医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

薬剤感受性試験の読み方(ID-Gym2020~感染症治療のイロハ~ vol.2) L001.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/39

関連するスライド

抗微生物薬のマネジメント ペニシリン~セフェム系前編

抗微生物薬のマネジメント ペニシリン~セフェム系前編

寺田教彦

15

15

薬剤感受性試験の読み方(ID-Gym2020~感染症治療のイロハ~ vol.2)

投稿者プロフィール
萩谷英大

岡山大学病院 総合内科・総合診療科

61,680

147

概要

MIC(Minimum Inhibitory Concentration:最小発育阻止濃度)は、菌の発育を阻止する抗菌薬の最小濃度です。

本スライドでは“感染症治療のイロハ”シリーズ第2弾として、このMICの決め方から感受性(susceptible)と耐性(resistant)の線引き、MIC値を評価する例外的状況まで、「薬剤感受性試験」をテーマに解説しています。

<Take Home Message>

・MIC値において、“The lower the better”は間違い

・別々の抗菌薬で、MIC値を比較してはいけない

・S(Susceptible:感受性あり)の抗菌薬が使える可能性のある抗菌薬である

・SはSでも、例外的にMIC値を評価するケースもある

▶本スライドは、Antaaのオンライン配信企画「ID-Gym2020~感染症治療のイロハ~」(全6回シリーズ)のvol.2「薬剤感受性検査とアンチバイオグラムの読み方」の内容です。

【このスライドの解説動画はこちら】

https://qa.antaa.jp/stream/contents/89

▶各回のスライドはこちらから

第1回 βラクタム薬の使い方

https://slide.antaa.jp/article/view/48cb58e097fa48e5

第2回 薬剤感受性試験の読み方(本スライド)

https://slide.antaa.jp/article/view/7783af4fd1a04cea

本スライドの対象者

研修医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

抗微生物薬のマネジメント ペニシリン~セフェム系前編

抗微生物薬のマネジメント ペニシリン~セフェム系前編

寺田教彦

寺田教彦

15

3,074

2024/5/11

感染症科医が喜ぶクリスマスプレゼント

感染症科医が喜ぶクリスマスプレゼント

高野哲史

高野哲史

17

10,588

2021/12/16

小児PALSアプローチ診断学/両親への声かけ/抗菌薬の使い方

小児PALSアプローチ診断学/両親への声かけ/抗菌薬の使い方

田中雄一郎

田中雄一郎

241

69,676

2017/10/20

β-ラクタム系抗菌薬 -カルバペネム系とその他のβ-ラクタム系薬-

β-ラクタム系抗菌薬 -カルバペネム系とその他のβ-ラクタム系薬-

高野哲史

高野哲史

114

17,410

2023/11/10


萩谷英大さんの他の投稿スライド

すべて見る


テキスト全文

  • #1.

    薬剤感受性試験の読み方

  • #2.

    【症例】65歳女性急性腎盂腎炎の診断で入院となった。入院時、セフェピム(マキシピーム)が投与されていたが、尿培養より感受性良好な大腸菌が検出された。治療経過が良好である場合の治療戦略を考えてください。 質問1.抗菌薬の変更は必要か? 質問2.抗菌薬変更が必要であれば、何を選択するか?(理由と共に) 質問

  • #3.

    MICとは? Minimum Inhibitory Concentration 最小発育阻止濃度

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter