Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/15

せん妄に対するハロペリドールやジプラシドンの効果について

  • 精神科

  • 総合診療
  • せん妄
  • 抄読会
  • G-More Project
  • 佐賀大学総合診療部
  • GMore

10,266

23

更新

シェア

ツイート

内容

N Engl J Med 2018; 379:2506-2516

DOI: 10.1056/NEJMoa1808217

低活動性せん妄が多かったようなので、ICUで問題になるような過活動性せん妄のケースについてはこの論文では言及できない点に注意が必要そうです

本スライドの対象者

研修医/専攻医/専門医
G-MoreJournal Club

佐賀大学


G-MoreJournal Clubさんの他の投稿スライド

ショック状態の重症人工呼吸器患者における急性腸管虚血の関連因子:NUTRIREA2 trialの事後解析

#総合診療 #栄養 #集中治療 #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部 #GMore

22

21,241

最終更新:2022年5月10日

高齢者の降圧目標

#総合診療 #高血圧 #高齢者 #NEJM #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部

25

10,995

最終更新:2022年5月10日

神経性食思不振症患者に対して、高カロリー投与と低カロリー投与の治療成績

#総合診療 #神経性食思不振症 #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部 #GMore

15

7,815

最終更新:2022年5月30日

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(322)

消化器内科(50)

循環器内科(72)

呼吸器内科(76)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(45)

腎臓内科(28)

アレ膠リウマチ内科(27)

脳神経内科(90)

総合診療科(124)

救急科(328)

外科(31)

消化器外科(2)

呼吸器外科(3)

乳腺外科(0)

整形外科(77)

脳神経外科(14)

泌尿器科(21)

形成外科(18)

皮膚科(24)

眼科(18)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(4)

小児科(43)

産婦人科(46)

精神科(60)

放射線科(46)

麻酔科(12)

緩和ケア科(22)

感染症科(180)

産業医(8)

初期研修医(296)

その他(279)


せん妄に対するハロペリドールやジプラシドンの効果について

  • 1.

    せん妄に対するハロペリドールやジプラシドンの効果について Haloperidol and Ziprasidone for Treatment of Delirium in Critical Illness N Engl J Med 2018; 379:2506-2516  DOI: 10.1056/NEJMoa1808217 研修医 N先生 佐賀大学医学部附属病院総合診療部 G-More Journal Club

  • 2.

    Backgrounds せん妄によってコストの上昇、入院期間の長期化、認知障害のリスクの増加 ICUにおいてハロペリドールはせん妄期間を短くするという証拠がないが使用されている。 非定型抗精神病薬も同様に使われているが、エビデンスは確かではない。

  • 3.

    PICO P:PPV、NPPV、血管圧迫剤、大動脈内バルーンポンプの治療をICUで受けていてせん妄があった18歳以上の患者 I:ハロペリドール、またはジプラシドンを治療薬に用いた C:プラセボ群(生食) O:せん妄がない生存日数に有意差はなかった。

  • 4.

    デザインと割り当て ランダム下プラセボ二重盲検試験(米国内の16の医療施設が対象) CAM-ICUにてせん妄評価 IC後5日以内にせん妄が確認された患者、せん妄が発生しIC得られた患者にQT延長無ければコンピュータによって1:1:1の割合プラセボ、ハロペリドール、ジプラシドンに割り付け、層別化し。

  • 5.

    プロトコル 初回投与 70歳未満の患者の場合 プラセボ(0.9%生食)0.25ml ハロペリドール 2.5mg/0.25ml ジプラシドン 5mg/0.25ml 初回投与 70歳以上の患者の場合 プラセボ(0.9%生食) ハロペリドール 2.5mg/0.5ml ジプラシドン 5mg/0.5ml 最大量はハロペリドール群は1回10mg 1日20mg     ジプラシドン群は1回20mg 1日40mg

  • 6.

    評価方法 1日2回CAM-ICUにてせん妄評価 2回せん妄なければ半減(最低用量以下にはならない) 4回連続せん妄なければ一次的にプラセボに差し替え 投与した期間と薬剤投与中止後も4日間は副作用の出現頻度を評価した (QT延長→12誘導心電図で1日2回  アカシジア→修正Simpson-Angus評価) 介入期間は14日とし、それより早くにICU退院となれば介入終了 ※生命の危険がある有害事象発生した場合は中止

  • 7.

    評価方法              Main Endpoint せん妄や昏睡がない生存日数 Secondary Endpoint せん妄持続期間、呼吸管理デバイスからの離脱、ICU退室までの期間、退院するまでの期間、生存率(30dayと90day) Safety Endpoint  副作用の出現(過鎮静、QT延長、ジストニア)

  • 8.

    結果 性別年齢人種認知機能併存症ICU入室理由SOFAスコア換気補助の有無

  • 9.

    Main Endpoint せん妄や昏睡のない生存日数はプラセボ群で 8.5 日、ハロペリドール群で 7.9 日, ジプラシドン群で 8.7 日でP値は0.26で有意差はなかった。 せん妄、昏睡の日数に関して有意差はなかった。

  • 10.

    Efficacy Endpoint 30日間生存期間 90日間生存期間 人工呼吸器離脱 ICU退室期間 病院退院 有意差なし 有意差なし

  • 11.

    Safety Endpoint 過度の鎮静の頻度は試験群間に有意差はなかった QT延長、ジストニアは有意差なし

  • 12.

    Discussion ハロペリドール、ジプラシドンの使用がせん妄発症期間に影響を与える証拠はなかった。

  • 13.

    Limitation 大半が低活動性せん妄であったため、高活動せん妄への影響は困難である 2種類の抗精神病薬のみを比べたため他の精神病薬はわからない。

  • 14.

    FINER F(実行可能性):ICU下でのせん妄の発症頻度は高く、実行可能性は高い。 I(科学的興味):高い。 N(新規性):これまでに同様の論文もあるため、新規性は高くはない。 E(倫理性):安全性は保たれている。 R(社会的意義):安易な処方が少なくなることで、医療費の削減や患者(及び患者家族)の経済的負担も減る。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.