急性期医療で緩和ケアを実践する光景

1/26

柏木 秀行

柏木 秀行

飯塚病院

3046 page views
475 content views

能書きはいい、救急外来で緩和ケアってなんやねん!?実際やってみろ!!というあなた。 やってみました。見てください、聞いてください。これが救急外来における緩和ケアです。

急性期医療で緩和ケアを実践する光景

1. 飯塚病院 連携医療・緩和ケア科 柏木 秀行 急性期医療で緩和ケアを実践する光景救急!?なのに緩和ケア?いや、救急だから緩和ケアなんすよ〜
2. 自己紹介 1981年生まれ 2001年 筑波大学医学専門学群 入学 2007年 飯塚病院 初期臨床研修 2009年 飯塚病院 総合診療科 後期研修医 2010年 頴田病院へ出向 2011年 飯塚病院 緩和ケア科 後期研修医 2016年 飯塚病院 緩和ケア科 部長2019年   連携医療・緩和ケア科に診療科名変更 緩和医療学会 緩和医療専門医/理事 PC連合学会 プライマリ・ケア認定医・指導医 日本内科学会 総合内科専門医
3. 緩和ケアのイメージ 看取り 治療がなくなったら取り組む 痛みが専門 DNARなら緩和ケア 緩和ケア医が提供する 緩和ケア=麻薬使用 緩和ケアでは原疾患への治療をやめる 間違いではないけど、それだけじゃないよ
4. -