1/48

黒田 浩一

黒田 浩一

亀田総合病院

9172views

肺炎球菌ワクチンの効果と適応について、現在(2018年7月31日)までのエビデンスをもとに、まとめました。busyなスライドが多いことはご容赦ください。外来患者さんへの、よりよい予防医療の提供に役立てていただければ幸いです。

肺炎球菌ワクチンの基本

1. 肺炎球菌ワクチンの基本 効果や適応について真剣に考えてみました 亀田総合病院感染症科 黒田浩一 作成:2018年7月31日
2. 要点 肺炎は日本人の死因の第3位 肺炎球菌ワクチンは、PPSV23とPCV13がある PPSV23は、侵襲性肺炎球菌感染症(IPD)を減らす PPSV23は、肺炎球菌性肺炎を減らす可能性がある PPSV23+インフルエンザワクチンは、市中肺炎を減らす PSV13は、肺炎球菌性肺炎、IPDを減らす 高齢者は、PCV13を接種し、1年後にPPSV23を接種 PPSV23を先に接種する場合は、1年後にPCV13を接種 PPSV23は基礎疾患によって、1-3回接種(5年以上の間隔)
3. 肺炎はcommon diseaseその中でも肺炎球菌は最多
4. -