アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール
使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/26

シェア
Dr. やまて

2021/05/27
(2021/11/25 更新)

Dr. やまて

Non-Med Hospital

64522 page views

ジアゼパムの次はなに使う?症候性てんかんって?「痙攣発作」について正しく理解すると,救急外来でも「デキる」動きができるようになります.

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40626 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

170073 61

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

7636 42

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

25448 46

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4762 12

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10298 41

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6091 33
もっと見る

デキレジは”こう動く” ー痙攣発作ー

1. デキレジは“こう動く” ーけいれん発作ー presented by Non-Med Hospital
2. Introduction こんな経験,ありませんか?
3. 「けけけいれん患者がきたぞーー!  いけ!セセセルシン®!  なに,とまらない!?えっと次は,,わたわた」 「…落ち着いてください」 「すみません(泣)」 ヤバレジ 神経内科医 こんな経験,ありませんか?①
4. 「けけけいれん患者がきたぞーー!  いけ!セセセルシン®!  セルシンで止まらなかったら,ホストイン®だ!」 「ちょっと待って,まず血糖値を測っておこう.  むむ,低血糖だ!ブドウ糖液とビタミンB1を!」 「はい!?」 ヤバレジ デキレジ こんな経験,ありませんか?②
5. 2人の違い 把握してない 把握している 疾患に対する理解 診療の全体像 治療薬 間違っている 正しい けいれん!=てんかん!
6. このスライドの目標 デキレジになろう! 疾患に対する理解 診療の全体像 治療薬 間違っている 把握してない 正しい 把握している
7. CONTENTS 01. 診療の全体像 02. 止める 03. 鑑別する
8. 01.診療の全体像 評価▶止める▶鑑別
9. まずは,落ち着いて評価する 気道の確保は? バイタルサイン 意識障害の有無は? 本当にけいれん発作か? 性状,左右差 (強直性,間代性,強直間代性)持続時間 (5分以上持続=重積発作) その他の情報 (眼球偏位,頭位,咬舌など) ふむふむ… 正確な評価が,治療判定・鑑別に重要! 状態 発作の詳細
10.  基本は「止める」 脳内で火事が起こっている状態 ≧30分続くと,後遺症を残すかも CKやミオグロビンが大量に漏れる →横紋筋融解症,急性腎不全 交感神経が異常に亢進する →たこつぼ型心筋症,虚血 呼吸停止 窒息や誤嚥性肺炎を起こす 中枢性合併症 呼吸器合併症 循環器合併症 その他の合併症 痙攣の持続は全身にダメージ!
11.  次に「鑑別する」 実際には「止める」と並行して行う てんかん発作 or 非てんかん発作 脳由来 or 全身性疾患 どっちだ?
12. 診療の全体像 まとめ 呼吸状態 バイタルサイン 意識レベル 発作の性状 持続時間 その他の症状 評価 止める 鑑別 抗てんかん薬を使用 ( DZP, f-PHT, MDZなど ) 合併症を防ぐ ( 神経後遺症,呼吸停止, 横紋筋融解症など ) てんかん発作? 非てんかん発作? (急性症候性発作) 頭蓋内?頭蓋外?
13. 02.止める 薬剤の使い方
14. 抗てんかん薬 非専門医でも使う 抗てんかん薬を覚えよう!
15. ジアゼパム ※静脈確保が困難 →ミダゾラム筋注 ※血糖≦60mg/dL →チアミン+ブドウ糖 ホストフェニトイン  or フェノバルビタール  or ミダゾラム  and/or レベチラセタム ミダゾラム  or プロポフォール  or チオペンタール  or チアラミール Step1 Step2 Step3 非専門医が習熟すべきはココ! てんかん重積の治療アルゴリズム
16. セルシン! 再燃してきたな DZP→f-PHT後, 専門医を呼ぼう 深鎮静 ICU管理だ! 適切なタイミングで専門医へ onset 頓挫! セルシン! セルシン! セルシン! 長引く程,止まらない! ≧30分で後遺症の可能性 限界を知り,抱え込まない!
17. 専門医へ 「止める」のまとめ  ①ジアゼパム   (5mg , iv , 呼吸抑制に注意)  ②ホスフェニトイン   (ひとまず安全な量を投与→計算)  ③レベチラセタム   (便利だが,重積発作では保険適応外)  長引くほど,合併症が出現する  (≧30分持続で,神経後遺症の可能性あり)  限界を知り,抱え込まない  (推奨;DZP→fPHTまで投与した段階で,      専門医にコンサルト) 習熟すべき薬 など
18. 03.鑑別する けいれん ✕ てんかん
19. ことばの定義 けいれん(状態) 医師と関係なく筋力に力が入る状態 ▶中枢神経由来  ・けいれん発作  ・急性症候性発作 ▶末梢神経由来  ・顔面けいれん  ・こむら返り てんかん(疾患) 発作(症状)を繰り返す病気 ▶非けいれん性発作 ▶けいれん性発作 ・SE ・NCSE ※重積発作 5分以上持続する発作 ≠ 救急外来に運ばれてくる“けいれん” ・特発性てんかん ・症候性てんかん
20. 急性症候性発作 てんかんと決めつけない 原因疾患の治療が重要! 急性疾患と同時期に起こる発作のこと (けいれん発作として起こることが多い) 電解質異常(Na,Caなど) 血糖(低,高血糖) 尿毒症 低酸素脳症,肝性脳症 高血圧性脳症,子癇,PRES SLE,ミトコンドリア脳筋症 薬剤(BZ離脱など) アルコール 曝露(CO中毒など) 脳卒中 頭部外傷 頭蓋内手術後 中枢神経感染症 (脳炎,髄膜炎) 自己免疫性脳炎 急性散在性脳脊髄炎 多発性硬化症急性期 器質性 代謝性 中毒性 感染性 炎症性
21. 症候性てんかん 未指摘の場合は, 初診医が診断する必要はない アルツハイマー型認知症 加齢による萎縮 てんかん発作のうち 脳の“ 器質的要因 ”で起こるもの 脳梗塞,脳出血 髄膜炎,脳炎 変性 破壊・障害 傷ついた部位からの異常発火 (主に,高齢者の初発けいれん発作として発症)
22. 「鑑別する」のまとめ 定義を正確に把握し,原因を探る 急性症候性発作 急性疾患で発症 脳卒中,低Na,低血糖など てんかん 発作を繰り返す疾患 ※器質的原因がある →症候性てんかん
23. デキレジは“こう動く”
24. 流れを把握し,すばやく動く! 早期てんかん重積状態 5〜30分 確定したてんかん重積状態 30〜60分 難治てんかん重積状態 60分〜 気道の確保 全身状態 発作の正常 ①評価 ②止める ③鑑別 ◎問診  抗てんかん薬の内容  怠薬の有無  薬剤相互作用  身体/精神ストレス ◎検査  採血(感染症,電解質,血糖)  頭部CT(脳血管障害)     ±  頭部MRI,髄液検査(中枢感染症) DZP 5-10mg iv MDZ 10mg im f-PHT 750mg+Ns100ml/15分 MDZ 2mg/hで開始 LEV 500mg+Ns100ml/15分 ①状態を評価 ②発作を止めつつ, ③原因を調べる (急性症候性発作を除外) 抱え込まない 早い段階でバトンタッチ! ここからは 専門医に任せろ! MDZ PF     etc.   ※専門医が使うべき薬剤 使用時は添付文書を確認
25. デキレジに,なれましたか? デキレジ! 疾患に対する理解 診療の全体像 治療薬 間違っている 把握してない 正しい 把握している
26. Dr. やまてが運営するサイト「Non-Med」では, 医師のための ”Non-Medical” を,発信しています. 興味がある方はぜひ!  https://non-med.com We are DEKI-RESI! Non-Med Hospital