アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール
使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/13

シェア
ゆる ドク

2021/12/09
(2021/12/20 更新)

ゆる ドク

地方総合病院

3937 page views

たかが腰の痛み、されど腰の痛み・・・
腰痛診療の一歩を踏み出しましょう

急性腰痛の以下が学べます。
・最低限の知識
・診察時の簡単な手順、注意すべき点
・外来での対応

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40626 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

169960 61

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

7604 42

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

25438 46

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4762 12

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10287 41

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6083 33
もっと見る

「腰痛診療」コレだけは 〜たがか腰の痛み、されど腰の痛み〜

1. 「腰痛診療」 コレだけは 〜たがか腰の痛み、されど腰の痛み〜 ゆるドク@ 整形外科医 日本整形外科専門医・脊椎脊髄病医 Twitter : @yuru_dr
2. 今回のスライドのトピック • 最低限の知識 急性腰痛の • 診察時の簡単な手順、注意すべき点 • 外来での対応 たかが腰の痛み、されど腰の痛み・・・ 腰痛診療の一歩を踏み出しましょう
3. 腰痛とは • 84%の人が腰痛を経験 • 25%の人が1ヶ月以内に腰痛を経験 Cassidy JD. ISSLS. 1997 Hoy D et al. Arthritis Rheum. 2012 厚生労働省:平成22年度国民生活基礎調査より抜粋 腰痛は最も身近にある病状!!!
4. 絶対にやってはいけない事!! 腰が痛いよ〜!! はい、はい、ぎっくり腰ですね〜 急な腰痛≠ぎっくり腰 腰痛にはどんな病気があるのか??
5. 「急性」 腰痛の種類 運動器由来 内臓由来 脊椎腫瘍 ⇨ 病的骨折 脊椎感染症(化膿性脊椎炎、脊椎カリエス) 椎体骨折 腰椎椎間板ヘルニア 急性硬膜外血腫(黄色靭帯血腫) 腰椎分離骨折 仙腸関節炎 腎尿路系疾患 腎結石、尿路結石、腎盂腎炎 婦人科系疾患 子宮内膜症、子宮外妊娠 血管由来 腹部大動脈瘤 解離性大動脈瘤 心因性 うつ病 ・ ・ ・ ・ 運動器由来ではない腰痛もある 参考文献 腰痛診療ガイドライン 2019 腰痛 知る診る治す 清水克時
6. 危ない病気の見落としを防ぐコツ 「Red Flag」を頭に入れておこう! • 発症年齢 20歳未満、55歳以上 • 栄養不良 • 時間や活動性に関係しない腰痛 • 体重減少 • 胸部痛 • 広範囲に及ぶ神経症状 • がんの既往 • 構築性脊椎変形 • ステロイド治療の既往 • 発熱 • HIVの既往
7. 腰痛の診断手順 腰痛患者 Red flag あり なし 神経症状 あり 画像検査 血液検査 などの精査 なし 非特異的腰痛 4-6週の保存加療 疼痛コントロール 原疾患の特定 可能 原疾患に応じた治療 非特異的腰痛: 画像などで原疾患が特 定できない腰痛 不可 改善なし 改善 画像検査や侵襲的検査 Red flagの再精査 心因性の評価 腰痛診療ガイドラインより引用
8. 簡略版 「RED FLAG」 を想定した手順 大動脈解離や大動脈瘤のチェック 胸痛・冷や汗の有無 救外用 超簡略版 あり なし 化膿性脊椎炎、腎盂腎炎など感染症をチェック 熱発 あり なし 高齢者・ステロイド・ガンの既往 椎体骨折のチェック あり なし その他の精査 (高血圧+抗凝固剤 ⇨ 硬膜外血腫も想定する) 椎間板ヘルニアや分離骨折などの精査を
9. 椎体骨折の検査の注意点 レントゲンの単純撮影で椎体骨折が見つかる割合は 51.5% Z ito et al., Osteoporos Int. 2006 可能であればCTやMRIの撮影を 1つの椎体骨折と思われたが 多発椎体骨折があった症例
10. 急性腰痛症と思われる時の対応 鎮痛薬+湿布+コルセットでの経過観察 だけど・・・ 「2週間後」も疼痛が続く場合は再診するよう説明 レントゲンだけでは椎体骨折は見落としがある 救急外来の場合、全て検査するのは無理 正直に見落としの可能性に言及しよう! 何もないと言い切ると後で揉めることあり!
11. 急性腰痛症にオススメの薬剤 ① NSAIDs (ロキソニン、セレコックス) ② アセトアミノフェン ③ 弱オピオイド 数字はゆるドクの 「独断的」オススメ度 (カロナール) (トラムセット、ワントラム) ④ ワクシニアウイルス接種兎炎症皮膚抽出液 (ノイロトロピン) ⑤ 筋弛緩薬 (テルネリン、ミオナール)
12. 患者の生活指導も忘れずに! 腰痛と生活習慣には密接に関係がある • BMI 30以上は腰痛になりやすい • 喫煙者は腰痛になりやすい • アルコールの飲み過ぎは腰痛になりやすい • 運動習慣(3日/週以上)がないと腰痛になりやすい 運動習慣を身につけ、太りにくい体を! 飲酒量や喫煙量は減らすことから勧めましょう!
13. TAKE HOME MASSAGE • 腰痛は外来でよくみる症状 • 怖い病気も潜んでいるから油断は禁物!! • 「Red flag」を忘れずに!!