パーキンソン病治療薬の休薬の仕方

1/16

山本 大介

山本 大介

湘南鎌倉総合病院

8652views

パーキンソン病患者が、治療薬を内服できなくなった場合の対応方法についてのスライドです。具体的な方法について解説しています。

パーキンソン病治療薬の休薬の仕方

1. Daisuke Yamamoto Department of Neurology, Shonan Kamakura General Hospital parenteral administration of antiparkinsonian drugs パーキンソン病治療薬の 休薬の仕方
2. Introduction パーキンソン病(PD)は 1000人に1人、高齢では100人に1人の疾患です。 PD患者が急病で入院になる場合も多いです。 PD治療薬の中断は、悪性症候群のリスクになりえます。 入院疾患の治療を行いながら、 どのようにPD治療薬を休薬、再開するのか?は 重要なテーマです。 本スライドは、 神経内科専門医にコンサルテーションできない環境にある、 先生方のためのスライドです。
3. PDとは、端的にはドーパミンが足りなくなる病気である。 L-DOPA/DCIは、ドーパミンを補う薬そのものである。 その他薬剤もいろいろあるが、ここでは、L-DOPA/DCIが中核的治療薬 であることを理解する。 商品名: メネシット、パーキストン、ドパコール、ネオドパゾール、マドパー これら薬剤の有無と、投与量を確認しよう! PD治療薬の 最低限の基礎知識① →PDの中心的治療薬はL-DOPA/DCIである。
4. -