Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/37

【神内ローテ前必見】ルンバールを確実にキメるための7step

  • 脳神経内科

  • 救急科

  • 初期研修医

  • 初期研修医向け
  • 救急外来
  • ER
  • 神経内科
  • 研修医
  • 髄膜炎
  • 脳神経内科
  • デキレジ
  • 腰椎穿刺
  • 初期研修医
  • ルンバール

69,935

255

2022/6/4
2022/6/4 更新

本スライドの対象者

医学生/研修医

内容

初期研修医必読!

適応・合併症・禁忌,穿刺の手順,上手く行かないときの対処法が分かっていると,

自身を持ってルンバールに臨むことができます.

 やまて

総合病院


 やまてさんの他の投稿スライド

【デキレジ】脳梗塞②梗塞部位を予測する方法

#初期研修医向け #救急外来 #ER #神経内科 #研修医 #脳梗塞 #MRI #脳神経内科 #デキレジ

273

67,709

最終更新:2022年8月5日

不眠のみかた

#睡眠薬 #神経内科 #せん妄 #精神科 #不穏 #不眠 #抗精神病薬 #睡眠時無呼吸症候群 #むずむず脚症候群 #ベルソムラ

348

146,676

最終更新:2021年11月25日

しびれのみかた

#救急外来 #神経内科 #研修医 #プライマリ・ケア #しびれ #振戦 #末梢神経 #痺れ #神経根障害 #脊髄症

182

72,078

最終更新:2021年12月4日

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(301)

消化器内科(48)

循環器内科(69)

呼吸器内科(70)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(41)

腎臓内科(23)

アレ膠リウマチ内科(24)

脳神経内科(86)

総合診療科(112)

救急科(315)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(1)

乳腺外科(0)

整形外科(73)

脳神経外科(13)

泌尿器科(21)

形成外科(15)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(3)

小児科(37)

産婦人科(43)

精神科(57)

放射線科(44)

麻酔科(12)

緩和ケア科(20)

感染症科(174)

産業医(6)

初期研修医(259)

その他(260)


【神内ローテ前必見】ルンバールを確実にキメるための7step

  1. 神内ローテ前必見 ルンバールを 確実にキメるための7step 1

  2. Introduction 2

  3. ルンバールに自信がない 手順が曖昧 3 できなくはないけど… 久しぶり過ぎて不安 神経内科に毎回依頼

  4. そう言われても… 具体的な指針・説明が欲しい 「抜ける感覚があるから」 4 「入らない患者は入らない」 「慣れたらできるよ」 「体位さえ取れたらOK」 そんなあなたは必見!!

  5. 適応・合併症・禁忌 の把握 5 トラブル シューティング 解剖学的知識 手順の把握 必要な要素を順に解説

  6. CONTENTS 6 01 02 03 04 適応 合併症 禁忌 腰椎の 解剖 穿刺の 7step トラブル シューティング

  7. 7 01.適応・合併症・禁忌

  8. ルンバールは以下の状況で行います 画像:JAMA. 2006 Oct 25;296(16):2012-22. 8 研修医が穿刺を決断するシチュエーションはココ! 参照:デキレジは“こう動く”-細菌性髄膜炎-

  9. 侵襲的処置には合併症が伴います 9 脳ヘルニア -脳が落ちる- 脊髄硬膜外出血 -穿刺部から中に出血- 穿刺後頭痛 -髄液圧が低下- ※その他:感染・くも膜下表皮嚢胞など 稀だが致死的 馬尾を圧迫 最多(約40%) 若年・女性リスク

  10. 合併症リスクが高い場合は禁忌です 10 頭蓋内圧亢進 ➜脳ヘルニア 凝固能異常 ➜脊髄硬膜外血腫 その他 脳腫瘍 水頭症 血小板低値 出血性疾患 抗凝固薬 穿刺部皮膚感染 全身状態不良など

  11. 穿刺前チェック項目 参照:Atlas Oral Maxillofac Surg Clin North Am. 2015 Sep;23(2):169-76. 11

  12. 抗血栓薬の休薬期間の目安 参照:Eur J Anaesthesiol 2010;27: 999–1015. 12

  13. 13 02.腰椎の解剖

  14. 必要な解剖知識 画像:JAMA. 2006 Oct 25;296(16):2012-22. 14 脊髄はL1-L2付近で終末 その先は馬尾(神経根の束)となる ➜L2-3以下の棘間から穿刺すれば  神経損傷のリスクは低くなる

  15. 必要な解剖知識 画像:JAMA. 2006 Oct 25;296(16):2012-22. 15 左右の腸骨稜を結んだ線(ヤコビー線)は およそL4高位に一致 ➜穿刺前触診のメルクマールになる

  16. 必要な解剖知識 画像:JAMA. 2006 Oct 25;296(16):2012-22. 16 皮膚→皮下組織→棘上靭帯→棘間靭帯→ 黄色靭帯→硬膜外腔→硬膜→くも膜下腔 皮膚〜硬膜外腔まで約45-55mm その先さらに7mmの硬膜 ➜黄色靭帯・硬膜通過時に特有の感覚  くも膜下腔に入ると髄液流出 ➜約60mm進めれば髄液流出するはず

  17. 17 03.穿刺の7step

  18. 穿刺は次の手順を守ればOK 18 1 2 3 4 5 6 7

  19. CT確認 19 ※評価のためだけにCTを撮る必要はない 1

  20. 体位調整 20 2

  21. 穿刺部決定 21 3

  22. 局所麻酔 22 4

  23. 本穿刺 23 5

  24. 本穿刺 24 5 ※針先で抜ける場所を探ることも(やりすぎ注意)

  25. 髄液採取 25 6 ※清潔介助者に依頼 or 一旦内筒を挿しておけば流れてこない

  26. 髄液採取 26 6

  27. 抜針 出典:J Neurol. 1998 Sep;245(9):589-92. 27 7

  28. 穿刺の7step 28 1 2 3 4 5 6 7

  29. 29 04.トラブルシューティング

  30. よくあるトラブル 30 骨に当たる 髄液が出ない 血性髄液 対応策を事前に準備

  31. 骨に当たる 31

  32. 傍正中アプローチ ✕ ✕ 1cm外側から穿刺 頭側へ10° 内側へ10° https://www.acepnow.com/article/techniques-performing-paramedian-approach-lumbar-puncture/ JAMA. 2006 Oct 25;296(16):2012-22. / Indian Journal of Clinical Anaesthesia,2017;4(4):518-22.

  33. 髄液が出ない 33

  34. 血性髄液 34

  35. トラブルシューティングまとめ 35 体位・穿刺部 高位変更 傍正中アプローチ 針先が髄液にない 針を回転 体を傾ける traumatic tap SAHを鑑別 提出の順番 骨に当たる 髄液が出ない 血性髄液

  36. 36

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.