Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール


1/10

HCV抗体陽性と言われたら? コンサルテーションシリーズ

  • 内科

  • 消化器内科

  • コンサルテーション
  • C型肝炎
  • HCV
  • DAA
  • HCV抗体検査
  • 消化器内科
  • マヴィレット

5,869

64

2021/12/9
くるとん @消化器内科

総合病院

C型肝炎ウイルス(HCV)とは?

C型肝炎の診断、検査、治療やDAA(Direct Acting Antiviral)(直接作用型抗ウイルス薬) の種類と特徴、治療の実際とその後のフォローについてまとめました。

◎HCV抗体陽性は放置せずにコンサルトしよう!

◎C型肝炎は内服薬で短期間で治療できる!

◎治療終了後も定期的なフォローアップを行おう!


くるとん @消化器内科さんの他の投稿スライド

血便です!アプローチは?コンサルテーションシリーズ

#血便 #消化器内科 #下部消化管出血

74

7,846

基本から学ぼう!B型肝炎の治療

#HBV #B型肝炎 #de novo B型肝炎 #インターフェロン #バラクルード #核酸アナログ

65

8,261

放置しない!便秘の基本を学ぼう

#腹痛 #消化器内科 #便秘症 #アミティーザ #リンゼス #センノシド #ピコスルファート #ラクツロース #モビコール

252

50,695

もっと見る




診療科ごとのスライド

内科(246)

消化器内科(44)

循環器内科(57)

呼吸器内科(62)

血液内科(22)

糖尿病内分泌代謝内科(37)

腎臓内科(16)

アレ膠リウマチ内科(19)

脳神経内科(72)

総合診療科(88)

外科(27)

救急科(269)

整形外科(65)

脳外科(12)

泌尿器科(17)

形成外科(11)

皮膚科(20)

眼科(11)

耳鼻科(10)

歯科口腔外科(7)

リハ科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(27)

産婦人科(38)

精神科(52)

放射線科(42)

麻酔科(8)

緩和ケア科(18)

感染症科(158)

産業医(1)

初期研修医(188)

その他(250)


HCV抗体陽性と言われたら? コンサルテーションシリーズ

  1. コンサルテーションシリーズ HCV抗体陽性と言われたら? くるとん@消化器内科 twitter:@Dr_Claude_Japan

  2. C型肝炎ウイルス(HCV)とは ü 血液・体液を介して感染する. ü 約30%はウイルスの自然排除が見られるが,約70%で は持続感染,慢性肝炎へと移行する. ü 6種類の遺伝子(genotype1-6)と多数の亜型がある. ü 肝臓がんの約65%はC型肝炎が原因である. C型肝炎治療ガイドライン,2020より C型肝炎の正しい診断・治療=肝臓がんの撲滅に繋がる!!

  3. C型肝炎の診断 抗体の有無を調べる HCV抗体検査 陰性 年1回はフォローを!! 陽性 ウイルスの遺伝子を調べる HCV-RNA検査 陽性 C型肝炎に感染している 感染していない 陰性 感染していない 放置せず 消化器内科にコンサルト!

  4. C型肝炎の検査 ① 肝炎の進行度の評価 慢性肝炎or肝硬変でC型肝炎の治療内容(期間,薬剤)が異なる. 超音波エラストグラフィで非侵襲的に肝臓の硬度を測定する. 肝線維化 F0/1 F2 F3 F4(肝硬変) 血小板数 15-18万 13-15万 10-13万 〜10万 日常診療では血小板数 でも評価可能!

  5. C型肝炎の検査 ② genotype検査 (genotypeは6つに分類される) genotypeでC型肝炎の治療内容(期間)が異なる. 日本ではgenotype1bが70%を占め,3-6はほとんど存在しない. genotype検査は保険未収載で,HCVのserotypeが利用されている. serotype 1グループ 2グループ genotype 1a/1b 2a/2b

  6. C型肝炎の治療 長らく,インターフェロンが用いられてきたが副作用の問題あり. 2011年DAA(Direct Acting Antiviral)(直接作用型抗ウイルス薬) 登場 内服薬だけで治療可能となった! すべての慢性肝炎,肝硬変が治療対象! ウイルス排除(SVR)率はほぼ100%で,治療期間は最短8週間. 併用禁忌薬や薬剤耐性例は存在するが,副作用は一般的に軽い.

  7. DAAの種類と特徴 薬品名 阻害領域 SVR率 期間 特徴・注意点 ソバルディ® (SOF) NS5B 97% 12W 高度腎機能障害は禁忌 ハーボニー® (LDV/SOF) NS5A/NS5B 100% 12W 当初,最も使用されたDAA 高度腎機能障害は禁忌 エレルサ+グラジナ® (EBR+GZR) NS5A+NS3 95% 12W 透析症例使用可能 併用禁忌薬が多い マヴィレット® (GLE/PIB) NS5A/NS3 8W:99% 12W:100% 8-12W 全てのgenotypeに 使用可能 エプクルーサ® (VEL/SOF) NS5A/NS5B 12W:92% 24W:97% 12-24W 唯一,非代償性肝硬変に 投与可 慢性肝炎および代償性肝硬変にはマヴィレットが第一選択薬!

  8. 治療の実際 慢性肝炎,代償性肝硬変 マヴィレットの場合,1日1回3錠 genotypeが1型または2型 いいえ 慢性肝炎 いいえ 8週間服用 12週間服用 治療前に肝臓がんが ないことは確認必須! 非代償性肝硬変 エプクルーサ配合錠のみで12週投与 ※重度の腎機能障害(eGFR<30),透析患者は禁忌

  9. C型肝炎の治療後のフォロー ü 治療後のC型肝炎SVR例におけるHCV-RNAの陰性化は 通常持続的である. ü SVR後に肝細胞がんの発生リスクは有意に低下するが 完全には消失しない. ü SVR後の5年・10年発癌率は,2.3-8.8%,3.1-11.1%と報告あり. C型肝炎治療ガイドライン,2020より SVR後も定期的なフォローアップは必要! 画像検査は3-6ヶ月毎を目安に行う.

  10. まとめ üHCV抗体陽性は放置せずにコンサルトしよう! üC型肝炎は内服薬で短期間で治療できる! ü治療終了後も定期的なフォローアップを行おう!

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.