突然の有症状外国人に対応できる無料通訳サービスまとめ

使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/10

シェア

大塚 勇輝

岡山大学病院

5136 page views

あなたの勤務する医療機関にも日本語の通じない外国人がやってくるかもしれません。言語の壁に加えてCOVID-19流行下では隔離対応も必要になるため、従来の外国人診療で用いられてきたジェスチャーや表情、翻訳アプリなどが役にたたないかもしれません。
こうした状況で力を発揮するのが電話医療通訳サービスです。突然の患者にも定期契約なしで使用できる無料サービスについて、自身の経験を踏まえてまとめました。

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

28057 15

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

288215 133

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

16619 39

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(7/24)】 わかりにくい表現を何箇所か修正しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc) * タコでもわかる静注抗菌薬の話 2021年版 これ * カメでもわかるCRPの話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b#46) ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。

418308 203

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

61027 33

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

18740 49
もっと見る

突然の有症状外国人に対応できる無料通訳サービスまとめ

1. 突然の有症状外国人に対応できる無料通訳サービスまとめ 岡山大学病院 総合内科・総合診療科 作成:大塚 勇輝 監修:萩谷 英大(感染症専門医、岡山大学病院 国際診療支援センター) 発熱外来を担当するすべての医療者へ
2. COVID-19流行下に想定されるシチュエーション 診療所に外国人患者さんが初診で来院とりあえずコロナ問診を行おうにも、日本語が全く通じない… 保健所からの指示で発熱外来に外国人が受診通訳が同伴してこなかったので検査への同意取得が出来ない… COVID-19確定例として外国人が勧告入院本人は病名すら理解しておらず、病状説明を希望している…(自験例)
3. COVID-19流行下における外国人診療の特殊性 ×「主訴がよく分からないけど、とりあえずお話を聞いてみよう」→診察室に入る前にトリアージをする必要がある ×「ジェスチャーと片言の英語で時間をかければ意思疎通できる」→PPEを装着すると表情や発音が伝わりにくい・診察時間も短時間 ×「とりあえず平日に大きな病院に出直してもらおう」→万が一を考えると感染対策のためその場で迅速な判断が必要
4. スマホの翻訳アプリ Antaa Slide「医療者のための、英語で困った時に役立つツール8選」より引用 Google翻訳 Voice tra 等々 まず使いたくなるのがこうした機械翻訳アプリですが、 ×内容が複雑になると通じない ×患者と医療者が同じ空間に居ないと使えない ×隔離ゾーンには持ち込みにくい、ビニール袋に入れると集音しない
5. 発熱などの症状がある外国人患者と・・・ 直接接触をせずに・・・ 出来るなら申込みや課金不要で・・・ 人による医療通訳をしてほしい!!
6. 1.厚生労働省 新コロ対応 遠隔翻訳サービス 【対象機関】帰国者・接触者外来、発熱患者の検査やCOVID-19入院受入れをする医療機関、等 【対応言語】英、中、韓、仏、スペイン、ポルトガル、ベトナム語 【利用時間】24時間対応 【特徴】COVID-19疑い or 確定例のみ https://www.mhlw.go.jp/stf/seisakunitsuite/bunya/kenkou_iryou/iryou/newpage_00006.html
7. 2.日本医師会員向け医療通訳サービス 【対象機関】開設者・管理者が日本医師会のA1会員である医療機関 【対応言語】英、中、韓、スペイン、ポルトガル、ベトナム、タイ、露、タガログ、仏、ヒンディー、モンゴル、ネパール、インドネシア、ペルシャ、ミャンマー、広東語 【利用時間】電話通訳は8:30~24:00、 20回/年まで。事前に利用登録が必要。 【特徴】通訳大手のメディホン(株)が提供 https://mediphone.jp/forms/jma.html
8. 3.AMDA通訳ライン 【対象機関】制限なし 【対応言語】英、中、韓、タイ、スペイン、ポルトガル(日によって異なる) 【利用時間】平日10時~15時(応相談) 【特徴】3者通話は難しそう https://www.amdamedicalcenter.com/amdainterpretermed
9. 電話通訳を使用する時の注意点(自分の経験から) 言語の流暢さは、当たった翻訳者の能力次第になる 単語に分けるよりも、1~2文まとめて伝えたほうがスムーズ 同じ問診内容を行うのに、通常の電話問診の3倍程度は時間を要する 医療者の伝えたいことより、患者の訴えが主になってしまうことあり サービス使用中は、電話回線が占拠されてしまう ☎
10. 翻訳対象外の言語だった時 仕方なく有料サービスを使用する月極め契約料なしで利用できるのは厚労省「希少言語に対応した遠隔通訳サービス」https://www.mhlw.go.jp/content/10800000/000640046.pdf 各国大使館、在邦人会等に電話して協力依頼する 全国にある「外国人患者受入れ医療機関」に相談http://jmip.jme.or.jp/search.phpにて検索可