医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

#研修医

#総合診療

#感染症

#結節性硬化症

#救急外来

#初期研修医向け

#プライマリケア

#神経内科

#脳神経内科

#救急

#COVID-19

#キャリア

#ER

#キャリア

新着

2024.5.17時点のCOVID治療薬と濃厚接触者の就業制限の考え方とワクチンまとめ

#COVID-19

4,534

1,440,355

最終更新:2024年5月17日

アナフィラキシーに対応しよう

#ステロイド #蕁麻疹 #研修医 #アナフィラキシー #食物依存性運動誘発アナフィラキシー #IgE #血圧低下 #アドレナリン #筋注 #グルカゴン #抗ヒスタミン薬

2,276

1,067,644

最終更新:2024年5月17日

活動性ループス腎炎の導入療法としてタクロリムスとミコフェノール酸モフェチルを比較したランダム化比較試験の長期転帰

#臨床研究 #総合内科 #内科 #内科専門医 #腎臓内科 #治療 #専門医 #膠原病内科 #SLE #免疫抑制剤 #膠原病 #抄読会 #GC #膠原病診療 #RCT #AZA #寛解導入 #TAC #MMF

6

1,216

最終更新:2024年5月16日

ミニマム血液培養

#初期研修医向け #抗菌薬 #感染症科 #感染症 #血液培養

37

8,953

最終更新:2024年5月16日

高カリウム血症で日和るな 〜イベント回避のためのRAA系薬剤の使い方〜

#糖尿病 #CKD #高K血症 #降圧薬 #透析 #SGLT2阻害薬 #カリウム #高カリウム血症 #ロケルマ #心筋梗塞 #RAA

81

7,746

最終更新:2024年5月14日

医療事故裁判における意見書作成指南 ~前編~

#カルテ #診療録 #医療事故裁判 #医療事故 #意見書 #副業 #手術同意書

8

1,700

最終更新:2024年5月14日

急性冠症候群 〜深夜2時、胸痛で搬送、今日の循環器の待機は怖い先生…そんな時でも堂々と電話をかけられるようになるために〜

#心不全 #不整脈 #急性冠症候群 #ACS #MONA #冠動脈疾患 #MINOCA #Primary PCI #STEMI #心臓リハビリテーション

106

11,667

最終更新:2024年5月14日

高K血症の治療でよくある質問集

#CKD #高K血症 #透析 #高カリウム血症 #CRRT #ロケルマ #電解質異常 #カリウム吸着薬 #IHD #GI療法

46

5,655

最終更新:2024年5月14日

結核を学ぼう 多剤耐性結核を知る・意識する・防ぐ

#結核 #IGRA #HIV #喀痰培養 #イソニアジド #BDQ #多剤耐性結核 #DLM #リファンピシン #ストレプトマイシン #LVFX #ピラジナミド

17

3,588

最終更新:2024年5月13日

循環器内科で何ともないと言われたけど、胸痛が収まらない患者さんに困った時に見るスライド ~彼の名はSyndrome X、冠微小循環障害(CMD)~

#狭心症 #カテーテル #冠微小循環障害 #VSA #心筋虚血 #INOCA #CMD #冠攣縮性狭心症

44

5,042

最終更新:2024年5月13日

膵性糖尿病

#糖尿病 #インスリン #グルカゴン #血糖コントロール #膵性糖尿病 #慢性膵炎 #内分泌機能 #自己免疫性膵炎 #ヘモクロマトーシス #PFD #リパクレオン

22

1,782

最終更新:2024年5月13日

ショックのRRS対応

#院内急変 #敗血症性ショック

25

4,612

最終更新:2024年5月13日

全てのスライドを見る

注目のスライド

免疫抑制・化学療法によるB型肝炎ウイルス再活性化への対策

#HBV #HBV再活性化 #テノホビル #がん薬物療法 #エンテカビル

138

13,859

最終更新:2024年1月22日

医師の働き方改革解説スライド(詳細編)

#働き方改革 #タスク・シフト/シェア #医師のプロフェッショナリズム

69

59,876

最終更新:2023年10月4日

【ここはおさえる!】ICUの鎮静薬【非専門医・研修医向け】

#ICU #くも膜下出血 #ミダゾラム #人工呼吸器 #急性大動脈解離 #プロポフォール #鎮静薬 #デクスメデトミジン #痙攣性発作 #フルマゼニル

341

22,215

最終更新:2024年4月28日

(医師向け) 自主退院への対応と患者ケアのポイント

#自主退院 #フォローアップ #意思決定能力 #医師と患者の対話 #患者ケア #医療倫理 #社会経済因子

17

5,769

最終更新:2024年5月9日

新しいコモンディジーズ 高齢者てんかんのリアルな入院診療マネジメント

#プライマリケア #てんかん #脳神経外科 #脳神経内科 #高齢者てんかん

57

10,481

最終更新:2024年4月16日

心電図 ST上昇の仕組み あなたは説明できますか?

##心電図 ##循環器内科 ##STEMI ##救急外来 ##ST上昇 ##心筋梗塞 ##狭心症

128

22,958

最終更新:2024年2月3日

初期研修医にMission!病院でしか使わない 「単位」を習得せよ!

#単位 #ゲージ #処方 #内服薬 #酸素投与量 #投与酸素濃度 #喉頭鏡ブレード #薬剤持続投与速度 #略号 #フレンチ #カテーテル

377

26,086

最終更新:2023年5月26日

知っているようで知らない対光反射〜瞳孔評価キチンと出来ていますか?〜

#Horner症候群 #視神経障害 #瞳孔 #動眼神経麻痺 #対光反射 #瞳孔不同 #RAPD陽性

259

39,959

最終更新:2022年8月6日

テンプレートでサクッと作れる!手早く見やすいスライド作成のガイドライン

#プレゼンテーション #ガイドライン ##スライドデザイン #Antaa Slide

612

230,208

最終更新:2022年8月23日

週間スライドランキング

急性冠症候群 〜深夜2時、胸痛で搬送、今日の循環器の待機は怖い先生…そんな時でも堂々と電話をかけられるようになるために〜

急性冠症候群を自信もって対応できるようになりましょう。症状、リスクスコア、循環動態、発症時間を総合的に鑑みることができるようまとめています。 ◎目次 ・Take home message 【序論】 ・冠動脈疾患の分類 ・ACSの疾患概念(MINOCAを除く) ・MINOCAの疾患概念 ・冠動脈の解剖 ・疫学 ・危険因子(久山町スコア) 【診断】 ・ACSの初期対応フローチャート(日本 2018年) ・ACSの初期対応フローチャート(ECS 2023年) ・ACSの症状 【検査】 ・心電図 ・胸部X線、逸脱酵素、心エコー、造影CT 【評価】 ・TIMIリスクスコア: NSTE-ACSに使用 ・GRACE ACSリスクスコア: STEMI、NSTE-ACSに使用 【治療】 ・STEMIの初期治療(MONA) ・Primary PCI(STEMI) ・Primary PCI(NSTE-ACS) ・薬物治療 ・内科治療(抗血小板薬) ・二次予防(生活習慣病) ・続発症(不整脈) ・続発症(心不全、機械的合併症) ・心臓リハビリテーション

#心不全 #不整脈 #急性冠症候群 #ACS #MONA #冠動脈疾患 #MINOCA #Primary PCI #STEMI #心臓リハビリテーション

106

11,667

最終更新:2024年5月14日

1

ミニマム血液培養

生まれてこの方「運動してそうで人からもよく『何かスポーツしてるの?』と聞かれるが実のところ運動に親を殺されたのではないかと思うほど心底運動嫌いで天地がひっくり返っても運動する気はない」というスタンスを崩さず生きてきたのですが、年々落ちる基礎代謝、突如始まった晩酌癖によって起こった大幅な体重増(+8kg)にいよいよ目を逸らさずにいられなくなり、運動をするのになぜか金を払わなければいけない施設、通称「ジム」の契約をするに至りました。あれだけ運動嫌いをアピールしてきた手前、これから人にどう申し訳を立てようかと毎日悩んでいます。体鍛えるの、楽しいです。この場を借りて謝罪を申し上げます。大変申し訳ございませんでした。   さて本作は、初期研修医およびコメディカルの皆様が備えておくべき血液培養についての基礎知識をミニマムにまとめました。「どうせ陰性だし血液培養はいいだろう」・・・こんなことを思った経験がある方は少なくないと思います。「血液培養がいらない瞬間」って、想像以上に少ないのです。   スライドの中で更なる解説が必要な点やご不明な点については、お気軽にコメント欄よりお寄せ下さい。   (本作は2023年度公立昭和病院 感染症ランチオンセミナーで使用したスライドを一部改変したものです)   ************************************** Twitter: https://twitter.com/metl63_ (@metl63_) mail: meinl2511(アットマーク)gmail.com 日経メディカル(2023/1- 2024/3): 感染症診療のマテリアル(https://medical.nikkeibp.co.jp/inc/all/cadetto/column/takano/) **************************************

#初期研修医向け #抗菌薬 #感染症科 #感染症 #血液培養

37

8,953

最終更新:2024年5月16日

2

高カリウム血症で日和るな 〜イベント回避のためのRAA系薬剤の使い方〜

RAA系は中止率は高い一方、中止することで心血管イベント発生率が上昇します。よって必要な人にRAA系をいかに継続するか、そのために合併しやすい高K血症をコントロールすることが重要です。RAA系薬剤の使い方について理解を深めていきましょう。 ◎目次 ・今回のTips ・RAA系は中止されやすい ・RAA系を使うべき患者像(各種ガイドラインから) ・臨床の問題点 ・高K血症→心停止はそんなすぐには起こらない ・身体の中のカリウムの分布 ・カリウムが高くても慌てなくて良い理由 ・偽物の高K血症(Pseudohyperkalemia) ・Familial Pseudohyperkalemia ・他のカリウムが上がる要素 ・ずばり言えば ・カリウムの指導きちんとできていますか? ・血液透析患者のカリウム摂取 ・保存期CKDのカリウム摂取 ・総合的にバランス良い方がうまくいく ・バナナ食べるな!は正しいか? ・水にさらす意味は? ・最近では… ・ロケルマⓇ高くて… ・CKDの治療目標 ・実践的降圧薬選択方法 ・具体的なSGLT2i、MRAの導入方法 ・オマケ:薬剤性カリウム上昇

#糖尿病 #CKD #高K血症 #降圧薬 #透析 #SGLT2阻害薬 #カリウム #高カリウム血症 #ロケルマ #心筋梗塞 #RAA

81

7,746

最終更新:2024年5月14日

3
もっと見る

今注目の投稿者

水谷肇

水谷肇

大阪医科薬科大学病院/総合診療科

三谷雄己

三谷雄己

県立広島病院/救急科

Antaa運営事務局

Antaa運営事務局

アンター株式会社/その他

新米ID

新米ID

総合病院鹿児島生協病院/感染症科

原田洸

原田洸

岡山大学病院/内科

古川由己

古川由己

東京大学医学部附属病院/精神科

かんぱち

かんぱち

市民病院/救急科

Genjoh@循環器内科

Genjoh@循環器内科

総合病院/循環器内科

寺田教彦

寺田教彦

公益財団法人筑波メディカルセンター筑波メディカルセンター病院/感染症科

Antaa Slide Post Banner
今すぐ投稿
Antaa Slide Post Banner今すぐ投稿
Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter

リクエストスライド

もっと知りたいカテゴリに「応援」を押してください。
リクエストスライドがリストにない場合は、こちらよりご記入ください。
ご投稿もお待ちしております。