Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/18

感覚的に分かるγ計算(ガンマ計算)

  • 循環器内科

  • 救急科

  • 初期研修医

  • 集中治療
  • 循環器
  • 抗不整脈薬
  • カテコラミン
  • 薬剤
  • γ計算
  • ガンマ

62,208

325

2022/8/12

内容

スライドだけでは複雑に感じる部分もあるかと思いますので、動画でも説明も参考にしてみてください。

https://youtu.be/kdg2gQnsXLA

日常臨床においてγ計算(ガンマ)が必要な場面は多くあります。

特に集中治療室で使用する薬剤や循環器内科で使う薬剤ではγでの理解が必須です。

自分も研修医時代に点滴の組成と投与量をみてすぐに計算できない時期があり、

その際に自分なりに大原則を考えました。

4つの大原則に従うと頭の中だけで、γ計算できるようになりますので、

今までに悩んだことがある方は是非見て下さい。

ドクターくりつべ@Youtube

徳島赤十字病院


ドクターくりつべ@Youtubeさんの他の投稿スライド

利尿剤フロセミドの全て

#心不全 #循環器 #フロセミド #利尿剤

202

49,921

熱中症を極める!

#熱中症 #発熱 #新型コロナウイルス #横紋筋融解症 #熱射病 #高体温

94

22,289

心房細動でよくある間違いや注意点

#頻脈 #心房細動 #不整脈 #除細動 #ランジオロール #左心耳閉鎖術 #ベラパミル #カテーテル的焼却術

177

44,579




診療科ごとのスライド

内科(284)

消化器内科(48)

循環器内科(67)

呼吸器内科(63)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(40)

腎臓内科(20)

アレ膠リウマチ内科(21)

脳神経内科(82)

総合診療科(104)

救急科(300)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(0)

乳腺外科(0)

整形外科(65)

脳神経外科(12)

泌尿器科(19)

形成外科(14)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(35)

産婦人科(42)

精神科(54)

放射線科(44)

麻酔科(10)

緩和ケア科(19)

感染症科(166)

産業医(3)

初期研修医(237)

その他(259)


感覚的に分かるγ計算(ガンマ計算)

  1. 単純明快γ計算 (ガンマ) すぐに頭で計算できるようになる! ドクターくりつべ@Youtube

  2. あるある①:研修医質問時 薬剤の組成と投与量みて 『これ何ガンマ?』 (研修医) (ドクターくりつべ) すぐに分からないので 後で計算しておきます

  3. あるある②:添付文書・参考書をみると 1μg/kg/minで静脈内持続投与を開始する 心拍数、血圧を測定し1~10μg/kg/minの用量で適宜調節する (例)ランジオロール いろんな参考書を読んでも溶き方などは一定していない 1V = 50mgのランジオロール ① 1Vを生食50mに溶かす ② 3Vを生食20mに溶かす ③ 3Vを生食50mに溶かす   などなど

  4. 一度でも悩んだことのある方4つの大原則をわかれば  感覚的に計算できるようになります

  5. ガンマ γとは γ = μg/kg/min (患者の体重に応じた投与)

  6. ノルアドレナリン6ml/hですが 血圧が上がってきません (研修医) なぜ重要なのか!? 点滴の組成が分からないので どのくらい投与されているか分からない ➡︎γで言うべき!

  7.   ① 全員体重は50kgと思え   ② 3mg/ml溶液は最強の組成である   ③ あとは薬剤の濃度からγを考える   ④ そして見た目の体重からγを考える くりつべ大原則

  8.   ① 全員体重は50kgと思え ●ml/hで投与とは 1時間 ●ml投与 ⇒ 60分間 ●ml投与 つまり1分間に●/60ml/min投与 体重50kgとして体重換算すると 1kgあたり●/60×50ml/kg/min投与 = ●/3000ml/kg/min

  9. ② 3mg/ml溶液は最強の組成である  ★3mg/mlの濃度であれば ●/3000 ml/kg/min = 3●/3000 mg/kg/min = ●/1000 mg/kg/min = ●/ μg/kg/min 体重50kg、3mg/ml溶液では ● ml/hで投与 = ●γ投与 3mg/ml溶液を作るのが大事 (0.3%溶液)

  10. よくある間違い!決して200mg/200mlがいいわけではない! γ計算には不利!

  11. ③ 薬剤の濃度からγを考える もしも1mg/mlの溶液であれば 3mg/ml溶液の三分の一しか効かない  (※溶液が薄くなっている) つまり、(体重を50kgとすると) ● ml/hで投与すると、●/3 γの投与量 簡単

  12. ④ 見た目の体重からγを考える 体重100kgの人だと 体重50kgの人よりも効きにくい  (※太っている人は効きにくい) つまり、(濃度を3mg/ml溶液とすると) ● ml/hで投与すると、●/2 γの投与量 簡単

  13. 例題 体重75kg ドブタミン 1mg/ml溶液 18ml/hで投与したら 何γでしょう? ⇒ 18 ÷ 3 × 50/75 = 4γ 答え

  14. 例題 体重75kg ドブタミン 1mg/ml溶液 18ml/hで投与したら 何γでしょう? ⇒ 18 ÷ 3 × 50/75 = 4γ

  15. 自分でどう溶くか 1バイアル 50mgのジルチアゼムやランジオロールなら 3バイアル150mgを生食50mlに溶かすと良い!         (➡︎3mg/ml溶液になる) > こっちの方がわかりやすい

  16. ケチなあなたに (※病院の都合などで!!) 1V = 50mg の薬剤は多い (ジルチアム、ランジオロールなど) ★1Vを生食20mlに溶かすと   50mg/20ml ➡︎ 2.5mg/ml 最強である3mg/ml溶液に近いので 感覚的にだいたいのγを把握しやすい!

  17.   ① 全員体重は50kgと思え   ② 3mg/ml溶液は最強の組成である   ③ あとは薬剤の濃度からγを考える   ④ そして見た目の体重からγを考える くりつべ大原則 本日のまとめ

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.