表示順:
検索したタグ: コミュニケーション
検索結果  :8件

よく出会うちょっと困った患者さんへの対応のコツ

Difficult Patient(DP)とはどのような患者さんなのでしょうか。つい担当医師が陰性感情を持ってしまうような患者さんが典型例です。 今回はDPの定義、要因を学んだあと、BATHEテクニックとCALMERアプローチという二つの対応の仕方を解説します。最後に典型例を提示し、その対応について解説します。

24901 51

病状説明 ハートとスキル

皆さんは普段、病状説明をどのように勉強していますか?先輩からは「見て盗め!」「センスだから!」と言われたかもしれません。でも実は、病状説明にも「考え方・組み立て方」があります! このスライドは、今年執筆した『病状説明 ケースで学ぶハートとスキル』のエッセンスをギュギュっとまとめた資料です。背中を見て学ぶことはもちろん大切ですが「何を見たらいいの?どう説明するの?」などよくある質問にお答えします! 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/52 また、書籍自体は実践編&理論編の2本立てで、「病状説明」をわかりやすく体系的に学べますので、併せてご参照ください(^^)

17985 16

医療機関・個人で実践できるLGBT支援【医療者のためのLGBT基礎講座②】

前回(https://slide.antaa.jp/article/view/f7c9c9285ae9479d)に続き、今回は医療機関・個人で実践できるLGBT支援についてまとめました。 ・LGBTの患者さんに対して、ご自身や自施設でできそうなことは何か? ・患者さんのセクシュアリティを決めつけない、適切な問診方法とは? ・アライ、カミングアウト、アウティングという言葉の意味とは? ・診療に影響するかもしれないクリニカルバイアスとは? 上記の事柄について、“明日からできる7つの推奨”とともに解説しています。 ※本スライドは、2021年1月31日のAntaaオンライン配信「明日から使える!医療者のためのLGBT基礎講座 第2回」の講義スライドです。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。 https://qa.antaa.jp/stream/contents/119

14043 8

ERでの効果的なコミュニケーション

ERでの効果的なコミュニケーションに関してまとめました。ERでのコミュニケーションの問題点や、死亡告知、チーム内でのコミュニケーションに関して書いています。

13080 27

【ICU奮闘編】救急医が本気で緩和ケアに取り組んでみた(救急×緩和ケア)

“全てをやってほしい”と言われたらどうしますか?―― ICUで患者さんが亡くなったときのご家族の反応は、大きく以下の2つに分けられるかと思います。 ・「こんなはずじゃなかった」「なんでこんなことに…」 ・「診てもらってよかった」「幸せだったと思う」 この差はどうして生まれるのでしょうか? この差を埋めるためには何をしたらよいのでしょうか? 本スライドでは「ICUでの緩和ケア」をテーマに、ICUにおける患者さん・ご家族とのコミュニケーションの考え方と実践を解説いたします。 <目次> ・ICUでの緩和ケアって? ・どこまで治療するの? ・どのように話せばよいの? ・「全部やって欲しい」と言われたら? ※本スライドは、2020年11月16日のAntaaオンライン配信「救急×緩和ケア 救急医が本気で緩和ケアに取り組んでみた〈ICU奮闘編〉〜全てをやってほしいと言われたらどうしますか?」で使用したスライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/87

12169 22

マスメディアとの付き合い方を考える〜COVID-19でのTV出演を経験して

メディアに出演する事には、プラスの側面もマイナスの側面もあります。 エビデンスの変化を短い時間で伝えるのは、難しい仕事かもしれません。 ただ、メディアが繋いでくれた素晴らしい人たちとの縁もありました。 僕のアドバイスが少しでも生きたら、と思います 「メディアに出る心得」(スライドより) ・強い心と鈍感力 ・サポートしてくれる仲間と理解者 ・世間と世界を俯瞰する「鳥の目」 ・強い信念と優しい心 ・反発を生まない正しい表現 2021年1月22日配信のAntaaNEWSで使用したスライドです。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。 https://qa.antaa.jp/stream/contents/122

6316 7

仕事の悩みで来院される患者さんへの対応【駅前クリニックの日常診療】

駅前メンタルクリニックに来院される患者さんの悩みで多いのは、次の4つです。 ・眠れない ・動悸・めまい ・仕事の悩み ・発達障害 本スライドでは、このうち「仕事の悩み」で来院される患者さんへの対応、治療の流れを解説しています。 ▼精神科医・益田裕介のメンタルクリニックTV(YouTube) https://youtu.be/pUmDelhm0PU 本スライドは、2020年12月2日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」で使用したスライドです。配信アーカイブは以下よりご覧いただけます。 https://qa.antaa.jp/stream/contents/108

1363 2