Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/3

壊死性軟部組織感染症まとめ

  • 感染症科

  • 初期研修医

  • 研修医
  • 感染症
  • 皮膚軟部組織感染症
  • 壊死性筋膜炎

2,003

37

2022/10/24
2022/10/24 更新

スライドの見どころ

壊死性軟部組織感染症の要点を簡潔にまとめました

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医/専門医

内容

感染症緊急疾患である壊死性軟部組織感染症についてまとめました。

要点整理にお役立てください。

新米ID

某地方救急病院


新米IDさんの他の投稿スライド

2022.11.25時点のCOVID治療薬と濃厚接触者の就業制限の考え方とワクチンまとめ

#COVID-19

1,222

518,719

最終更新:2022年11月25日

2022.1.11時点のCOVID治療について

#COVID #治療

83

18,260

最終更新:2022年1月12日

2022.6.18更新 細菌感染症の治療期間まとめ

#初期研修医向け #抗菌薬 #感染症 #治療期間 #適正使用

296

24,407

最終更新:2022年6月18日

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(300)

消化器内科(48)

循環器内科(69)

呼吸器内科(69)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(41)

腎臓内科(23)

アレ膠リウマチ内科(24)

脳神経内科(86)

総合診療科(112)

救急科(314)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(1)

乳腺外科(0)

整形外科(73)

脳神経外科(13)

泌尿器科(21)

形成外科(15)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(3)

小児科(37)

産婦人科(42)

精神科(57)

放射線科(44)

麻酔科(12)

緩和ケア科(20)

感染症科(173)

産業医(6)

初期研修医(258)

その他(260)


壊死性軟部組織感染症まとめ

  1. LRINEC score 皮膚・皮下組織の N Engl J Med 2017;377:2253-65. 内科緊急疾患 壊死性 軟部組織 感染症 のマネジメント 臨床所見・患者背景 CRP 特に重要な徴候として 発赤 腫脹 ① 局所所見に比べて痛みが異常に強い ② 皮膚が湿潤している ③ 進行が早い 非壊死性軟部組織感染症との鑑別点 頻脈 (HR>120) 低血圧 CK高値 CRP>15 LRINEC score>6 疼痛 原因菌 貫通性の外傷 C. perfringens, C. histolyticum, C. novyi 海水と接触 V. vulnificus 淡水と接触 A. hydrophila 陰部から波及 腸内細菌±嫌気性菌 非貫通性の外傷・微小な傷 S. pyogenes 糖尿病 腸内細菌±嫌気性菌 肝硬変 V. vulnificus, 大腸菌 好中球減少/大腸腫瘍 C. septicum 画像上ガス産生を示唆する所見がなくても 否定しない・否定できない 治 療 デブリドマン 原因菌に応じた 抗菌薬 WBC Hb Na Cr 血糖 <15 0 ≧15 4 <15000 0 15000-25000 1 >25000 2 >13.5 0 11-13.5 1 <11 2 ≧135 0 <135 2 ≦1.6 0 >1.6 2 ≦180 0 >180 1 壊死性 軟部組織 感染症 として対応

  2. Type 1 2 3 4 原因菌 複数菌 腸内細菌 緑膿菌 バクテロイデス 単一菌 β溶血性連鎖球菌 患者背景    糖尿病 免疫不全状態 末梢血管疾患 抗菌薬治療 ✓ PIPC/TAZ ✓ MEPM ✓ shockの場合GM or AMK併用 ✓ PCG+CLDM ✓ CLDM高耐性率の地域:PCG+LZD   健常者/若年者 NSAIDs頻用者 A. hydrophilia     糖尿病 肝硬変 免疫不全状態 淡水曝露 V. vulnificus  肝硬変  海水曝露 ✓ CAZ+DOXY クロストリジウム  外傷/術後 (C. perfringens)  消化管疾患/腫瘍 (C. septicum) ✓ PCG+CLDM ムコール  免疫不全状態 ✓ L-AMB ? カンジダ  糖尿病  好中球減少者  熱傷 ✓ L-AMB ? ✓ MCFG or CPFG ? 単一菌 黄色ブドウ球菌 補助治療 ➢ 免疫グロブリン ✓ MSSA:CEZ ✓ MRSA:VCM or DAP or LZD ✓ DOXY+CPFX or CFPM ➢ 高気圧酸素療法が 有用? https://doi.org/10.1016/S1473-3099(22)00583-7 http://dx.doi.org/10.1016/j.idc.2017.05.011

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.