まずはここから!脳梗塞の臨床病型診断入門

1/63

山本 大介

山本 大介

湘南鎌倉総合病院

7070views

脳梗塞の診断のための、入門知識です。このスライド内容を理解できると、病歴聴取のレベルが格段にUPします!

まずはここから!脳梗塞の臨床病型診断入門

1. Department of Neurology, Shonan Kamakura General Hospital Daisuke Yamamoto Diagnostic table for Brain infarctions まずはここから! 脳梗塞の臨床病型診断入門
2. Introduction このスライドは、脳梗塞の3大病型診断を行うための 診断ストラテジーを学ぶためのものです。 3大病型とは、 ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞、心原性脳塞栓症 です。 これら病型診断は、論理的に行うことができます。 病型そのものが病態を理解する上で重要です。 本スライドの内容を理解すると、 ポイントを押さえた病歴聴取、診察が可能になります。 古典的内容ですが、非常に重要なテーマです。
3. 病型分類診断ができると、治療が決まります。 例えば、脳梗塞の再発予防薬は、 ラクナ梗塞、アテローム血栓性脳梗塞 →抗血小板薬 心原性脳塞栓症  →抗凝固薬 となります。 そして、それぞれ初期治療のアプローチも当然異なります。 まずは病型分類を行うことが、 脳梗塞診療の第1歩になります。 初期評価・コンサルテーションにおいて ポイントを抑えた病歴聴取を 可能にするためのスライドです。
4. -