿管
13. ガイドラインより 酸素が維持できなければ気管挿管 血圧が維持できなければPCPS(経皮的人工心肺)
14. 静脈系の止血 Ⅻ Ⅺ Ⅸ Ⅷ Ⅶ Ⅹ Ⅴ Ⅱ Ⅰ 内因系 外因系 血管内膜障害 外傷 動脈 静脈 血流速い 血流遅い 通常の流れ 血小板が主体 フィブリン (凝固因子)が主体 血小板 血栓 凝固因子 ≒ ≒
15. 静脈系の止血 Ⅻ Ⅺ Ⅸ Ⅷ Ⅶ Ⅹ Ⅴ Ⅱ Ⅰ 内因系 外因系 血管内膜障害 外傷 動脈 静脈 血流速い 血流遅い 通常の流れ 血小板が主体 フィブリン (凝固因子)が主体 血小板 血栓 凝固因子 ≒ ≒ こっち!
16. ・動脈の血栓予防・治療  =抗血小板薬  (アスピリン、クロピドグレル、チクロピジン…) ・静脈(+右心系)の血栓予防・治療  =抗凝固薬  (ヘパリン、ワーファリン、NOAC) エリキュース、プラザキサ リクシアナ、イグザレルト
17. ・動脈の血栓予防・治療  =抗血小板薬  (アスピリン、クロピドグレル、チクロピジン…) ・静脈(+右心系)の血栓予防・治療  =抗凝固薬  (ヘパリン、ワーファリン、NOAC) エリキュース、プラザキサ リクシアナ、イグザレルト こっち!
18. DVT→肺塞栓症 【一問一答】 Q)IVCフィルターは使うべき? A)抗凝固療法ができないとき以外はあまり使わない(ex 周術期) Q)致死的疾患なんですか? A)間違いないが、無症状や軽症例も多数 Q)入院は必須ですか A)NOACの新規抗凝固薬のおかげで外来診療も可 Q)一生抗凝固は必要ですか A)3-6か月血栓消失を目途に残存リスクで相談
19. 肺塞栓の入院or外来 ①小柄体型、②腎不全、③低酸素、④粗大病変、⑤出血リスク  これらがなければ    イグザレルト15mg 2T/日(朝夕) 21日間 強    エリキュース5mg 4T/日  (朝夕) 7日間 弱             の処方で外来診療も検討可能 *DVTやごく軽症肺塞栓の場合は抗凝固薬は通常量で良い
20. DVT→肺塞栓を担当時の流れ ・他疾患(肺炎心不全など)否定的で造影CTを施行 ・肺塞栓(+DVT)の診断だが低酸素血症あり入院 ・厳格な管理のためNOACでなくヘパリンでの点滴抗凝固療法 (ヘパリン1-1.5万単位+5%ブドウ糖250ml 10ml/hr APTT 3-4回/日目標 45-70 2回指示内で1日1回) ・リスク評価(CT上の悪性腫瘍+貧血+採血+生活習慣) ・1-2週後造影CT →血栓改善傾向であれば内服に切り替えし退院を考慮 (ヘパリン5-7日後にリクシアナに変更することが多い) ・外来で血栓とリスクがなくなったら抗凝固薬卒業を考慮 例)急性の胸痛+低酸素など 消化管腫瘍 HbA1c、抗カルジオピン抗体 プロテインC/S、アンチトロンビン
21. まとめ(最低限これだけ) ・足の静脈などに血栓ができ肺につまる病気 ・重症例より軽症例が圧倒的に多い ・NOACのおかげで外来診療も可能に ・再発は注意