アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール

もう迷わない!ピロリ菌の検査と除菌 コンサルテーションシリーズ

使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/11

シェア
くるとん @消化器内科

2021/12/19

4631 page views

ピロリ菌検査と除菌でまよったことありませんか?

◎目次
・ピロリ菌(H.pylori )とは
・H.pylori 感染の検査は?
・尿素呼気試験
・H.pylori 除菌療法は?
・H.pylori 除菌の注意事項は?
・H.pylori 除菌判定は?
・除菌による胃癌発生の抑制効果
・H.pylori 感染の診断/治療のフローチャート

◎コンサルテーションシリーズ
「HCV抗体陽性と言われたら?」
https://slide.antaa.jp/article/view/adb8bf8088b14589
「アミラーゼが高いと言われたら?」
https://slide.antaa.jp/article/view/fabc902e36bb4232

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40626 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

169845 61

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

7564 42

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

25433 46

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4762 12

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10287 41

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6063 33
もっと見る

もう迷わない!ピロリ菌の検査と除菌 コンサルテーションシリーズ

1. コンサルテーションシリーズ もう迷わない!ピロリ菌の検査と除菌 くるとん@消化器内科 twitter:@Dr_Claude_Japan
2. ピロリ菌(H.pylori )とは ü 1983年にWarrenとMarshallが発見した,胃の粘膜に感染する 約4μm長のらせん状のグラム陰性桿菌である. ü H.pylori 感染は胃癌のリスクであることが知られている. ü 胃・十二指腸潰瘍,胃MALTリンパ腫の併発を引き起こし, 胃過形成性ポリープ,特発性血小板減少性紫斑病との関 連性も指摘されている.
3. H.pylori 感染の検査は? 内視鏡による生検組織を必要とする検査法 侵襲的で生検部位 の感染を反映 ①迅速ウレアーゼ試験, ②鏡検法, ③培養法 内視鏡による生検組織を必要としない検査法 非侵襲的で胃全体 の感染を反映 ①尿素呼気試験, ②抗H.pylori 抗体(血清or尿中), ③便中H.pylori 抗体 検査前に上部消化管内視鏡検査で萎縮性胃炎,胃潰瘍, 十二指腸潰瘍などの診断が必要である.
4. H.pylori 感染の検査は? 検査法 感度(%) 特異度(%) 尿素呼気試験 血清抗体測定 尿中抗体測定 便中抗原測定 97.7-100 88-100 85-96 96-100 97.9-100 50-100 79-90 97-100 非侵襲的,感度,特異度の面で尿素呼気試験,便中抗原測定が第一選択! 偽陰性となる場合もあり,必要に応じて複数の検査法を組み合わせる.
5. 尿素呼気試験 尿素呼気試験の手順 ①検査薬の服用前に,呼気採取バッグに呼気を採取する. ②検査薬(ユービット錠)1錠を水100mlで服用する. ③5分間,左側臥位とする. ④15分座位とする. ⑤別の呼気バッグに再度呼気を採取する. 検査前日の21時以降の食事は禁止で当日は絶食.
6. H.pylori 除菌療法は? プロトンポンプ阻害薬(PPI)もしくはボノプラザン(P-CAB)+ アモキシシリン(AMPC)+クラリスロマイシン(CAM)もしくは メトロニダゾール(MNZ)の3種類の薬剤を7日間投与する. ü 一次除菌には,ボノプラザンを用いたボノサップパック (P-CAB20mg+AMPC750mg+CAM200mg 1日2回 7日間) が最も用いられており, 除菌成功率は92.6%である. ü 二次除菌には,CAMをMNZに変更したボノピオンパック (P-CAB20mg+AMPC750mg+MNZ250mg 1日2回 7日間) が最も用いられており,除菌成功率は98.0%である.
7. H.pylori 除菌の注意事項は? ü 副作用として, 下痢,軟便(約10-20%),また味覚異常,舌炎,口内炎 (5-15%),皮疹(2-5%)などの報告がある. ü 喫煙は除菌率を低下させる報告があり,除菌治療中の禁煙が必要. ü MNZの服用中,腹痛,嘔吐が出現する場合があり,禁酒が必要. ü ペニシリンアレルギー患者には下記レジメンが推奨される. PPI/P-CAB+CAM200mg/400mg+MNZ250mg1日2回 7日間 ü 三次除菌以降は保険適応外であり,自費治療(約4-5万円)となる.
8. H.pylori 除菌判定は? ü 除菌判定には尿素呼気試験および便中抗原測定が有用 であるが,尿素呼気試験が用いられる機会が多い. ü 抗菌薬,PPI/P-CABはH.pylori に対する静菌作用を有し, 偽陰性となる場合があり,除菌判定前2週間は中止が必要. ü 偽陰性となる場合があり,除菌治療後4週以降に行う.
9. 除菌による胃癌発生の抑制効果 ü H.pylori 未感染者に比べた現感染者の胃癌リスクは15倍 以上とされている. ü 除菌によりその後の胃癌の発生を約3分の1に抑制するこ とが出来るとの報告がある. ü 一方で,除菌後にも一定の確率で胃癌が発見される. =除菌後(発見)胃癌のリスクがある. 少なくとも,年1回の内視鏡による経過観察が必要である.
10. H.pylori 感染の診断/治療のフローチャート 上部消化管内視鏡検査 感染診断 H.pylori 陽性 H.pylori 陰性 一次除菌(7日間) 他のH.pylori 検査を検討 陰性 自然消退 除菌判定 陽性 二次除菌(7日間) 陰性 除菌成功 自然消退でも, 年1回の内視鏡検査は必要!
11. まとめ üH.pylori の感染,除菌判定には尿素呼気試験の信頼度 が高い. ü抗菌薬,PPI/P-CABは尿素呼気試験前に2週間の休薬 が必要 ü除菌後胃癌のリスクはあり,除菌後も定期的な内視鏡 でのフォローが必要である. 参考文献 H.pylori 感染の診断と治療のガイドライン,2016