医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン
突然の有症状外国人に対応できる無料通訳サービスまとめ L001.png

関連テーマから出会おう。

閲覧履歴からのおすすめ

Antaa Slide
東京2020オリパラと感染症

東京2020オリパラと感染症

的野多加志

続けて閲覧
医療従事者のためのCOVID-19検査まとめ

医療従事者のためのCOVID-19検査まとめ

山田悠史

続けて閲覧

1/11

関連するスライド

COVID-19の血液検査

COVID-19の血液検査

山田悠史

56

56

突然の有症状外国人に対応できる無料通訳サービスまとめ

投稿者プロフィール
大塚勇輝
Award 2020 受賞者

岡山大学病院

11,192

38

概要

あなたの勤務する医療機関にも日本語の通じない外国人がやってくるかもしれません。言語の壁に加えてCOVID-19流行下では隔離対応も必要になるため、従来の外国人診療で用いられてきたジェスチャーや表情、翻訳アプリなどが役にたたないかもしれません。

こうした状況で力を発揮するのが電話医療通訳サービスです。突然の患者にも定期契約なしで使用できる無料サービスについて、自身の経験を踏まえてまとめました。

本スライドの対象者

研修医/専攻医/専門医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

COVID-19の血液検査

COVID-19の血液検査

山田悠史

山田悠史

56

74,351

2020/8/18

新型コロナワクチン(ファイザー)説明用

新型コロナワクチン(ファイザー)説明用

守山祐樹

守山祐樹

19

6,661

2021/2/11

ウィズコロナ時代の感染対策 2024年2月版

ウィズコロナ時代の感染対策 2024年2月版

黒田浩一

黒田浩一

846

823,228

2024/2/16

蕁麻疹診療のまとめ【分類・評価から治療・自然経過まで】

蕁麻疹診療のまとめ【分類・評価から治療・自然経過まで】

小林聡史

小林聡史

158

91,795

2021/1/5


大塚勇輝さんの他の投稿スライド

すべて見る


テキスト全文

  • #1.

    突然の有症状外国人に対応できる無料通訳サービスまとめ 岡山大学病院 総合内科・総合診療科 作成:大塚 勇輝 監修:萩谷 英大(感染症専門医、岡山大学病院 国際診療支援センター) 発熱外来を担当するすべての医療者へ

  • #2.

    COVID-19流行下に想定されるシチュエーション 診療所に外国人患者さんが初診で来院とりあえずコロナ問診を行おうにも、日本語が全く通じない… 保健所からの指示で発熱外来に外国人が受診通訳が同伴してこなかったので検査への同意取得が出来ない… COVID-19確定例として外国人が勧告入院本人は病名すら理解しておらず、病状説明を希望している…(自験例)

  • #3.

    COVID-19流行下における外国人診療の特殊性 ×「主訴がよく分からないけど、とりあえずお話を聞いてみよう」→診察室に入る前にトリアージをする必要がある ×「ジェスチャーと片言の英語で時間をかければ意思疎通できる」→PPEを装着すると表情や発音が伝わりにくい・診察時間も短時間 ×「とりあえず平日に大きな病院に出直してもらおう」→万が一を考えると感染対策のためその場で迅速な判断が必要

  • #4.

    スマホの翻訳アプリ Antaa Slide「医療者のための、英語で困った時に役立つツール8選」より引用 Google翻訳 Voice tra 等々 まず使いたくなるのがこうした機械翻訳アプリですが、 ×内容が複雑になると通じない ×患者と医療者が同じ空間に居ないと使えない ×隔離ゾーンには持ち込みにくい、ビニール袋に入れると集音しない

  • #5.

    発熱などの症状がある外国人患者と・・・ 直接接触をせずに・・・ 出来るなら申込みや課金不要で・・・ 人による医療通訳をしてほしい!!

  • #6.

    1.厚生労働省 新コロ対応 遠隔翻訳サービス 【対象機関】帰国者・接触者外来、発熱患者の検査やCOVID-19入院受入れをする医療機関、等 【対応言語】英、中、韓、仏、スペイン、ポルトガル、ベトナム語 【利用時間】24時間対応 【特徴】COVID-19疑い or 確定例のみ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/newpage_00006.html

  • #7.

    2.日本医師会員向け医療通訳サービス 【対象機関】開設者・管理者が日本医師会のA1会員である医療機関 【対応言語】英、中、韓、スペイン、ポルトガル、ベトナム、タイ、露、タガログ、仏、ヒンディー、モンゴル、ネパール、インドネシア、ペルシャ、ミャンマー、広東語 【利用時間】電話通訳は8:30~24:00、 20回/年まで。事前に利用登録が必要。 【特徴】通訳大手のメディホン(株)が提供 https://mediphone.jp/forms/jma.html

  • #8.

    3.AMDA通訳ライン 【対象機関】制限なし 【対応言語】英、中、韓、タイ、スペイン、ポルトガル(日によって異なる) 【利用時間】平日10時~15時(応相談) 【特徴】3者通話は難しそう https://www.amdamedicalcenter.com/amdainterpretermed

  • #9.

    電話通訳を使用する時の注意点(自分の経験から) 言語の流暢さは、当たった翻訳者の能力次第になる 単語に分けるよりも、1~2文まとめて伝えたほうがスムーズ 同じ問診内容を行うのに、通常の電話問診の3倍程度は時間を要する 医療者の伝えたいことより、患者の訴えが主になってしまうことあり サービス使用中は、電話回線が占拠されてしまう ☎

  • #10.

    翻訳対象外の言語だった時 仕方なく有料サービスを使用する月極め契約料なしで利用できるのは厚労省「希少言語に対応した遠隔通訳サービス」https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000640046.pdf 各国大使館、在邦人会等に電話して協力依頼する 全国にある「外国人患者受入れ医療機関」に相談http://jmip.jme.or.jp/search.phpにて検索可

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter