Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/4

肺炎まとめ

  • 呼吸器内科

  • 感染症科

  • 初期研修医

  • 誤嚥性肺炎
  • 研修医
  • 肺炎

2,292

48

2022/10/29
2022/10/29 更新

スライドの見どころ

肺炎について簡潔にまとめます

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医/専門医

内容

肺炎について簡潔にまとめていきます

新米ID

某地方救急病院


新米IDさんの他の投稿スライド

2022.11.25時点のCOVID治療薬と濃厚接触者の就業制限の考え方とワクチンまとめ

#COVID-19

1,222

518,661

最終更新:2022年11月25日

2022.1.11時点のCOVID治療について

#COVID #治療

83

18,260

最終更新:2022年1月12日

2022.6.18更新 細菌感染症の治療期間まとめ

#初期研修医向け #抗菌薬 #感染症 #治療期間 #適正使用

296

24,407

最終更新:2022年6月18日

もっと見る

関連するスライド

#2 低Na血症 | 電解質輸液塾

#輸液 #医学生 #研修医 #低Na血症 #電解質輸液塾 #低ナトリウム血症 #ADH #ODS #浸透圧性脱髄症候群 #SIADH

356

144,631

最終更新:2021年12月4日

病棟での輸液の組み方!

#看護師 #初期研修医向け #輸液 #研修医

1,237

1,264,934

最終更新:2022年5月4日

刺された?咬まれた? 救急外来の動物外傷 この動物さえ おさえておけば大丈夫

#外傷 #初期研修医向け #救急外来 #救急 #研修医 #救急科 #初期研修医 #毒ヘビ #海洋生物 #マムシ #ヤマカガシ #エイ #クラゲ #創部処置 #オーグメンチン #サワシリン #破傷風 #破傷風トキソイド #オコゼ #カサゴ #動物咬傷

237

29,038

最終更新:2021年12月29日

眉間のシワ〜ボツリヌストキシン治療〜 0から始める美容 part 1

#研修医 #形成外科 #美容 #ボツリヌストキシン #ヒアルロン酸 #ボトックス #シワ #眼瞼下垂

30

4,391

最終更新:2022年4月3日

熱傷診療のまとめ【2021年 日本熱傷診療ガイドライン参照】

#研修医 #ICU #みんなの救命救急科 #熱傷 #研修医向け #やけど

157

35,347

最終更新:2022年5月22日

難しいことは分かりませんが... アナフィラキシー の対応を教えてください! 〜身体診察をなによりも大切にしよう〜

#救急外来 #救急 #医学生 #研修医 #救急科 #アナフィラキシー #アドレナリン #初期研修医 #アレルギー

99

16,778

最終更新:2022年5月20日



診療科ごとのスライド

内科(300)

消化器内科(48)

循環器内科(69)

呼吸器内科(69)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(41)

腎臓内科(23)

アレ膠リウマチ内科(24)

脳神経内科(86)

総合診療科(112)

救急科(314)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(1)

乳腺外科(0)

整形外科(73)

脳神経外科(13)

泌尿器科(21)

形成外科(15)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(3)

小児科(37)

産婦人科(42)

精神科(57)

放射線科(44)

麻酔科(12)

緩和ケア科(20)

感染症科(173)

産業医(6)

初期研修医(258)

その他(260)


肺炎まとめ

  1. 誤嚥性肺炎の経過 フェーズ 特徴 1 誤嚥初期の 2 菌や上皮などの 3 4 異物排除 段階 異物排除が進行した グラム染色 口腔内常在菌多数 種々の菌を貪食 菌量減少 培養 連鎖球菌 ナイセリア など常在菌多数 口腔内常在菌 備考 - 好中球が手当たり次第に貪食 - 特定の病原菌は選択されず - 自然免疫や初期抗菌薬で細菌は 排除され減少傾向 段階 - 細菌は排除され 炎症が持続した 菌消失 段階 培養陰性 または 少数の口腔内常在菌 細菌や上皮細胞が排除され 培養陰性化 - 新たな誤嚥がなければ治癒へ - 誤嚥や口腔内不衛生が続けば フェーズ4に移行 特定の細菌が増殖し 特定の細菌が増殖後 原因菌が選択された 嫌気性菌様の小型 段階 GNRが増殖 S. anginosus group Prevotella spp. Porphyromonas spp. など - S. anginosusなどの連鎖球菌が 酸素を消費 - 酸素が消費された環境下で 嫌気性菌が増殖し感染巣拡大 - 肺膿瘍化

  2. 患者情報に基づく誤嚥性肺炎の抗菌薬選択 市中発症 院内または施設発症 胸部画像検査異常(+) 胸部画像検査異常(-) 胸部画像検査異常(+) 胸部画像検査異常(-) 口腔内衛生 重症度 耐性菌リスク 重症度 不良 良好 軽症~中等症 偏性嫌気性菌不要 偏性嫌気性菌考慮 肺膿瘍や壊死性肺炎 除く 【内服】 AMPC/CVA MFLX 【内服】 AMPC AMPC/CVA 【点滴】 ABPC/SBT CMZ PIPC/TAZ MEPM 【点滴】 ABPC/SBT CTRX 抗菌薬未使用で経過観察 重症 低 高 重症化や耐性菌 リスクに応じて 治療 抗菌薬は胸部画像 異常(+)を参照 48-72時間毎に 評価 BAL etcでの精査 考慮 軽症~中等症 抗菌薬未使用で経過観察 重症 重症化や耐性菌 リスクに応じて 治療 【内服】 AMPC AMPC/CVA 【内服】 LVFX MFLX 抗菌薬は胸部画像 異常(+)を参照 【点滴】 ABPC/SBT CTRX 【点滴】 PIPC/TAZ CFPM MEPM VCM 48-72時間毎に 評価 BAL etcでの精査 考慮 DOI: 10.1056/NEJMra1714562

  3. 【肺炎の原因菌と抗菌薬】 肺炎球菌/ α・β溶連菌 ABPC/SBT CTRX CAZ CFPM PIPC/TAZ MEPM MSSA BLNAS/ BLPAR モラキセラ 大腸菌/クレブシエラ BLNAR エンテロバクター 緑膿菌 AmpC産生エンテロバクター ESBL産生大腸菌/ クレブシエラ アシネトバクター MRSA: VCM, TEIC, LZD S. maltophilia: MINO, ST マイコプラズマ: CAM, AZM, MINO レジオネラ: LVFX, AZM

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.