女性診療への入り口〜月経、性交歴問診とよく出会う産婦人科疾患

1/45

丸山 陽介

丸山 陽介

6661views

女性に月経や妊娠のことを訊くということは、最初は慣れないと思います。今回は救急外来で女性を診る時に必要不可欠な産婦人科的問診の取り入れ方とライフステージごとに多くみられる女性疾患について解説します。後半では性行為感染症の患者指導の5Cや更年期障害についてもふれています。

女性診療への入り口〜月経、性交歴問診とよく出会う産婦人科疾患

1. 女性診療への入り口 青梅市立総合病院 産婦人科 丸山 陽介 PGY4
2. 本スライドの明確なOutcome ・産婦人科的疾患の多くは月経歴や性交渉歴が関わっていること  が理解できるようになる ・年代別の産婦人科的Common diseaseがわかるようになる
3. ①はじめに 「女性に月経や妊娠のことを訊く」 ということは産婦人科医でなければ不慣れで聞きづらく、また特に男性医師にとってはハードルを感じるところではないでしょうか。しかし ・実際に救急外来を受診した6%の患者で本人が気づかなかった妊娠が発見されている1)  ・小児救急(12-18歳)を受診した若年女性の腹痛においてそのうち7.7%が婦人科的疾患である2)   などのデータもあり、不要な検査を行わずに診断にたどり着くために問診や身体診察の重要です。 Stengel CL, et al. Pregnancy in emergency department: risk factors and prevalence among all women. Ann Emerg Med. 1994; 24: 697-700. 2) Fernández Avalos S, et al. Gynaecological abdominal pain in adolescent females. An Pediatr (Barc), 2010         May;72(5):339-42
4. -