1/39

山本 大介

山本 大介

湘南鎌倉総合病院

6201views

子癇はじめ、周産期の中枢神経系イベントについて説明します。まとまって勉強しにくい、ニッチ分野である子癇を、なるべくわかりやすく解説します。

子癇について、なお語るべきこと。

1. Department of Neurology, Seirei Hamamatsu General Hospital Daisuke Yamamoto About Eclampsia 子癇について、 なお語るべきこと。
2. Introduction 子癇(しかん)という言葉の定義の曖昧さが 理解しにくさの一因です。 妊娠中や産褥期に[けいれん]すると、子癇とされそうですが、 それは実際に起こっていることの[表層]を見ているのみです。 このスライドは、 周産期に起こる中枢神経系イベントについて 子癇の病態理解について MRI画像所見PRESについて 説明し、理解するためのスライドです。
3. まずは、 [けいれん]問題から。 [けいれん]は、Seizureで言い換えられます。 一方、[てんかん]は、Epilepsyで言い換えられます。 周産期に認める症候は、Seizureです。 周産期のSeizureは、[急性症候性発作]という言葉で説明するのが妥当で、[一過性の大脳皮質障害によって引き起こされるけいれん]です。 てんかんとは異なり、永続的な抗てんかん薬は通常、必要ありません。
4. -