Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール


1/9

【一生使える知識】ステロイド副作用と対処法 究極の覚え方伝授します

  • 内科

  • アレ膠リウマチ内科

  • 初期研修医向け
  • 副作用
  • 医学生
  • ステロイド
  • 研修医
  • ストレス潰瘍
  • 感染症
  • 糖尿病
  • 高血圧
  • 脂質異常症
  • 白内障
  • 緑内障
  • 骨密度

13,639

126

2022/4/10
原田 介斗

東海大学

★★★皆さん、ステロイドの副作用10個、ぱっと出ますか?★★★

フル解説動画:https://youtu.be/88JvE6ON8us

ステロイドの副作用とマネジメントの覚え方についての解説です。

/

ステロイド、様々な疾患に対する治療として用いられますよね。抗炎症作用、免疫抑制作用など多彩な効果をもつこの薬非常に多くの副作用があるので、副作用のマネジメントがとても大事になってきます。

/

ステロイドの副作用10個、そしてそれぞれの対処方、大丈夫でしょうか?このレクチャーをみることで、なぜステロイドが非常に多彩な効果をもたらし、そして多くの副作用を生じるのかを理解するとともに、重要なステロイドの副作用10個を完璧に覚えることができます。そしてその副作用の対処方法についての理解を目指します

/

【ステロイドがなぜ多彩な効果と副作用をもつのか】

一般的なサイトカインって細胞の表面に受容体があって、これにサイトカインが結合することで、核に向かって情報が伝達されていき効果を発揮します。

なので、当然、受容体をもつ細胞にしか影響ないわけですね。じゃあステロイドはどうかというと、脂溶性なんです。

細胞膜ってリン脂質2重構造でできていて、なんとステロイドは細胞膜を容易に通過できるんですね。細胞質にあるステロイドの受容体に結合します。

細胞膜上に受容体がある細胞だけに作用する水溶性のサイトカインと違って、ステロイドはありとあらゆる人体の細胞に影響を与えるわけですね。

ステロイドが受容体に結合した後は、核に情報が伝達され、ある遺伝子はより発現し、ある遺伝子は発現しないようにといった感じで多くの遺伝子の発現を調整します。これによって、抗炎症作用や免疫抑制作用などをもたらすわけです。

/

【超絶簡単な副作用の覚え方】

じゃあ今回のキモである、ステロイド副作用10個の覚え方です。これはですね、かきくけこ。

これで覚えます。びっくりするかもしれませんけど、この方法で絶対!10個完璧に覚えれます!かきくけこ、それぞれに2つずつ副作用が対応しています。

/

解説の続きはこちらから:https://youtu.be/88JvE6ON8us


原田 介斗さんの他の投稿スライド

造血幹細胞の原理② ドナーの選び方、造血幹細胞の取り方、血液型の理解と血液不適合移植について

#白血病 #造血幹細胞移植 #血液内科 #骨髄移植 #末梢血幹細胞移植 #臍帯血移植 #同種移植 #自家移植

16

1,136

【医学生・研修医のための病態生理】骨髄異形成症候群とは

#白血病 #造血幹細胞移植 #血液内科 #病態生理

33

2,235

【手技解説】骨髄穿刺をマスターしよう

#白血病 #手技 #血液内科 #マルク #骨髄 #骨髄穿刺 #骨髄検査 #血液腫瘍内科

33

6,364

もっと見る




診療科ごとのスライド

内科(246)

消化器内科(44)

循環器内科(57)

呼吸器内科(62)

血液内科(22)

糖尿病内分泌代謝内科(36)

腎臓内科(16)

アレ膠リウマチ内科(19)

脳神経内科(72)

総合診療科(88)

外科(27)

救急科(268)

整形外科(65)

脳外科(12)

泌尿器科(17)

形成外科(11)

皮膚科(20)

眼科(11)

耳鼻科(10)

歯科口腔外科(7)

リハ科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(27)

産婦人科(38)

精神科(52)

放射線科(42)

麻酔科(8)

緩和ケア科(18)

感染症科(158)

産業医(1)

初期研修医(187)

その他(250)


【一生使える知識】ステロイド副作用と対処法 究極の覚え方伝授します

  1. -

  2. レクチャーの内容 ・なぜステロイドは副作用多いのか ・ステロイド副作用は"かきくけこ" ・"かきくけこ"の管理方法

  3. 治療薬としてのステロイド 核 細胞質 ステロイド 脂溶性のため、 細胞膜を通過できる 一般的な サイトカイン 受容体を有する細胞だけに効果がある グルココルチコイド 受容体に結合 多くの細胞に作用する! 転写促進 転写抑制 抗炎症作用 免疫抑制作用 など 様々な 副作用

  4. ステロイドの副作用 か き く け こ 潰瘍 感染症 気持ち 筋肉 白内障 緑内障 血圧 血糖 骨 コレステロール 特に ニューモシスチス肺炎 副作用10個、 これで完璧!

  5. 副作用の管理も一緒に抑える か き く け こ 潰瘍 気持ち 筋肉 白内障 緑内障 血圧 骨 プロトンポンプ 阻害剤 ST合剤 リハビリ ビタミンD製剤 ビスホスホネート 感染症 血糖 コレステロール スタチン インスリン カルシウム 拮抗薬など

  6. 入院・担当したらまず確認 ・予防薬ちゃんと処方されているか ・長期間検査していない項目がないか 見逃されている副作用を見つけて、患者さんを救おう

  7. Take Home Message ・ステロイド副作用は"かきくけこ" ・予防薬、定期検査するものを抑える ・担当患者がステロイド飲んでたら  一通り確認!

  8. -

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.