1/60

山田 悠史

山田 悠史

地域医療振興協会(JADECOM)

23362 page views
2579 content views

COVID-19の治療についてのスライドです。下記のクリニカルクエスチョンについてエビデンスベースでまとめています。【1】・COVID-19に有効な治療薬はあるか?【2】ACE阻害薬/ARBは中止するべきか?【3】抗凝固療法は行うべきか? 岡山大学 原田洸先生と協力して作成しました。(2020年5月24日)

COVID-19の治療まとめ

1. COVID-19の治療まとめ 2020年5月24日作成 (6月21日 一部修正) 原田 洸 / 山田 悠史
2. 症例提示:70歳男性 発熱、咳嗽 ・高血圧でオルメサルタン内服中。 ・5日前から続く発熱、咳嗽、呼吸困難あり。 ・CTで両側のびまん性すりガラス影あり。 ・SARS-CoV2の鼻咽頭PCR検査が陽性であり COVID-19と診断。 ・患者の治療にはどの薬剤が有効だろうか? ※架空の症例です
3. クリニカルクエスチョン ・COVID-19に有効な治療薬はあるか? ファビピラビル (アビガン®)、レムデシビル(ベクルリー®) ヒドロキシクロロキン(プラケニル®)、ロピナビル/リトナビル(カレトラ®) イベルメクチン(ストロメクトール®)、回復期血漿療法 トシリズマブ(アクテムラ®)、モノクローナル抗体 ・ACE阻害薬/ARBは中止するべきか? ・抗凝固療法は行うべきか?
4. -