Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

以下のボタンからこのスライドの共有や保存が出来ます

最初のページへこの投稿者のスライド一覧へスライドについて学んでみる

G-MoreJournal Club

1/16

過敏性腸症候群に対するRifaximinの効果

  • 消化器内科

  • 総合診療
  • 消化器内科
  • 過敏性腸症候群
  • 抄読会
  • G-More Project
  • 佐賀大学総合診療部

7,127

4

更新

シェア

ツイート

G-MoreJournal Club

佐賀大学

内容

N Engl J Med 2011; 364:22-32

本スライドの対象者

研修医/専攻医

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

内容

N Engl J Med 2011; 364:22-32

本スライドの対象者

研修医/専攻医

G-MoreJournal Clubさんの他の投稿スライド

ショック状態の重症人工呼吸器患者における急性腸管虚血の関連因子:NUTRIREA2 trialの事後解析

#総合診療 #栄養 #集中治療 #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部 #GMore

23

21,451

最終更新:2022年5月10日

せん妄に対するハロペリドールやジプラシドンの効果について

#総合診療 #せん妄 #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部 #GMore

23

10,359

最終更新:2022年5月31日

高齢者の降圧目標

#総合診療 #高血圧 #高齢者 #NEJM #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部

25

11,103

最終更新:2022年5月10日

もっと見る

関連するスライド



診療科ごとのスライド

内科(323)

消化器内科(50)

循環器内科(72)

呼吸器内科(76)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(45)

腎臓内科(28)

アレ膠リウマチ内科(27)

脳神経内科(90)

総合診療科(124)

救急科(329)

外科(31)

消化器外科(2)

呼吸器外科(3)

乳腺外科(0)

整形外科(77)

脳神経外科(14)

泌尿器科(21)

形成外科(18)

皮膚科(24)

眼科(18)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(4)

小児科(43)

産婦人科(46)

精神科(60)

放射線科(46)

麻酔科(12)

緩和ケア科(22)

感染症科(181)

産業医(8)

初期研修医(298)

その他(279)


過敏性腸症候群に対するRifaximinの効果

  • 1.

    Rifaximin Therapy for Patients with Irritable Bowel Syndrome without Constipation The New England Journal of Medicine, 2011.1 平川優香 2022.4.18

  • 2.

    過敏性腸症候群 機能性胃腸障害であり、治療は食事療法やライフスタイル変更、食物繊維の補給、心理療法、薬物療法などで、反応しないことも多く経験する。 信頼できるマーカーは特定されていないため、効果は通常患者の症状の有無で評価される。 腸内細菌叢に変化がある可能性があり。ネオマイシンの有効性の報告もあるがわずかで、副作用による薬剤使用制限もあり。今回腸を標的とし細菌耐性のリスクが低いリファキシミンの2週間の治療での症状緩和について調査が行われた。

  • 3.

    方法 二重盲検無作為化比較試験(TARGET1,TARGET2) 米国(1217名)およびカナダ(43名)の179施設のいずれかにて無作為化。 2008年6月~2009年8月にかけて、両試験は並行して実施。 P:便秘のないIBS患者 E:リファキシミン550㎎を2週間内服 C:プラセボの内服 O:primary:全体的なIBS症状が緩和した割合   secondary:IBS関連の腹満感       (IBS症状、腹満感、腹痛および不快感の緩和)

  • 4.

    方法 研究 デザイン

  • 5.

    方法 18歳以上で過去2年以内に大腸内視鏡検査をうけIBSと診断されている。(ローマ2診断基準) ・腹痛および腹部膨満感の1日の平均量をリッカートスコアリングシステム(0全くない~6とても強い)で2-4.5/7、便の性状(1非常に硬い,2硬い,3塊状,4緩い,5水様)の3.5以上のIBS患者。 ・除外; 便秘型IBS、炎症性腸疾患、糖尿病、コントロール不良の甲状腺疾患、腹部手術の既往(胆摘、虫垂以外)、HIV、腎疾患・肝疾患の病歴、薬剤服薬中(アロセトロン、テガセロド、ルビプロストン、ワルファリン、抗精神病薬、鎮痙薬、止瀉薬、プロバイオティクス、麻薬)

  • 6.

    方法

  • 7.

    ・ベースの集団の特徴 人種は自己申告 症状がどの程度煩わしいか 0-6のスケールで点数化 1は非常に硬い、2は硬い、 3は塊が形成されている 4はゆるい、5は水っぽい。

  • 8.

    結果

  • 9.

    結果   ・2週間ごとの期間のうち、少なくとも  1週間は症状が緩和されたと自己申告し   たものを十分な症状の緩和と定義 ・症状緩和が持続していることを示している

  • 10.

    結果   有害事象はリファキシミン群の方が、プラセボ群より低かった。

  • 11.

    Discussion リファキシミンの短期内服が症状を持続的に改善させることを示した。 他の試験でラクツロース水素呼気試験の結果の正常化と相関することが示されている。どの抗生物質が効果的かについては議論はあるが、腸内細菌叢の変化と関連するIBSの根本原因に影響を与えている可能性を示唆している。 治療に反応しない患者もあり、症状の根本原因に関する違いを反映させている可能性あり。

  • 12.

    FINER F(実行可能性):下痢型IBS患者を各群300例集めるのは困難。          評価の仕方は比較的容易と思われる。 I(興味深さ):治療としては簡便であり、難渋するIBS治療症例には         使用してみたいところであるが、保険病名には注意要 N(新規性):なし  E(倫理性):問題はなし R(社会的意味):IBSは重症度は低いがQOLに大きく影響し、医療資源の使用量の増加や仕事の生産性の低下につながるため、症状緩和の一治療として意味があるものと思われる。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.