Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/9

細菌に対する免疫反応①~国境最前線での戦い~

  • 血液内科

  • 初期研修医

  • 免疫
  • 自然免疫
  • 樹状細胞
  • 血液
  • 好中球
  • 働く細胞
  • マクロファージ

1,596

14

2022/6/4
原田介斗

東海大学

フル解説はYoutubeへどうぞ★

https://youtu.be/26xxdWF7fcw

医学生から研修医まで、簡単に理解できる血液細胞の働きの話です。免疫の基礎的なところについて順に解説していきます。

まず第一弾は細菌感染症に対する免疫反応になります。

血液は、血球成分と血漿成分からなり、血球には白血球、赤血球、血小板が含まれています。

今回は、白血球に着目して、体内に細菌が入ってきた時に何が起こっているのか。誰がどうやって細菌を駆逐していくのか。いわゆる【免疫反応】を、徹底的に戦的な話に例えていこうと思います。

ではまず舞台です。国境となる皮膚。これの内側が自分の国で、皮下組織が敵国と隣接する最前線。その近くを血管という名の街道が通っています。

そして皮膚の外、これは敵国だと思ってください。

敵国にはスキあらば不法侵入しようと細菌がたくさんひしめいています。

皮下組織にはマクロファージと樹状細胞という2種類のパトロール隊が見回りをしています。

この2人はパトロール隊として似た仕事をしていますが、主な任務が異なっています。

マクロファージは敵をみつけたら法螺貝で仲間を呼び寄せて一緒に戦います。最前線を指揮する部隊長ですね。

そして樹状細胞は機動力に長けています。敵を見つけたら、離れた場所にある基地に伝令に向かいます。

街道は好中球という名の遊撃兵が常に行軍しています。どこから呼ばれてもすぐに駆けつけることができるように、血管を行ったり来たりしています。

ある日、転んで皮膚を擦りむきました。このように国境の塀が壊されると、細菌たちがこれはチャンスと国内に不法侵入してきます。

するとパトロール隊のマクロファージがまずこの敵に反応して攻撃します。マクロファージの攻撃方法は、相手を【貪食】。食べてしまうことです。このマクロファージの貪食は、誰彼構わず、異物であればとりあえず食べておこうというような反応です。

そして持っている法螺貝を吹いて、敵襲があったことを周りに知らせます。この呼び声によって血管の門が開いて、遊撃兵である好中球が血管の外に移動できるようになります。これを好中球の【血管外遊走】と言います。好中球もマクロファージと同じく、敵を貪食することで殺します。

続きはYoutubeへ!

https://youtu.be/26xxdWF7fcw


原田介斗さんの他の投稿スライド

造血幹細胞の原理② ドナーの選び方、造血幹細胞の取り方、血液型の理解と血液不適合移植について

#白血病 #造血幹細胞移植 #血液内科 #骨髄移植 #末梢血幹細胞移植 #臍帯血移植 #同種移植 #自家移植

17

1,679

骨髄生検って?! 血液内科医が実際体験しながら解説してみた!!

#白血病 #血液内科 #骨髄

16

2,097

【医学生・研修医のための病態生理】骨髄異形成症候群とは

#白血病 #造血幹細胞移植 #血液内科 #病態生理

34

2,781

もっと見る




診療科ごとのスライド

内科(265)

消化器内科(46)

循環器内科(62)

呼吸器内科(63)

血液内科(27)

糖尿病内分泌代謝内科(38)

腎臓内科(19)

アレ膠リウマチ内科(20)

脳神経内科(76)

総合診療科(94)

救急科(278)

外科(27)

消化器外科(1)

呼吸器外科(0)

乳腺外科(0)

整形外科(65)

脳神経外科(12)

泌尿器科(18)

形成外科(13)

皮膚科(21)

眼科(14)

耳鼻咽喉科(11)

歯科口腔外科(7)

リハビリテーション科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(31)

産婦人科(41)

精神科(52)

放射線科(42)

麻酔科(8)

緩和ケア科(18)

感染症科(162)

産業医(3)

初期研修医(209)

その他(254)


細菌に対する免疫反応①~国境最前線での戦い~

  1. -

  2. 酸素の運搬 止血担当 免疫担当 血液細胞の働き:免疫の話

  3. 皮膚 体外 皮下組織 血管 国外 国境 最前線 街道 マクロファージ 好中球 細菌 リンパ管 ①貪食 ②敵襲の知らせ ③好中球の遊走&貪食 樹状細胞 抗原

  4. 皮膚 体外 皮下組織 血管 リンパ管 基地への近道 樹状細胞 ④樹状細胞も貪食→伝令へ 抗原

  5. リンパ節 皮下 ⑥抗体による援護射撃 ⑤樹状細胞が敵の情報を 伝える 抗原提示

  6. リンパ節 ⑧抗体のお尻を認識 オプソニン化 抗原特異的 ⑨貪食が強く促進される ⑦敵にぴったり結合 して目印をつける

  7. 遊走&貪食 招集& 活性化 活性化 貪食 貪食 抗原提示へ リンパ節 抗体 オプソニン化 促進 促進 促進 まとめ

  8. -

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.