使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/60

シェア

三谷 雄己

広島大学病院

57206 page views

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか?
ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました!
生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。

初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

27872 14

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

286942 133

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

15874 37

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(7/24)】 わかりにくい表現を何箇所か修正しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc) * タコでもわかる静注抗菌薬の話 2021年版 これ * カメでもわかるCRPの話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b#46) ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。

405013 193

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

57206 28

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

18101 44
もっと見る

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

1.
2. Primary Survey ABCDEアプローチ 酸素の需要供給バランスを保つ 画像)イラストレーター角野ふち様と協力し作成
3. なぜ酸素が大事? 好気性・嫌気性代謝の生化学 嫌気性代謝=Lac↑ Lac↑は酸素需要供給バランスの破綻を示唆する可能性 引用)JA広島総合病院 救急科勉強会資料 Primary Survey
4. 先生、救急車来ます! 60代女性 【主訴】発熱・体動困難 【救急隊からの情報】 盲腸癌術後で当院かかりつけの方 来院数日前からの発熱および倦怠感あり 来院当日保健所に連絡し、近医受診を 指示されたが体動困難で救急要請 【既往歴】 統合失調症(25歳~) 盲腸癌術後(50歳)
5. 【バイタルサイン】 気道開通 RR:24/min 努力様 酸素マスク(O2流量10L) SpO2:測定不能 PR:80/min BP84/46mmHg JCS:Ⅰ-1 BT:39.5度 COVID接触歴なし 咳嗽・感冒症状なし 先生、救急車来ます! 60代女性 【主訴】発熱・体動困難
6. 重症そうな患者さんが搬送されてきた! まずやるべきこととは…?
7. 重症そうな患者さんが搬送されてきた! まずやるべきこととは…?
8. Primary Survey A(気道)   発語あり 気道開通 B(呼吸)   RR24 努力様呼吸あり 明らかな肺雑音なし   酸素マスク(O2流量10L) SpO2:測定不能 C(循環)   PR:90/min BP:82/44mmHg 末梢温かい    CRT>2sec 頚動脈触知良好 橈骨動脈触れ微弱 D(意識)   JCSⅠ-1 GCS:E4V5M6 麻痺なし 瞳孔不同なし E(体温)   39.2度
9. こりゃ なんかヤバそうじゃ… はよ上の先生を呼ばんといけん!
10. こりゃ なんかヤバそうじゃ… はよ上の先生を呼ばんといけん! 【当スライドの目標】 ショックを早期に認識! ショックを分類する!
11. 目次 1.ショックとは何か? 2.ショックの認知 3.ショックの種類 4.ショックの鑑別
12. 目次 1.ショックとは何か? 2.ショックの認知 3.ショックの種類 4.ショックの鑑別
13. そもそもショックって何…?
14. ショック≠血圧低値 ATLS分類(出血性ショックの分類) 引用) N Engl J Med 2018;378:370-79 画像)イラストレーター角野ふち様と協力し作成
15. ショックとは?生理学の観点から… 画像)イラストレーター角野ふち様と協力し作成
16. 酸素取り込みの過程をおさらい
17. ショック 酸素の需要と供給 画像)イラストレーター角野ふち様と協力し作成
18. 今、目の前にあるショックに気づく…! ショックかも…? と早期に認知し介入!
19. ショックの介入 OMI O O2 (酸素投与) M Monitor (モニター装着) I Infusion (点滴)
20. 目次 1.ショックとは何か? 2.ショックの認知 3.ショックの種類 4.ショックの鑑別
21. 今、目の前にあるショックに気づく…! ショックかも…? 早期に認識し介入するには?? 身体診察で見抜く! 見て 聴いて 感じて
22. 輸血 Look Listen Feel Primary Surveyは 見て・聴いて・感じて
23. Primary Surveyは 見て・聴いて・感じて
24. ショックの5P Pallor 蒼白 Prostration 虚脱 Perspiration 冷汗 Pulselessness 脈拍触知不能 Pulmonary insufficiency 呼吸不全
25. 目次 1.ショックとは何か? 2.ショックの認知 3.ショックの種類 4.ショックの鑑別
26. ショックの種類 思いつくだけ教えて下さい!
27. 心原性ショック Cardiogenic shock 心筋梗塞・弁膜症 重症不整脈・心筋症 心筋炎 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 血液分布異常性ショック Distributive shock 敗血症性ショック アナフィラキシーショック 神経原性ショック 閉塞性・拘束性ショック Obstructive shock 肺塞栓 心タンポナーデ 緊張性気胸 4つのショック全部わかりましたか?
28. 臓器灌流 意識してますか? 臓器灌流を規定する血圧=MAP(平均動脈圧)
29. 平均血圧 臓器灌流と平均血圧(MAP) 心拍出量 血管抵抗 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷)
30. 心原性ショック Cardiogenic shock 心筋梗塞・弁膜症 重症不整脈・心筋症 心筋炎 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 血液分布異常性ショック Distributive shock 敗血症性ショック アナフィラキシーショック 神経原性ショック 閉塞性・拘束性ショック Obstructive shock 肺塞栓 心タンポナーデ 緊張性気胸 ショックの分類
31. 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 循環血液量減少性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷)
32. 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷) 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 循環血液量減少性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗
33. 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷) 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 循環血液量減少性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗
34. 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 血液分布異常性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 血液分布異常性ショック Distributive shock 敗血症性ショック アナフィラキシーショック 神経原性ショック 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷)
35. 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 血液分布異常性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 血液分布異常性ショック Distributive shock 敗血症性ショック アナフィラキシーショック 神経原性ショック 血管抵抗 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷)
36. 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷) 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 血液分布異常性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 血液分布異常性ショック Distributive shock 敗血症性ショック アナフィラキシーショック 神経原性ショック 血管抵抗 or
37. 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 心原性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 心原性ショック Cardiogenic shock 心筋梗塞・弁膜症 重症不整脈・心筋症 心筋炎 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷)
38. 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷) 心機能 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 心原性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 心原性ショック Cardiogenic shock 心筋梗塞・弁膜症 重症不整脈・心筋症 心筋炎 or
39. 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷) 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 心原性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 心原性ショック Cardiogenic shock 心筋梗塞・弁膜症 重症不整脈・心筋症 心筋炎 心機能 or
40. 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 閉塞性・拘束性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 閉塞性・拘束性ショック Obstructive shock 肺塞栓 心タンポナーデ 緊張性気胸 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷)
41. 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷) 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 閉塞性・拘束性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 閉塞性・拘束性ショック Obstructive shock 肺塞栓 心タンポナーデ 緊張性気胸 閉塞
42. 1回心拍出量×心拍数 (前負荷・心収縮力・後負荷) 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 出血性ショック 腹膜炎・熱傷 閉塞性・拘束性ショック 平均血圧 心拍出量 血管抵抗 閉塞性・拘束性ショック Obstructive shock 肺塞栓 心タンポナーデ 緊張性気胸 閉塞
43. 心原性ショック Cardiogenic shock PCI・除細動・不整脈治療 循環血液量減少性ショック Hypovolemic shock 細胞外液投与・輸血 血液分布異常性ショック Distributive shock 細胞外液投与・血管収縮薬 閉塞性・拘束性ショック Obstructive shock 原疾患への治療介入 ショックの種類によって介入が異なる ため分類はとても重要!
44. 目次 1.ショックとは何か? 2.ショックの認知 3.ショックの種類 4.ショックの鑑別
45. 輸血 病歴 皮膚温 超音波 ショックの鑑別 3step
46. 病歴でショックの種類を類推 ハチに刺された後、突然ショックに… 腰痛と発熱の患者さんがショックになった… 交通事故で搬送された患者さんがショック状態…
47. 末梢皮膚温をチェック Cold Hypovolemic shock Cardiogenic shock Obstructive shock Warm Distributive shock
48. 超音波 RUSH(Rapid Ultrasound for Shock)
49. 超音波 RUSH(Rapid Ultrasound for Shock)
50. RUSH 実際の手順 引用)動きながら考える!内科救急診療のロジック 松原知康 著
51. 輸血 病歴 皮膚温 超音波 最初の症例で鑑別してみよう!
52. “病歴”から鑑別 【救急隊からの情報】 盲腸癌術後で当院かかりつけの方 来院数日前からの発熱および倦怠感あり 来院当日保健所に連絡し、近医受診を 指示されたが体動困難で救急要請 【既往歴】 統合失調症(25歳~) 盲腸癌術後(50歳)
53. “病歴”から鑑別 【救急隊からの情報】 盲腸癌術後で当院かかりつけの方 来院数日前からの発熱および倦怠感あり 来院当日保健所に連絡し、近医受診を 指示されたが体動困難で救急要請 【既往歴】 統合失調症(25歳~) 盲腸癌術後(50歳)
54. “身体診察”から鑑別 A(気道)   発語あり 気道開通 B(呼吸)   RR24 努力様呼吸あり 明らかな肺雑音なし   酸素マスク(O2流量3L) SpO2:測定不能 C(循環)   PR:90/min BP:82/44mmHg 末梢温かい    CRT>2sec 頚動脈触知良好 橈骨動脈触れ微弱 D(意識)   JCSⅠ-1 GCS:E4V5M6 麻痺なし 瞳孔不同なし E(体温)   39.2度
55. “身体診察”から鑑別 A(気道)   発語あり 気道開通 B(呼吸)   RR24 努力様呼吸あり 明らかな肺雑音なし   酸素マスク(O2流量3L) SpO2:測定不能 C(循環)   PR:90/min BP:82/44mmHg 末梢温かい    CRT>2sec 頚動脈触知良好 橈骨動脈触れ微弱 D(意識)   JCSⅠ-1 GCS:E4V5M6 麻痺なし 瞳孔不同なし E(体温)   39.2度
56. “超音波”から鑑別 PUMP 心臓過収縮気味 TANK IVC4mm 呼吸性に虚脱 PIPE 特記すべき所見なし
57. “超音波”から鑑別 PUMP 心臓過収縮気味 TANK IVC4mm 呼吸性に虚脱 PIPE 特記すべき所見なし
58. こりゃ ショック状態で早期介入が必要じゃ… 敗血症性ショック疑いで上の先生を呼ばんと… 救急外来に血液分布異常性ショックである 敗血症性ショックを疑う患者さんがいます 一緒に初療をお願いします
59. Take home message ●目の前にいる患者さんがショックなのか  早期に見抜く ●バイタルサインだけではなく  見て・聴いて・感じて循環を評価   ●病歴・身体診察・超音波(RUSH)  でショックを分類
60. 医学の学び・医学書レビューを発信させていただいています 公式LINEアカウント(定期動画配信+限定情報!) https://line.me/R/ti/p/%40339dxpov ブログ(勉強ノート・医学書レビュー)は以下をタップ https://dancing-doctor.com/antaa/