Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/26

内科での低用量ピル処方〈実践編〉

  • 内科

  • 産婦人科

  • 産婦人科
  • 避妊
  • ピル
  • 内科
  • 低用量ピル

34,906

33

2021/1/12
2021/6/7 更新

本スライドの対象者

研修医/専攻医

内容

内科における低用量ピル処方の流れについて、禁忌のチェックや副作用への対応、患者さんへの服用の説明まで実践的な知識を解説します。

本スライドは、2021年1月9日のAntaaオンライン配信「明日からできる!内科での低用量ピル処方」の講義スライドです。

遠見才希子先生による〈基礎編〉のスライドはこちらです。

https://slide.antaa.jp/article/view/ed36f2aae43449a7

【このスライドの解説動画はこちら】

https://qa.antaa.jp/stream/contents/103

柴田綾子

淀川キリスト教病院


柴田綾子さんの他の投稿スライド

明日からできる!緊急避妊ピルの正しい処方の仕方!

#産婦人科 #避妊 #ピル #オンライン配信

12

186

最終更新:2019年10月3日

緊急避妊ピルについて 知っておいてほしいこと

#避妊 #ピル #オンライン配信 #性器出血 #カンフェデ

51

58,793

最終更新:2021年1月4日

ゼロから始めるHPVワクチン

#産婦人科 #女性診療 #HPVワクチン #ヘルス #子宮

33

14,266

最終更新:2022年9月19日

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(300)

消化器内科(48)

循環器内科(69)

呼吸器内科(69)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(41)

腎臓内科(23)

アレ膠リウマチ内科(24)

脳神経内科(86)

総合診療科(112)

救急科(314)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(1)

乳腺外科(0)

整形外科(73)

脳神経外科(13)

泌尿器科(21)

形成外科(15)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(3)

小児科(37)

産婦人科(42)

精神科(57)

放射線科(44)

麻酔科(12)

緩和ケア科(20)

感染症科(173)

産業医(6)

初期研修医(258)

その他(260)


内科での低用量ピル処方〈実践編〉

  1.  内科でおこなうピル処方 淀川キリスト教病院 産婦人科医 柴田綾子 ©春柴 実践編

  2. Q1. 低用量ピルの処方    処方する前に必須の検査はどれか? 1. 内診   2. 採血  3. 血圧測定  4. がん検診

  3. A. 低用量ピルの処方   処方する前に必須の検査はどれか? 1. 内診   2. 採血  3. 血圧測定  4. がん検診

  4. 低用量ピル処方の流れ ◆が必須項目

  5. 低用量ピル処方の流れ ◆が必須項目 禁忌のチェック

  6. 1. 乳がん・子宮体がん    子宮頸がん(その疑い) 2. 血栓リスク      ピルの禁忌

  7. 1. 乳がん・子宮内膜癌   子宮頸がん(その疑い) 2.血栓リスク      50歳以上 血栓塞栓症・冠動脈疾患の既往   手術前~術後2週間   35才以上で喫煙1日15本以上     前兆のある片頭痛   重症の高血圧・糖尿病   ピルの禁忌

  8. 1. 乳がん・子宮内膜癌   子宮頸がん(その疑い) 2.血栓リスク      50歳以上 血栓塞栓症・冠動脈疾患の既往   手術前~術後2週間   35才以上で喫煙1日15本以上     前兆のある片頭痛   重症の高血圧・糖尿病   ピルの禁忌

  9. 1. 乳がん・子宮内膜癌   子宮頸がん(その疑い) 2.血栓リスク      50歳以上 血栓塞栓症・冠動脈疾患の既往   手術前~術後2週間   35才以上で喫煙1日15本以上     前兆のある片頭痛   重症の高血圧・糖尿病    慎重投与 ◆40歳以上 ◆BMI30以上

  10. アスリートのための月経困難症対策マニュアル ー低用量ピルの上手な使い方

  11. 低用量ピル処方の流れ ◆が必須項目 血栓リスク

  12. 1.不正出血・吐き気・頭痛・むくみ  →飲み始めに少しでることがあります  →多くは3ヶ月以内に良くなります 2. 血栓症  →タバコ・高年齢・肥満は注意  →血栓のリスクがある方は▲ 低用量ピルの注意点2つ

  13.  低用量ピルの副作用への対応

  14. 【低用量ピル】血栓のリスク   1万人/年あたりの血栓発症率 ・ピル未使用       1 ~ 5 人 ・ピル使用       ◯ ~ ◯ 人 ・妊娠中         ◯ ~ ◯ 人 ・産後          ◯ ~ ◯ 人 Practice Committee of the American Society for Reproductive Medicine2016  PMID: 27793376.

  15. 【低用量ピル】血栓のリスク   1万人/年あたりの血栓発症率 ・ピル未使用       1 ~ 5 人 ・ピル使用        3 ~ 15 人 ・妊娠中         ◯ ~ ◯ 人 ・産後          ◯ ~ ◯ 人 Practice Committee of the American Society for Reproductive Medicine2016  PMID: 27793376.

  16. 【低用量ピル】血栓のリスク   1万人/年あたりの血栓発症率 ・ピル未使用       1 ~ 5 人 ・ピル使用        3 ~ 15 人 ・妊娠中         5 ~ 20 人 ・産後          40 ~ 65 人 Practice Committee of the American Society for Reproductive Medicine2016  PMID: 27793376.

  17. 血栓症を疑う症状 “ACHES”

  18. 低用量ピル処方の流れ ◆が必須項目

  19. アスリートのための月経困難症対策マニュアル ー低用量ピルの上手な使い方http://femaleathletes.jp/document/pdf/180829_dysmenorrhea.pdf ピルの開始は「妊娠していないことが確実な日」から *妊娠していないことが確実な場合    → 購入日から飲み始めることも可能

  20. 【飲み忘れの対応】 持田製薬HP

  21. 1.実薬を7日間連続して飲んで効果が出る  →飲みはじめ~7日目までは避妊効果弱い  →別の避妊法の併用が必要 2. 2日以上の飲み忘れで効果が減る →再度7日連続で飲むまでコンドームは必須  *WHOでは3日以上の飲み忘れで効果減弱としている* ピルの避妊効果について

  22. http://femaleathletes.jp/document/pdf/180829_dysmenorrhea.pdf 初経(初めての生理)以降に使えます ピルは何才から? *注意*添付文章の禁忌項目 骨成長が終了していない可能性がある患者[骨端の早期閉鎖を来すおそれがある。]

  23. ピルの誤解 1. ピルは副作用が強い →近年はホルモン量が少なく   副作用も減ってます     2. ピルは太る  →1-2ヶ月むくむことがあります   太ることはありません     3. 不妊症になる  →ピルを飲むのを止めたら   排卵・妊娠できます

  24. 低用量ピル処方の流れ ◆が必須項目 ①子宮頸がん検診   2年に1回うけましょう ②性感染症予防  コンドームも併用

  25. -

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.