医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

授乳婦への薬の処方 何に気をつけるべきか? L1.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/23

関連するスライド

産婦人科にコンサルトすべき女性の腹痛 救急編③〜その他〜

産婦人科にコンサルトすべき女性の腹痛 救急編③〜その他〜

R/N.@産婦人科

39177

187

女性とてんかん

女性とてんかん

Osalepsy@小児科・てんかん専門医

19459

63

小児の急性胃腸炎について知っておいてほしいこと

小児の急性胃腸炎について知っておいてほしいこと

ふずふず@小児科,小児神経科

28829

178

授乳婦への薬の処方 何に気をつけるべきか?

投稿者プロフィール
柴田綾子

淀川キリスト教病院

16,237

105

概要

授乳婦へ薬を処方する際に、気をつけるべきことはなんでしょうか?

添付文書だけではなく、国立成育医療研究センターの「妊娠と薬情報センター」や、アメリカ国立衛生研究所の「LactMed」も情報源として活用することが大切です。

本スライドでは、授乳婦に安全に使用できる薬の調査や、実際に薬を処方する際の説明の方法、各学会の参考資料についてご紹介します。

◆参考文献(抜粋)

国立成育医療研究センター 妊娠と薬情報センター 

https://www.ncchd.go.jp/kusuri/lactation/druglist_yakkou.html

Drugs and Lactation Database (LactMed), NIH

https://www.ncbi.nlm.nih.gov/books/NBK501922/

The Transfer of Drugs and Other Chemicals Into Human Milk:PEDIATRICS, 108(3):776-789, 2001

DOI: https://doi.org/10.1542/peds.108.3.776

The Transfer of Drugs and Therapeutics Into Human Breast Milk: An Update on Selected Topics:PEDIATRICS, 132(3):e796-e809, 2013

DOI: https://doi.org/10.1542/peds.2013-1985

※本スライドは、Antaaウェブサイト上に掲載されたバックナンバー記事を再編集して作成されました。

本スライドの対象者

研修医/専攻医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

産婦人科にコンサルトすべき女性の腹痛 救急編③〜その他〜

産婦人科にコンサルトすべき女性の腹痛 救急編③〜その他〜

R/N.@産婦人科

R/N.@産婦人科

39,177

187

女性とてんかん

女性とてんかん

Osalepsy@小児科・てんかん専門医

Osalepsy@小児科・てんかん専門医

19,459

63

小児科外来で使う抗菌薬

小児科外来で使う抗菌薬

鈴木政志

鈴木政志

26,767

233

小児の急性胃腸炎について知っておいてほしいこと

小児の急性胃腸炎について知っておいてほしいこと

ふずふず@小児科,小児神経科

ふずふず@小児科,小児神経科

28,829

178


柴田綾子さんの他の投稿スライド

すべて見る


テキスト全文

  • #1.

    授乳婦への薬の処方 何に気をつけるべきか? 薬の情報の調べ方、患者説明のポイントを解説 柴田 綾子(淀川キリスト教病院 産婦人科)

  • #2.

    プロフィール 柴田 綾子(しばた あやこ) • 淀川キリスト教病院 産婦人科 • 院内に留まらず各地での後進教育に携わる。性/妊娠/ 出産について悩む人を減らしたいと、LINEボットを 作成し一般に向けた発信も積極的に行う。 • 著書に「女性の救急外来 ただいま診断中」「産婦人 科研修ポケットガイド」がある。 • Twitter:@ayako700 • HP:ラッコの妊娠相談室 (https://happymint.wixsite.com/raccobot ) Lavoon 女性の応援隊 (https://lavoon.com/) 2

  • #3.

    はじめに • 授乳婦へ薬を処方する時に、気をつけるべきことはなんで しょうか? • 添付文書だけではなく、国立成育医療研究センターの 「妊娠と薬情報センター」や、アメリカ国立衛生研究所の 「LactMed」も情報源として活用することが大切です。 • 本スライドでは、授乳婦に安全に使用できる薬の調査、 実際に薬を処方する際の説明の方法、各学会の参考資料 についてご紹介します。 3

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter