表示順:
検索したタグ: ER
検索結果  :18件

【初期研修医向け】ER(救急外来)/整形外科セミナー

初期研修医に向けて若手整形外科医がER(救急外来)での考え方をシェアした際に使用したスライドです。JATECについて学べるほか、レントゲンの見方にも触れています。初期研修医がBasicなことを学ぶには良いスライドです。

153867 242

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

32809 81

ERで遭遇する脳以外の神経疾患入門

脳についての評価は、脳卒中で比較的なじみはあるものです。しかしながら、脳以外の他の神経局在を認める神経疾患(脊髄・末梢神経など)については理解を深めることに難しさはあります。ERでの神経局在診断のレベルを上げるための入門スライドです。

26244 66

曳舟ER診断カンファレンス〜Back to the history〜

東京曳舟病院救急科では診断・身体診察に関する勉強会を行っています。 実際にERで出会った難診断症例や、New England Journal of MedicineのClinical Problem-Solvingなどの症例を元にカンファレンス形式で実施しています。 ERでの診断学に興味がある方はぜひご参照下さい。勉強会の参加もお待ちしております。 東京曳舟病院 救急科医長 藤原 翔 mail: fujiwarackn@gmail.com

23122 16

ERでのトラブル予防 〜心を乱さず、あたりまえのことをあたりまえに

<ERでのトラブル予防のためには?> 1. 自身が陥りやすいバイアスを知ろう! 2. Hi-Phy-Viを疎かにせず、検査前確率を意識して対応しよう! 3. 病状説明はこまめに適切に! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.3です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/3toNq0l ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

22551 32

デキレジは”こう動く” ー細菌性髄膜炎ー

内科エマージェンシーの細菌性髄膜炎.教科書では読むけど,実際にどのように動けば良いのか分からない(汗).細菌性髄膜炎診療の考え方・動き方をマスターして,デキレジになりましょう!

19336 72

臨床医のための法医学①臨床で遭遇する院外CPA,警察通報とその後

このスライドを作ったのは、大学で法医学をやりつつ非常勤で救急医をしている者です。救急車を受け入れていれば日々遭遇する院外CPA。蘇生できずに警察に引き渡したけれど、この後どうなるんだろう…?そう思ったことのある方、のぞいてみてください。 臨床医のための法医学 ①臨床で遭遇する院外CPA、警察通報とその後(本スライド) https://slide.antaa.jp/article/view/ae5c460dfd48481a ②死因究明と死体検案 https://slide.antaa.jp/article/view/63be89c89ef8413b ③いまさら聞けない死亡診断書の書き方 https://slide.antaa.jp/article/view/36d18ff6e3194c35

17548 48

臨床医のための法医学②死因究明と死体検案

院外CPAで搬送されてきた患者さん、警察に異状死として届けたら「一緒に検案してください」って言われた!そんなこと言われても、何を見て何を判断すればいいの?大学でも臨床研修でも教わらない死体検案、死後CTの読み方と共に解説します。 臨床医のための法医学 ①臨床で遭遇する院外CPA、警察通報とその後 https://slide.antaa.jp/article/view/ae5c460dfd48481a ②死因究明と死体検案(本スライド) https://slide.antaa.jp/article/view/63be89c89ef8413b ③いまさら聞けない死亡診断書の書き方 https://slide.antaa.jp/article/view/36d18ff6e3194c35

13053 25

デキレジは”こう動く” ーParkinson病ー

「変性疾患はとっつきづらい」と思っている人は多いかもしれません.しかしParkinson病はコモンな疾患で,救急外来・病棟で出くわす場面もあります.疾患像をおおまかに捉えて,非専門医としての「デキる」対応をしましょう.

11121 27

脳梗塞のみかたー急性期治療ー

「抗血栓薬ってどれを使えば良いの?」 抗血栓療法/脳保護療法/全身管理など,急性期治療のスタンダードを把握し,自信を持って治療しましょう.

5868 23