医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

神経性食思不振症患者に対して、高カロリー投与と低カロリー投与の治療成績 L001.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

投稿者

G-MoreJournal Club

1/17

テキスト全文

  • #1.

    Short-term Outcomes of the Study of Refeeding to Optimize Inpatient Gains for Patients With Anorexia Nervosa-神経性食思不振症患者に対して、高カロリー投与と低カロリー投与の治療成績- JAMA Pediatr, 2021 Jan; 175(1): 1–9. Andrea K.Garber,PhD, RD 抄読会 研修医O先生 2022/5/30

  • #2.

    ●管理人コメント 当院においてANのために入院する症例は、基本的に絶対入院の適応といわれる標準体重の55%程度というケースが多いので、1200kcalでもドキドキしてしまいますね… あとは米国のmean BMIがどれくらいか、という点も話題になりました(こちらのサイトだとBMI平均30、という記載もあったので、日本ともだいぶイメージが違うのかもしれません) そこまで重症でないパターンでは比較的早期のカロリーアップが目指せそうですが、電解質異常は両群で起こるようなので注意が必要ですね

  • #3.

    Introduction 神経性食思不振症(AN)の入院患者に対する標準的な栄養投与は、リフィーディング症候群のリスクを抑えるために、低カロリーから慎重に進めるものだが、入院期間が長期になる。 限られた研究だが、高カロリー投与はリフィーディング症候群のリスクを増加させることなく、予後を改善させることを示唆している。 神経性食思不振症患者に対する低カロリー投与と高カロリー投与の短期的な有効性、安全性、費用を比較する。

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

神経性食思不振症患者に対して、高カロリー投与と低カロリー投与の治療成績

  • 内科

  • 精神科

  • 総合診療
  • 神経性食思不振症
  • 抄読会
  • G-More Project
  • 佐賀大学総合診療部
  • GMore

16,147

28

更新

シェア

ツイート

投稿者プロフィール
G-MoreJournal Club

佐賀大学

概要

JAMA Pediatr, 2021 Jan; 175(1): 1–9.

本スライドの対象者

研修医/専攻医/専門医

テキスト全文

  • #1.

    Short-term Outcomes of the Study of Refeeding to Optimize Inpatient Gains for Patients With Anorexia Nervosa-神経性食思不振症患者に対して、高カロリー投与と低カロリー投与の治療成績- JAMA Pediatr, 2021 Jan; 175(1): 1–9. Andrea K.Garber,PhD, RD 抄読会 研修医O先生 2022/5/30

  • #2.

    ●管理人コメント 当院においてANのために入院する症例は、基本的に絶対入院の適応といわれる標準体重の55%程度というケースが多いので、1200kcalでもドキドキしてしまいますね… あとは米国のmean BMIがどれくらいか、という点も話題になりました(こちらのサイトだとBMI平均30、という記載もあったので、日本ともだいぶイメージが違うのかもしれません) そこまで重症でないパターンでは比較的早期のカロリーアップが目指せそうですが、電解質異常は両群で起こるようなので注意が必要ですね

  • #3.

    Introduction 神経性食思不振症(AN)の入院患者に対する標準的な栄養投与は、リフィーディング症候群のリスクを抑えるために、低カロリーから慎重に進めるものだが、入院期間が長期になる。 限られた研究だが、高カロリー投与はリフィーディング症候群のリスクを増加させることなく、予後を改善させることを示唆している。 神経性食思不振症患者に対する低カロリー投与と高カロリー投与の短期的な有効性、安全性、費用を比較する。

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

G-MoreJournal Clubさんの他の投稿スライド

ショック状態の重症人工呼吸器患者における急性腸管虚血の関連因子:NUTRIREA2 trialの事後解析

ショック状態の重症人工呼吸器患者における急性腸管虚血の関連因子:NUTRIREA2 trialの事後解析

#総合診療 #栄養 #集中治療 #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部 #GMore

G-MoreJournal Club

G-MoreJournal Club

38

48,389

最終更新:2022年5月10日

せん妄に対するハロペリドールやジプラシドンの効果について

せん妄に対するハロペリドールやジプラシドンの効果について

#総合診療 #せん妄 #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部 #GMore

G-MoreJournal Club

G-MoreJournal Club

33

19,961

最終更新:2022年5月31日

高齢者の降圧目標

高齢者の降圧目標

#総合診療 #高血圧 #高齢者 #NEJM #抄読会 #G-More Project #佐賀大学総合診療部

G-MoreJournal Club

G-MoreJournal Club

41

31,362

最終更新:2022年5月10日

もっと見る


このスライドと同じ診療科のスライド

(医師向け) 自主退院への対応と患者ケアのポイント

(医師向け) 自主退院への対応と患者ケアのポイント

#自主退院 #フォローアップ #意思決定能力 #医師と患者の対話 #患者ケア #医療倫理 #社会経済因子

松下翔

松下翔

17

6,123

最終更新:2024年5月9日

CBT-I:睡眠日誌

CBT-I:睡眠日誌

#非薬物療法 #精神科 #不眠症 #認知行動療法 #CBT-I #睡眠日誌 #中途覚醒 #睡眠効率 #入眠潜時 #精神神経科

古川由己

古川由己

13

1,967

最終更新:2024年5月3日

不眠の認知行動療法の要素ネットワークメタアナリシス

不眠の認知行動療法の要素ネットワークメタアナリシス

#EBM #精神科 #ネットワークメタアナリシス #不眠症 #マインドフルネス #認知行動療法 #ACT #睡眠 #CBT-I #認知再構成 #刺激統制 #睡眠制限

古川由己

古川由己

10

2,144

最終更新:2024年4月26日

不眠症治療の第一選択は●●

不眠症治療の第一選択は●●

#睡眠薬 #非薬物療法 #不眠症 #認知行動療法 #睡眠 #睡眠衛生指導 #CBT-I #認知再構成 #刺激統制 #睡眠制限

古川由己

古川由己

48

14,577

最終更新:2024年4月26日

認知症治療薬一覧 〜病期別治療薬選択のアルゴリズム〜

認知症治療薬一覧 〜病期別治療薬選択のアルゴリズム〜

#認知症 #アルツハイマー型認知症 #コリンエステラーゼ阻害薬 #NMDA受容体 #ドネペジル #レミニール #イクセロン #メマリー

Antaa運営事務局

Antaa運営事務局

111

10,425

最終更新:2023年10月30日

抗精神病薬一覧 薬効ごとのまとめ

抗精神病薬一覧 薬効ごとのまとめ

#抗精神病薬 #セロクエル #リスパダール #ジプレキサ #インヴェガ #エビリファイ #レキサルティ #コントミン #ハロペリドール

Antaa運営事務局

Antaa運営事務局

154

28,314

最終更新:2023年10月24日



Antaa Slide Post Banner
今すぐ投稿
Antaa Slide Post Banner今すぐ投稿

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter