表示順:
検索したタグ: 神経内科
検索結果  :32件

使いながら覚える実践的せん妄治療薬

実際に投薬しながら、せん妄治療薬をマスターするためのスライドです。患者さんからのフィードバックを受けながら、せん妄・BPSD治療を自分できるようになりましょう。

411029 360

片頭痛診療、はじめの一歩。

自分で片頭痛診療を始めるための、第1歩を踏み出すための学習スライドです。 ※本スライドは、Antaaオンライン配信で紹介した内容です。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。 https://qa.antaa.jp/stream/contents/37

102648 130

急性期脳梗塞 初期診療

急性期脳梗塞の初期診療において重要となるポイントを、t-PA静注療法や血管内治療などの再灌流療法、NIHSSやASPECTS、病型診断と抗血栓療法などに言及しながら、まとめました。

82326 80

ミニマム!運動障害の患者さんに出会ったら

「動きが悪い」というテーマについて、診断アプローチの整理とともに、診察についても学べるスライドです。運動障害を整理して理解し、整然と患者説明ができるようになることが目標です。

52305 55

子癇について、なお語るべきこと。

子癇はじめ、周産期の中枢神経系イベントについて説明します。まとまって勉強しにくい、ニッチ分野である子癇を、なるべくわかりやすく解説します。

52051 40

知っている人しか知らない NA問題

Neuralgic Amyotrohy (NA)は、誤診の多い疾患です。[肩の脱力]、[一側上肢の筋萎縮]の鑑別疾患。特徴的な臨床像/臨床経過であり、免疫療法が有効です。[知っている]ことが、とにかく大切な疾患です。NA診療の導入となるスライドです。

41740 29

NIHSSから始める神経診察

脳卒中の初期診療で用いるNIHSSを詳しく解説し、それに関連した神経診察の発展的な内容についても言及しています。神経診察に対する苦手意識をなくし、脳神経内科の魅力を少しでも感じてもらえればと思います。

28422 37

ERで遭遇する脳以外の神経疾患入門

脳についての評価は、脳卒中で比較的なじみはあるものです。しかしながら、脳以外の他の神経局在を認める神経疾患(脊髄・末梢神経など)については理解を深めることに難しさはあります。ERでの神経局在診断のレベルを上げるための入門スライドです。

22739 43

多職種のための認知症の診断と治療

今回は認知症の一般的なことについてまとめました! 日常診療において、認知症の患者さんを診療しない科はほとんど無いのではないでしょうか。今回は認知症診療を専門としない医師だけでは無く、認知症患者の方と接する医療者の方でも最低限知っておいて欲しい知識についてまとめております。 ぜひこのスライドで認知症診療を身近に感じ、明日からの診療に活かして頂ければと思います。

16218 34

頚動脈エコー 基礎から応用

頚動脈エコーに、慣れ親しんでもらうことを目的としたスライドです。頚動脈エコーは誰もが直ぐに始めることができ、技術的な修練と理論的な背景を学ぶことで、急性期脳卒中診療の大きな手助けとなります!

15332 22

デキレジは”こう動く” ー不穏・せん妄ー

「とりあえずサイレース®」やっちゃってないですか? 病棟管理で必ず遭遇する,不穏・せん妄.イマイチ対処法が分からないし,抗精神病薬ってなんだか使いづらい. せん妄について正しく理解し,”デキる病棟管理”を身につけましょう!

15118 17

デキレジは”こう動く” ーParkinson病ー

「変性疾患はとっつきづらい」と思っている人は多いかもしれません.しかしParkinson病はコモンな疾患で,救急外来・病棟で出くわす場面もあります.疾患像をおおまかに捉えて,非専門医としての「デキる」対応をしましょう.

5902 4

認知症診療について知ってほしいこと(市民向け講演)

認知症テーマの市民向け講演のスライドです。医療従事者でも役に立つ内容です。特に、抗認知症薬導入時の説明、病的認知症の説明をご参考にしてください。ケアサービスにつなげるためにも、医療機関での評価が重要であります。

4785 7

デキレジは”こう動く” ー細菌性髄膜炎ー

内科エマージェンシーの細菌性髄膜炎.教科書では読むけど,実際にどのように動けば良いのか分からない(汗).細菌性髄膜炎診療の考え方・動き方をマスターして,デキレジになりましょう!

702 4