パニック発作

使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/21

シェア

石上 雄一郎

麻生飯塚病院 連携医療緩和ケア科

12129 page views

救急外来ではパニック発作はそれなりに遭遇頻度が高い病態ですので肝を押さえましょう。

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

28057 15

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

288215 133

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

16619 39

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(7/24)】 わかりにくい表現を何箇所か修正しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc) * タコでもわかる静注抗菌薬の話 2021年版 これ * カメでもわかるCRPの話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b#46) ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。

418349 203

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

61027 33

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

18740 49
もっと見る

パニック発作

1. パニック発作 麻生飯塚病院 連携医療緩和ケア科(救急専門医) 石上 雄一郎
2. パニック発作とは?
3. パニック発作 パニック障害 過換気症候群
4. パニック発作の定義(DSM5) ①動悸 ②胸痛・胸部不快感 ③発汗 ④息苦しさ ⑤窒息感などの呼吸器症状 ⑥めまい ⑦しびれ ⑧嘔気・腹部不快などの消化器症状 ⑨冷感・熱感 ⑪死んでしまうのではないか ⑫気がへんになってしまうのではないか ⑬現実感の消失 他のはっきり区別される 強烈な恐怖感や不快感が ある期間で 次の13の身体的・精神 的症状のうち少なくとも 4つ以上が存在し その発作は急激に始まり 大抵10分以内に頂点に 達する。 30分程度で自然軽快す る。
5. パニック発作の定義(DSM5) ①動悸 ②胸痛・胸部不快感 ③発汗 ④息苦しさ ⑤窒息感などの呼吸器症状 ⑥めまい ⑦しびれ 循環器? 自律神経の嵐 呼吸器? (身体症状) 神経? ⑧嘔気・腹部不快などの消化器症状 ⑨冷感・熱感 ⑪死んでしまうのではないか ⑫気がへんになってしまうのではないか ⑬現実感の消失 + 精神症状
6. パニック発作は不安症(anxiety disorder) によく見られる(with panic attack) パニック障害 限局性恐怖症 分離不安症 社交不安症 全般不安症 広場恐怖症 きっかけなく 親と離れて不安で 高所で 人前で緊張して 電車や人混みで PTSD 過去を思い出して
7. パニック発作の定義(DSM5) ①予期しないパニック発作:青天の霹靂 状況誘発因子がない ②状況依存性パニック発作:状況や誘発因子に曝露直後 パニック障害よりは社交不安障害,特定の恐怖症,PTSDに見られる Ex 結婚式のスピーチ 鳩がバサバサ ③状況準備性パニック発作:①と②の中間 特定の状況で起こりや すいが必ずではない。パニック障害に見られる。パニック発作が 起こった状況(Ex電車の中,渋滞中,人混みなど)で緊張しておこる
8. パニック発作の鑑別 しばらくして軽快するはず 数時間続くものは パニック発作ではない!
9. パニック発作の鑑別 まずは身体疾患の除外! パニック発作の 診断基準を満たす 身体疾患も存在する
10. パニック発作 身体疾患 薬剤性 精神疾患 予期不安 回避行動 パニック障害 不整脈/心筋梗塞 喘息/心不全 甲状腺機能亢進症 褐色細胞腫 カフェイン 脱法ドラッグ 高容量ステロイド 統合失調症 うつ病 双極性障害 不安障害 パーソナリティ障害
11. パニック障害とは 繰り返すパニック発作 予期不安 回避行動
12. パニック障害の説明 不安や恐怖に対する脳の誤作動であり 本人の性格や気のせいではない パニック発作で死ぬことは決してない(保証) 薬物療法が効果的であり精神療法も有効 内科外科で出会う精神疾患 p139
13. パニック障害の治療 定時薬 SSRIが基本(BZDなら長期型) セルトラリン(ジェイゾロフト®)25mg 1T/1 眠前 ロフラゼプ酸エチル(メイラックス®)1mg 1T/1 眠前 不安時(発作時)頓服薬 アルプラゾラム(ソラナックス®コンスタン®)0.4mg 1T ロラゼパム(ワイパックス®)0.5mg 1T 不安が強ければ・・ クロナゼパム(ランドセン®リボトリール®)0.5mg1T (デパス®は作用時間短いため推奨されない) 内科外科で出会う精神疾患 p139
14. Case 24歳女性 主訴 呼吸困難 病歴 彼氏と喧嘩をした後トイレに入っ た。トイレから出てこず見に行くと吐きま くって息苦しそうにしているため救急要 請。 BP120/80 HR 120 RR 28 SpO2 100
15. 過換気症候群とは 定義:統一された見解はない。 呼吸困難感+頻呼吸+不安の状態を指す。 トリガー:不安感・吐き気・発熱など 心理的要因が原因と考えられている 動脈血液ガスでPaCO2<35Torr pH>7.45 過換気後の無呼吸に注意(病態生理は不明) ペーパーバッグ法は推奨されない 過換気症候群とパニック発作は overlapするが同義ではない
16. アスピリン中毒 (サリチル酸中毒)
17. 過換気のピットフォール 希死念慮ありアスピリンを大量内服し、中毒によ り嘔吐を繰り返し、頻呼吸になっていた。 医師は喧嘩した後で過換気になったとアンダート リアージをした。 本人は話すことができず、過呼吸と診断されたた め待っている間に徐々に低酸素血症となった。 過換気のillness scriptとずれた場合は身体疾患 の頻呼吸を疑う必要がある。
18. アスピリン中毒 (サリチル酸中毒) 古典的3徴候:耳鳴り, 嘔吐, 過換気 診断:サリチル酸血中濃度提出 治療:メイロン投与(100mEq) 尿のアルカリ化 MDAC(繰り返し活性炭投与適応) 血液透析の適応
19. 過換気症候群の鑑別 頻呼吸の疾患を見逃さない! DKA 肺塞栓 アスピリン中毒 神経筋疾患:Guillan-Barreなど 敗血症・呼吸不全・痛みが強い疾患
20. Take Home Message パニック発作 パニック障害 過換気症候群 パニック発作の定義 4/13の症状が10分以内にピーク 身体疾患を除外せよ
21. ERでは特にパニック発作 をしっかり勉強する。 精神疾患をコンスタント に診れるようになると 診療の幅が広がる