- 医療者のためのスライド共有 - ログインしてスライドをアップしましょう!

臨床研究基礎の基礎〜PE(I)COとFINER/研究デザイン

臨床研究はハードルが高く感じられるかもしれませんが、本スライドは基礎的なこととしてgoogle scholarやmendeleyの使い方から解説しています。臨床の疑問をリサーチクエスチョンにPE(I)COを用いて変え、できたRQをFINERを用いて検証します。最後にスタディデザインについてケースレポートから介入RCTまで紹介します。

56 0

ERの診断と診断エラー〜医学知識不足、バイアス、エラー回避〜

ER/救急外来での診断は医師にストレスがかかります。正しい診断プロセスを身につけるためにSystem1 System2という概念を学び、両者の長所短所からPivot & Clusterという考え方をマスターしましょう!後半は診断エラーが起きる原因として「早期閉鎖」「認知バイアス」「利用可能バイアス」について学びます。また医師として学び続けるための振り返り、illness scriptの把握、メタ認知、HALTチェックにも触れています。

1199 1

よく出会うちょっと困った患者さんへの対応のコツ

Difficult Patient(DP)とはどのような患者さんなのでしょうか。つい担当医師が陰性感情を持ってしまうような患者さんが典型例です。 今回はDPの定義、要因を学んだあと、BATHEテクニックとCALMERアプローチという二つの対応の仕方を解説します。最後に典型例を提示し、その対応について解説します。

2531 2

誤嚥性肺炎のABCDEアプローチ〜リスク、食事、薬剤、リハ〜

研修医なら誰でも出会う誤嚥性肺炎。絶食+抗菌薬のルーチンの対応をしていませんか?誤嚥性肺炎のマネジメント内科医としての腕が試されていると言っても過言ではありません。今回ABCDEアプローチでリスク評価、急性期疾患の治療、食事形態と栄養、薬剤のチェック、リハビリと総合的アプローチを行いマネジメントしていくことを学びます。

2258 6

PPIアップデート〜ストレス潰瘍予防、デメリット、切り方〜

病棟管理においてPPIの安全神話は崩れてきています。ストレス潰瘍予防の適応、CD腸炎、骨折、認知症、急性間質性腎炎のデメリットがあることをまず知る事が大事です。また実際にPPIが処方されている患者がきた場合の切り方について解説しています。最後にタケキャブについてみていきます。

1140 3

テクノロジーとその性質〜AI, ロボット, VR, BCI

ヒトゲノム計画に代表されるようにテクノロジーの進歩は指数関数的です。AI、ロボット、VR/AR/MR、BCI/BBIについてわかりやすく説明した後、テクノロジーのもつ性質を歴史を振り返りながら、現在、そして未来へと視点を移しながらみていきます。最後にAntaaで行ったWSの題材についてもご紹介します。

327 1

臨床研究立上げから英語論文発表までを最短最速で行うための極意

UML大阪で講演した内容です。臨床研究が臨床医としてのキャリア成長に必要な理由、研究を成功させるコツについて解説。特に臨床研究の要素としの統計解析の比重は低く、臨床医としての課題設定、解析後の解釈がより臨床に即しているかの方が大切。最後に医師参加型臨床研究hangovercome試験のご案内と、本スライドの内容を書籍化したのでその案内もあります。

1456 4

多職種のための認知症の診断と治療

今回は認知症の一般的なことについてまとめました! 日常診療において、認知症の患者さんを診療しない科はほとんど無いのではないでしょうか。今回は認知症診療を専門としない医師だけでは無く、認知症患者の方と接する医療者の方でも最低限知っておいて欲しい知識についてまとめております。 ぜひこのスライドで認知症診療を身近に感じ、明日からの診療に活かして頂ければと思います。

1479 4

伝えるプレゼンテーション(医師/医学生/医療者 対象)

人に伝えるプレゼンテーション。医師医学生や医療者も、人に考えを伝えるために、プレゼンテーションを行うことはあると思います。どのようにスライド(資料)を作るか、どのような構成がいいのか。どんなパワポにしたらいいのか。プレゼンを伝えるために、構成と姿勢について記載。これを見てから、スライドの作り方を学んで、されにプレゼン前にも見てもらえるとより良いプレゼンになると思います。

526 2

フィードバックを身につけて今日から君もTeacherだ!

普段はあまり教わることの少ないフィードバックについてまとめてみました! フィードバックは指導医のみならず、研修医、学生の間でもとても重要なスキルです。医学教育だけで無く、日常や部活動でも後輩を指導する事は多いはず。自身の教え方を振り返って、是非これからの教育に役立てて下さい!

1624 2

カフェイン中毒

近年増加しているカフェイン中毒. いつ疑い, 危険なカフェイン量はどの程度かは頭に入れておきましょう.

3405 6

夜間当直CT読影の仕方!スカウトで迫る画像診断

夜間当直で撮影したCT画像で、最初にあるスカウトに注目し、撮影範囲の位置決め、全体像の把握、照射線量の調整の3つの役割を理解します。また見逃さないためのスカウト4つの読み方(線を読む、白い所を探す、黒い所を探す、過去の画像と比較)について学び、実際にスカウトから疑った金属異物、フルニエ壊疽、大動脈解離、肺小細胞癌、気腫性胆嚢炎、金の糸美容法の症例を提示しています。

6680 4

肩関節MRIのミカタ〜関節痛を放射線科医師の立場から診る〜

肩関節MRIの撮影方法、解剖、代表的なMRI所見を学べます。MRIでみられるものは腱板、軟骨、関節液などの軟部構造評価、骨の詳細な評価、炎症があるかどうかです。詳しくは関節MRIの代表的なシーケンスと役割、MRIでの肩関節解剖を説明し、代表的疾患とMRIの優位性について紹介しています。腱板断裂、肩峰下インピンジメント、RA、PMR、石灰沈着性腱板炎の他、マジックアングルエフェクト(magic angle effect)について学べます。

1335 2

医師の誰もが知っておくべき結核患者の陰圧隔離/検査の考え方

アメリカの5倍以上の罹患率のある結核蔓延国日本。日本で働く医師として知っておくべき結核の段階的な考え方(感染/発病/排菌の概念)とその病歴(ホームレス、高齢者施設、海外渡航などのリスクファクター含)、検査(結核三連痰、IGRA(QFT/T-SPOT))、陰圧管理の判断基準について学べます。また画像的特徴を理由をつけてわかりやすく説明しています。

1462 3

子癇について、なお語るべきこと。

子癇はじめ、周産期の中枢神経系イベントについて説明します。まとまって勉強しにくい、ニッチ分野である子癇を、なるべくわかりやすく解説します。

2414 2

知っている人しか知らない NA問題

Neuralgic Amyotrohy (NA)は、誤診の多い疾患です。[肩の脱力]、[一側上肢の筋萎縮]の鑑別疾患。特徴的な臨床像/臨床経過であり、免疫療法が有効です。[知っている]ことが、とにかく大切な疾患です。NA診療の導入となるスライドです。

1130 1

小児PALSアプローチ診断学/両親への声かけ/抗菌薬の使い方

PALSアプローチを用いた診断学とこどもだけでなく家族の味方になる両親への声かけに関して解説しています。診断学の武器である3C2MからPALSアプローチを紹介。第一印象(意識、呼吸、皮膚色)、一次評価(ABCDE)と二次評価(SAMPLE、的を絞った身体診察)を詳しくみたあと症例ベースでさらに深掘りしていきます。最後は抗菌薬の選び方について表をのせています。

1429 6

赤い皮疹の見方/考え方/鑑別〜炎症、腫瘍、血管分けて考える〜

皮膚科医でなくても、臨床でたくさん出会う赤い皮疹。その見方、考え方を炎症(感染、非感染)、腫瘍、血管異常に分け、今回は炎のうち非感染性の病態の対応の仕方について解説しています。接触皮膚炎、刺激性接触性皮膚炎、アレルギー性接触皮膚炎、NSAIDsによる光過敏症、蕁麻疹、薬疹、湿疹を具体的に紹介。ステロイドの使い分け、塗り方もわかります。

6438 11

Choosing Wisely発表@病院総合診療医学会

第15回日本病院総合診療医学会 ACP日本支部との共同企画でChoosing Wiselyについて発表した内容です。Choosing Wisely Japan Student Committeeでの活動を通じて得た、医学生がChoosing Wiselyに関わる意義について、3つの視座でまとめております。CWJ-SCのTop Five Listについても内容を公開しております。

1897 2

誤嚥性肺炎

誤嚥性肺炎を正しく判断し適切なマネージメントを行いましょう. 予防も忘れずに.

7839 21

敗血症患者の輸液/考え方〜SSCGと動的指標〜

敗血症患者を診た時の初期輸液の考え方をqSOFAやSSCG2016の理論を含めて解説しています。敗血症では血管内脱水と血管拡張の要素が混在して血圧低下が起きており、まずは細胞外液による十分な補液が必要である。またCO=SV×HRの理論式を元になぜ敗血症では輸液しなくてはならないか輸液をすると前負荷があがるのか、血圧低下に輸液が有効か、たくさん輸液をするとどうなるのかを説明しています。敗血症治療の触りを学びましょう!

8776 9

関節痛の見方〜診察法, 検査, 鑑別診断〜 肩痛を中心に

リウマチ科からみた関節痛の見方を診察法、検査、鑑別診断に分けて解説。非外傷性肩痛をきたす疾患の頻度、解剖と鑑別疾患、painful arcなどの診察法血液検査について説明。関節炎と非炎症性関節痛・関節外症状のフレームワーク、診察セット。最後に関節リウマチ(RA)とリウマチ性多発筋痛症(PMR)の診断基準、典型例について説明。高齢発症の関節リウマチ(EORA)にも言及しています。

4566 8

抗うつ薬の種類と使い分け方

ここでは、一般的に医療現場において使用されている主な抗うつ薬を副作用や効能を基準にしながら種類別(三環系抗うつ薬、四環系抗うつ薬、SSRI、SNRI、NaSSA、その他)に説明しています。患者さんに抗うつ薬を処方する際の判断基準にご活用ください。

2782 5

脊椎脊髄疾患、高位診断まとめ〜神経根症と脊髄損傷の診察法〜

頚部痛〜肩痛の患者をみる時の考え方を学べます。頚椎症性神経根症の考え方、身体診察(Spurling test、Shoulder abduction relief test)、上肢痛でみる簡易的な高位診断から筋力低下、腱反射で詳しく見る方法までを紹介。脊髄損傷では呼吸、手足が動いているか、Cervical Line、DREのチェックで上位脊髄損傷を診断、筋力低下箇所での高位診断の仕方を紹介します!

2527 4

肩診療まとめ〜肩関節脱臼整復、肩の身体診察、肩関節注射〜

肩関節痛の患者をみるときの疫学、考え方、鑑別診断、身体診察(Special test)、単純X線検査(レントゲン)のまとめです。肩関節脱臼ではその整復方法(Stimson、zero position、FARES、二重牽引)も紹介。Sprecial testではPainful arcとEmpty can testを中心に腱板断裂の身体診察を紹介しています。

1817 2

「腹痛」に強くなる 〜病態生理で臓器を横並びに診断する!〜

ERにおける腹痛診療に強くなるために病態生理で診断推論を進めるための考え方ベーシック編です。VINDICATE+Pという網羅的な鑑別診断ではなく8時間以内に悪化する疾患を見逃さず疾患のnatural courseとonset、重症化のtime courseを意識した考え方を学べます。vital sign正常の重症な腹痛をどう見分けるのか病態生理と解剖生理から考え、後半では尿管結石、急性虫垂炎を見分けられるようになります。

1023 6

輸液製剤の選び方と輸液のタイミング、SVVやPPVなどの指標

輸液の選択に関する基本事項のまとめです。輸液製剤のうち末梢静脈栄養にフォーカスし、そもそも輸液が必要なのか、選ぶ時にナトリウム、カリウム、ビタミンを考えるということが学べます。また血圧低下、心機能が悪い、カリウムが高いなど場合別の輸液選択を紹介しています。後半は脱水所見、輸液反応性、IVC、SVV、PPVなど輸液の指標について説明します。

14273 17

非循環器内科医のための経胸壁心エコーと経食道心エコー

経胸壁心エコー(TTE)と経食道心エコー(TEE)について非循環器内科医向けに最低限知っておくべき内容のまとめです。 ・経胸壁心エコーのわかる内容と使う場面 ・基本的な断面図とわかる内容 ・レポートの解釈の仕方 ・TMF ・RVSP ・経食道心エコーについて

2399 10

女性の救急外来ただいま診断中_女性の腹痛の診方、考え方

婦人科急性腹症、妊娠可能な女性の腹痛診療、月経からの腹痛の鑑別、症状からの女性の腹痛の鑑別、PID(骨盤内炎症症候群)の診察、前皮神経絞扼症候群、間質性膀胱炎、Myofascial Pelvic Pain Syndrome 、骨盤うったい症候群、日本人のセックスの状況、研修医へのデキレジマネージメントについて講演した内容です

3422 13

USMLE Step 1/2CK/2CS 準備〜試験まで

ざっくりとした内容ですが、USMLEを受けるべきかどうかというところから実際に受験する際に注意すべき点などお話しました(学生さん向けということもありやや関係ないスライドもありますがご了承ください)。数ある勉強法の一つとして、ご参考になれば幸いです。

2674 3

臨床研究立ち上げから英語論文発表まで最速最短で行うための極意

若手臨床医へ向けた臨床研究の立ち上げ方、その英語論文化の最速最短で行うためのノウハウ大阪市立大学の原正彦先生がお伝えします! 若手臨床医向けに研究を成功させるコツ(マインドセット、研究課題の見つけ方、研究デザイン、データ収集、解析、解釈、共著問題、論文として報告する、という一連の流れをお伝えします!

29039 29

睡眠薬(眠剤)の種類と使い分け方

現在、さまざまな睡眠薬が開発されています。患者さんの不眠の状態にあわせて、医師は睡眠薬を処方しなければなりません。睡眠薬の安全性は高くなってはいますが、もちろん副作用もあり注意が必要です。 ここでは睡眠薬を正しく理解して適切に使うために睡眠薬にはどのような種類があるのか、どう使い分ければよいかを説明します。

5682 8

大腿骨頚部骨折と大腿骨転子部骨折/レントゲン, 手術の違い

救急外来でよく出会う、大腿骨近位部骨折。ただ色々な呼び方がありよくわからないですよね?大腿骨頚部骨折、転子部骨折、頚基部骨折、頚部外側骨折、頚部内側骨折、転子下骨折などわかりづらい大腿骨近位部骨折について特に大腿骨頚部骨折と大腿骨転子部骨折を中心にレントゲンと手術法について解説します。

8532 2

【初期研修医向け】ER(救急外来)/整形外科セミナー

初期研修医に向けて若手整形外科医がER(救急外来)での考え方をシェアした際に使用したスライドです。JATECについて学べるほか、レントゲンの見方にも触れています。初期研修医がBasicなことを学ぶには良いスライドです。

6893 12

意識障害の評価_GCS(グラスゴー・コーマ・スケール)

意識障害の患者が運ばれてきた時、大切なのはGCSでの正しい評価です。日本だとJCS(ジャパン・コーマ・スケール)が使用されていますが世界共通の意識障害の評価指標としてはGCS(グラスゴー・コーマ・スケール)を使用します。 E(開眼)、V(言葉)、M(運動)に分けて考えます。正常な人はE4V5M6です。

1481 2

【一般向け】AED使い方セミナー

スポーツ大会のスタッフ(一般)向けに開催したAEDの使い方に関するセミナーで使用したスライドです。BLS編を学び終えていることが必須です。BLSで使用するAEDは実際に使用したことがないと難しいものです。そのAEDの使い方に関してわかりやすく簡単に説明しています。

511 0

【一般向け】低体温/熱中症セミナー

スポーツ大会のスタッフ(一般)向けに開催した低体温と熱中症に関するセミナーで使用したスライドです。トレイルラン(山を走る競技)を想定し山中での低体温と下山してきての熱中症についてそれぞれ症状と初期対応について学びます。

449 0

【一般向け】外傷処置セミナー

スポーツ大会のスタッフ(一般)向けに開催した外傷処置セミナーで使用したスライドです。トレイルラン(山を走る競技)を想定し出血している人と骨折している人の初期対応について一般の人向けに説明しています。トレラン特有の状況を想定し、応急処置に力点をおいています

707 1

【一般向け】BLS(一次救命処置_心肺蘇生)セミナー

スポーツ大会のスタッフ(一般)向けに開催したBLS(Basic Life Support)一次救命処置のセミナーで使用したスライドです。トレイルラン(山を走る競技)を想定しバイスタンダーCPRに力点を起き、さらにトレラン特有の状況に合わせた内容となっています。

818 0

転倒の原因_鑑別診断(SPEEDS)

転倒した患者を診る時に転倒の結果起こった外傷だけを考えるのではなく何故転倒したのかもう一度考え直すことが重要です。鑑別診断を考える際にはもらさないようにSPEEDSという語呂合わせで考えます。失神、脳梗塞、けいれん、薬剤などの全身疾患を鑑別にあげよう!

710 3

Centor Criteria_センタークライテリア

Centor Criteria(センタークライテリア)を使ってウイルス性かA群β溶連菌による咽頭痛かを推測します。白苔の有無, 前頚部リンパ節腫脹の有無, 38度以上の発熱, 咳嗽(-)という項目で, Centor criteria 0-1点なら溶連菌感染可能性低い, 2-3点かつ迅速検査陽性なら抗菌薬投与, 4点なら迅速検査なしで抗菌薬という判断をする。

12226 0

ADL/IADL(日常生活動作)とDEATH/SHAFT(デスシャフト)

ADL(Activity of Daily Living)日常生活動作とIADL(instrumental ADL)手段的日常生活動作は高齢者診療では必須。覚え方はDEATH/SHAFT(デスシャフト)で着替え, 食事, 整容, 移動, トイレ風呂と買い物, 清掃, 金の管理, 食事準備, 公共交通機関使えるか

10316 3

RICE処置

外傷、特に打撲など軟部組織損傷後の腫張に対して行う一般的な処置です。

513 2

心不全の急性増悪_鑑別診断_FAILURE

心不全、特に慢性心不全の急性増悪で患者さんが救急外来に運ばれてきた時に考える鑑別疾患の語呂合わせ F:内服忘れ A:貧血 I:感染、虚血性心疾患 L:脱水、アルコール U:尿毒症、甲状腺機能亢進症 R:弁膜疾患(AR,MR,IE) E:肺塞栓。 心不全、急性増悪の患者がきたらまずこれを考えよう!

5293 5

上腕骨頚部骨折/外科頚骨折の保存治療/リハビリ_振り子運動

上腕骨頚部骨折または外科頚骨折の患者さんで、全身状態が理由で手術できなかったり、本人の希望で保存的治療となった時の早期ROM(可動域)訓練の方法、振り子運動。 振り子運動は上腕骨頚部骨折受傷当日から疼痛に応じて開始でき、行うことでROM、アライメントや長さを保ちながら治療できます

4610 2

CURB65

市中肺炎の重症度をみるスコアです。

817 2

MIST_JPTEC/JATECでの外傷受け入れ準備

JATEC(日本外傷初期診療ガイドライン)、JPTEC(日本病院前外傷救護ガイドライン)で外傷患者の情報をやりとりする時にMIST(ミスト)を使います。Mechanism受傷起点は?、Injury創傷箇所は?、Signバイタル, 症状は?、Treatment行った処置は?で合わせてMISTです。

14595 4

腰痛のRedflagsの考え方

怖い腰痛を見逃さないためにいろいろな語呂がありますがふたつご紹介します。"FACET"と"ボケがこえたこ"です。FACETは椎間関節という意味もあるので覚えやすいですね。

927 3

介護保険主治医意見書の書き方(寝たきり度と認知症度)

介護保険主事意見書の書き方のポイントを解説!介護保険主治医意見書が提出されてから一次審査、二次審査とどういった流れで認定されるか、審査をより通りやすくするためのコツ(コメント欄の充実など)を紹介。そしてよくわからない寝たきり度と認知症度についても詳しく説明されています。

2322 7

抗MRSA薬のまとめ

抗MRSA薬っていっぱい種類があってよく分からない。そう思って表にまとめてみました。ただ実際の診療では、基本薬であるバンコマイシンの使い方をマスターすることが王道だと思います。

673 1

整形外科超音波(エコー)検査のやり方、見え方、考え方

整形外科領域で使用する超音波検査(エコー)の意義は診断だけではなく治療(神経ブロック、トリガーポイント、筋膜リリース)にも使う点です。また整形外科超音波の特徴としては守備範囲がMRIに近く、手軽さはレントゲンよりも上です。スライド4以降はアキレス腱断裂、肘内障、ばね指のエコーのやり方、所見、考え方をそれぞれ説明しています。

4493 2

動物咬傷の対処法_洗浄デブリ、抗菌薬、破傷風予防

動物咬傷で大事なのは洗浄!同時に何にどこをいつ噛まれたかという問診です。洗浄は水道水で、量を重視します。異物を除去したりとデブリードマンも大切。 AMPLE聴取し培養できる膿などがなければABPC/SBT3gを投与します。スライド6からは内服の抗菌薬と破傷風の予防の考え方やり方を紹介しています。

2851 5

栄養と輸液/点滴の考え方、計算方法とその実際

栄養と輸液/点滴の考え方で理想体重の設定、水分量、電解質(Na:ナトリウムとK:カリウム)、総エネルギー量からタンパク質、脂質、炭水化物の決め方、微量元素(ビタミン、ミネラル)について紹介。スライド後半では栄養のモニタリング、Refeeding syndrome(リフィーディングシンドローム)について説明。

1976 7

慢性便秘症〜薬の使い分けと処方の考え方〜

日々の臨床で遭遇する便秘に対して、いつもワンパターンな処方になっていませんか? このスライドを通して、便秘へのアプローチ法や処方の組み立て方を学び、患者さんを快便へ導いてみましょう。

8781 9

産業医のうそ、ほんと?

産業医って聞いたことはあるけど、実際どんなお仕事?産業医を知ってもらう、興味を持ってもらうためのはじめのスライド。

1018 0

僧帽弁形成術 vs 僧帽弁置換術

学生時代に僧帽弁形成術の患者さんを持たされて作ったスライドです。 僧帽弁形成術の方が成績が良い..という当たり前の事実から、後尖と前尖どちらが成績が良いの?というところまで踏み込んで調べてみました。

1582 0

見逃すな!バイタルサイン

2016年7月コメディカル向けの勉強会でレクチャーした在宅医療に役立つバイタルサイン+αの内容です。研修医や在宅医療の現場に出て間もないDr.に是非見てもらいたいです。

1888 2

発熱性好中球減少症(FN:Febrile Neutropenia)の対応

発熱性好中球減少症(FN:Febrile Neutropenia)は緊急事態です。その対応について、2つの条件(好中球500/mm3以下、38.3度以上の口腔温または1時間以上38度)から問診、身体所見、検査(培養検査含む)と考え方を紹介します。フローチャートや具体的な処方例、真菌、ウイルスまで症例を交えながら解説します。

2755 2

ペニシリンから始めるアレルギー問診

問診票を見るとペニシリンにアレルギーって書いてあった・・・仕方がないから、より広いスペクトラムの抗菌薬を使おう・・・という経験が、みなさんにあると思います。 でも、広域スペクトラムの抗菌薬を使う前に、問診でペニシリンが使えるようになるとすれば、学ばない手は無いでしょう!ペニシリンを題材にアレルギー歴の基本的な問診方法を学びましょう。

918 2

スキルアップ皮膚科講座

2016年11月23日イシテラスで開催されたスキルアップ皮膚科講座のPPT資料です。大事なのは「どこに」皮疹があるか!です。

709 2

産業医社員研修②熱中症, 腰痛, ストレス

社員100人未満の中小企業での社員研修資料です。まだ無関心期にある幹部スタッフ、現場スタッフ向けの啓蒙活動用に作成しました。30分間で行ったもので、内容は1回目のアンケートと労働安全衛生委員会で取り上げて欲しいと要望のあったものです。

451 1

60分でわかる感染症診療の基本

感染症診療は疾患の知識、微生物の知識、抗菌薬の知識と覚えることだらけです。何から勉強したら良いのか、また何から教えたら良いのか分からない。そんな方のための資料です。60分で、感染症診療に最低限必要な基本が身につくように作ってあります。

2232 6

非ARDS患者で低容量換気を行うべきか

学生時代に作らされたスライドです。以下の論文を読んで学んだことを発表しました。 Lung-Protective Ventilation With Low Tidal Volumes and the Occurrence of Pulmonary Complications in Patients Without Acute Respiratory Distress Syndrome  Ary Serpa Neto Critical Care Medicine (October 2015 Volume 43 Number 10)

632 0

下痢症

下痢症の原因と分類、治療。抗生剤を使う時は?

729 5

学生でもできる!診療所外来のい・ろ・は

2014年学生・研修医のための家庭医療学夏期セミナーで開催したワークショップのレクチャースライドです。医学生・医療系学生に対して「受診理由」をテーマに、患者中心の医療面接のコツを伝授しました!

800 1

CIDP

学生時代に神経内科で作らされたスライドです。 典型的なCIDP、MADSAM,DADSについて調べました。 説明がないとわかりづらいかもしれませんが、論文など記載されているので、 参考になればと思います。

1027 0

JATEC_外傷初期診療での想定出血量の推定

外傷患者を救急外来で見るときにはJATEC(外傷初期診療ガイドライン)にそって診療します。胸腔腹腔損傷がある時は3000mlの出血量を想定します。 骨盤骨折では最大4000ml、開放性大腿骨骨折では2000ml、脛骨開放骨折では1000ml、上腕骨開放骨折では500mlをそれぞれ想定出血量として推定します。

7164 2

CRBSI

いつ血管留置カテーテル感染疑うか?その時の対応と治療とは。

508 1

多発関節炎

関節炎へのアプローチ、症例を通した多発性関節炎の考え方

1329 2

酸素投与の概略

FiO2の考え方と、酸素投与の使い分け。そしてCO2ナルコーシスって?

630 1

CRBSI予防のため

血管留置カテーテル感染予防するには? (デバイス、部位、消毒)

791 3