COVID-19流行下のせん妄予防 非薬物療法編

使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/26

シェア

古川 由己

東京大学医学部附属病院

6155 page views

COVID-19流行下でもできるせん妄の非薬物療法をまとめました。家族の面会ができなかったり、PPEが限られる中で頑張っている皆さんの役に少しでも役に立てると嬉しいです。ご意見・ご感想・アドバイスなどcovid19.delirium.jp@gmail.comまでいただけると幸いです。適宜アップデートします。

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

27872 14

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

286942 133

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

15874 37

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(7/24)】 わかりにくい表現を何箇所か修正しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc) * タコでもわかる静注抗菌薬の話 2021年版 これ * カメでもわかるCRPの話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b#46) ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。

404816 193

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

57163 28

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

18101 44
もっと見る

COVID-19流行下のせん妄予防 非薬物療法編

1. COVID-19流行下のせん妄予防非薬物療法編 東京大学精神神経科 古川由己. Apr 28, 2020. COVID-19流行下でもできるせん妄の非薬物療法をまとめました。本資料は上記ののQRコードからも入手できます。印刷して適宜お使い下さい。 ご意見・ご感想・アドバイスなどcovid19.delirium.jp@gmail.com までいただけると幸いです。適宜アップデートします。
2. せん妄とは せん妄とは、全身状態の悪化に伴って、一時的に意識状態が障害される状態です。炎症、電解質異常、ICU入院、脱水、疼痛、便秘、薬、環境変化などが原因になりえます。認知症などの基礎疾患があるとハイリスクです。 周囲から見ると、うとうとしたり、そわそわしたり、怒りっぽくなったり、暴れたり、幻覚が見えたりと、別人のように見えることがあります。 治療としては原疾患の治療、身体症状の緩和が重要です。薬物治療としては、ラメルテオン(ロゼレム®)、スボレキサント(ベルソムラ®)などの睡眠薬や抗精神病薬が用いられますが効果は限定的です。非薬物治療として見当識補助、家族面会、早期離床などが重要です。 COVID-19で重症化する方は高齢者・基礎疾患がある方が多く、そこにさらに炎症・ICU入院などが重なるため、せん妄を起こすリスクが高いです。また、感染予防のため、家族面会などの非薬物療法の多くが行えないのが現状です。 そのような中でも、できるだけ患者さんのためになるよう、工夫していきます。ご家族の皆様にもご理解・ご協力いただけると幸いです。 ご家族・スタッフ用
3. 役に立つかもしれないもの 以下のものがあると、せん妄対策に役立つかもしれません。病棟によって持ち込めるもの・持ち込めないものがある場合がございます。また、感染予防の観点から持ち帰ることができない可能性もございます。予めスタッフにご確認ください。 補助器具(補聴器、メガネ、拡大鏡など) タブレット・スマホ・携帯電話など(もし本人が使えれば。ビニール袋に入れて) エクササイズバンド、握るためのストレスボール 鉛筆/ペン/色鉛筆、メモ帳など 耳栓、アイマスク ハーブティーなどリラックスできるもの(ご本人の好きなもの) カレンダー、日めくりカレンダー、時計 家族の写真など見慣れたもの ご家族用
4. -