アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール
使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/12

シェア
masa1019 @救急科、内科

2021/12/29

4381 page views

怖い胸痛、どう考え、どう対応したらいいかまとめました。

◎目次
・急性冠症候群疑う患者が来たら…
・急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome)
・『トロポニン陰性 → 帰宅?』
・最初に心電図で STMI ではないことはわかった。では、トロポニンを待ちながらやることは?
・急性大動脈解離
・肺塞栓症
・結論

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40626 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

170060 61

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

7612 42

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

25447 46

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4762 12

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10298 41

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6090 33
もっと見る

救急専門医が教える 怖い胸痛 まずすべき対応

1. 救急専⾨医が教える 怖い胸痛 まずすべき対応 masa1019@救急科、内科
2. Take Home Message ① どんなに問診を取っても ST 上昇型⼼筋梗塞の診断は ⼼電図 でしかできない。 ② ⼼電図で ST 変化なければ、トロポニンの結果を待ちながら 不安定型狭⼼症/⼤動脈解離/肺塞栓の病歴や⾝体所⾒やリスク因⼦を集めよう。 ③ 不安定型狭⼼症に対するトロポニンや⼼電図は 繰り返し ⾏おう。 ④ ⼤動脈解離や肺塞栓は否定しきれないなら⼤動脈造影 CT を撮るしかない。
3. 急性冠症候群疑う患者が来たら… 直ちに⼼電図とVital確認を⾏う ※⼼電図は過去の物と⽐較すべし 1つでもあるなら、 すぐに助けを呼んで処置室へ移動 p 意識障害 p 収縮期⾎圧< 90 mmHg p SpO2 < 92% ü ST上昇かつ鏡像変化(+)なら → ST上昇型⼼筋梗塞として、緊急カテーテル治療へ ü ST上昇(ー)ならトロポニン結果待ちながら・・ 30分毎に⼼電図の経時的変化を⾒ながら(来院直後だけでは⾒逃す) 急性冠症候群、急性⼤動脈解離、肺塞栓症の病歴/リスク因⼦/⾝体所⾒を集めていく
4. 急性冠症候群(Acute Coronary Syndrome) ︓ST上昇型⼼筋梗塞(STEMI)〜⾮ST上昇型⼼筋梗塞(NTEMI)〜不安定狭⼼症(UAP)の総称 p 症状︓呼吸困難、嘔気、悪⼼、説明のつかない脱⼒感 p ⼼虚⾎症状︓10-20分以上の持続的/広範/深部/胸⾻後⽅の圧⼒感や燃えるような感じ p 放散痛︓ 頸部前⽅、顎、腕、肩甲間、⼼窩部 p リスク因⼦︓65歳以上、⾼⾎圧、脂質異常症、糖尿病、喫煙歴、 既知の冠動脈疾患(狭窄度>50%)、新規のST変化(0.5mm以上) ※有症状時のST低下はUAPを考える p ⾮典型的要素(無痛だったり)︓⾼齢者、⼥性、糖尿病 N Engl J Med 2017; 376:2053-2064, 急性冠症候群ガイドライン2018 『不定愁訴を訴える⾼齢者にも⼼電図を取るべし』 『⼼電図のハードルはとにかく低く』
5. 『トロポニン陰性 → 帰宅︖』 ü 発症から4〜6時間以内はトロポニンは⾎中に漏れない… → 発症時刻が⼤事、つまり 1 回の検査だけでは⾒逃す︕ トロポニンを 1 時間後に再検 初回値と 1 時間後の変化量から評価し、 アルゴリズムにのせる
6. 『トロポニン陰性 → 帰宅︖』 p 試薬毎の cut off 値 ü NSTEMI(⾮ST上昇型⼼筋梗塞)疑いの場合、 NSTEMI疑い トロポニンの初回値と1時間後の変化量から 評価していく。 トロポニン結果で層別化 0h︓< B ng/L かつ Δ0-1h︓< C ng/L 0h︓< A ng/L 除外 その他 経過観察 試薬 A B C D E ⾼感度トロポニンT (Elecsys試薬) 5 12 3 52 5 ⾼感度トロポニンI (Architect試薬) 2 5 2 52 6 ⾼感度トロポニンI (Dimension Vista試薬) 0.5 5 2 107 19 0h︓≧ D ng/L Δ0-1h︓≧ E ng/L NSTEMI診断 2015 ESC Guidelines for the management of acute coronary syndromes in patients presenting without persistent ST-segment elevation 『ACSを疑うなら、⼼電図もトロポニンも再検すべし』
7. 最初に⼼電図で STMI ではないことはわかった。 では、トロポニンを待ちながらやることは︖ ü トロポニン結果出るまで⼤体1時間ある ü まずは怖い⼤動脈解離や肺塞栓症について病歴と⾝体所⾒を集める ü その中で、肺炎/胸膜炎/肋軟⾻炎/帯状疱疹/肋間神経痛/胆嚢炎など その他疾患についても病歴と⾝体所⾒を集める 上記の⾮超緊急性疾患の可能性が⾼くなると、 相対的にACS/⼤動脈解離/肺塞栓症の可能性が低くなる
8. 急性⼤動脈解離 p 急性⼤動脈解離スコア ※もしも全ての項⽬で陽性なら、1点追加する 素因条件 (1点) 疼痛の性状 (1点) ⾝体所⾒ (1点) マルファン症候群 突然発症の痛み 脈拍⽋如または ⾎圧左右差 ⼤動脈解離家族歴 激痛 限局した神経学的 所⾒の⽋如 既知の⼤動脈弁疾患 裂けるような痛み 新規の⼤動脈弁 閉鎖不全症雑⾳ 最近の⼤動脈処置 低⾎圧/ショック 既知の胸部⼤動脈瘤 診断結果 スコア0点かつ D-Dimer<500ng/ml スコア≦1点かつ D-Dimer<500ng/ml 感度 99.6% (97.7-100%) 98.8% (96.4-99.7%) 特異度 18.2% (16.4-20.2%) 57.3% (54.9-59.7%) 陽性尤度⽐ 1.22 (1.19-1.25) 2.31 (2.18-2.45) 陰性尤度⽐ 0.02 (0.003-0.16) 0.02 (0.01-0.07) Circulation. 2018;137:250-258. 急性⼤動脈解離は 「突然発症の胸背部の激痛」だけでなく 以下の時も疑う p 胸背部痛に説明のつかない 神経学的所⾒が合併する時 p ⾎圧⾼くないのに神経学的異常がある時 (左半⾝⿇痺が多い) スコアやD-Dimerは 低リスク患者の否定に使うもの
9. 肺塞栓症 p 症状 → なんでもあり p DVT 疑う所⾒とは 症状 ⻑⾕川ら (224⼈) 肺塞栓症研究会 (579⼈) 呼吸困難 76% 72% 胸痛 48% 43% ・下腿把握痛 発熱 22% 10% 失神 19% 22% ・Hommans 兆候 咳嗽 16% 11% 喘鳴 14% 記載なし ⾎痰 記載なし 6% 動機 記載なし 22% p ⼼電図 → なんでもあり ※なくてもDVTは否定できない ・熱感、発⾚、腫脹 (⾜関節背屈で下腿痛増悪) → 感度10-54%、特異度39-89% マクギーの⾝体診断学より p 下肢エコー 右側前胸部誘導の陰性T波(右室の虚⾎所⾒) 洞性頻脈、S1Q3T3、右脚ブロック、 ・⼤腿、膝窩の2点で確認し 静脈圧迫される A V 圧迫前 →ある程度のDVT否定的 ST低下、肺性P、右軸偏位、 前壁あるいは下壁誘導でのST上昇、時計⽅向回転 だが、より近位のDVTは ⾒逃す可能性あり 肺⾎栓塞栓症および深部静脈⾎栓症の診断,治療,予防に関するガイドライン 圧迫後 A V Ann Emerg Med. 2010;56:601-610
10. 肺塞栓症 p Modified wells criteria JAMA. 2006;295(2):172-179. 因⼦ 点数 DVT疑う所⾒あり 3.0 肺塞栓症が他の疾患よりも疑わしい 3.0 HR>100回/分 1.5 静脈⾎栓症の既往 1.5 過去4週間以内の⻑期臥床 1.5 喀⾎ 1.0 悪性疾患 1.0 Q.そもそもどういう時に肺塞栓症を疑うのか︖ →⾝体所⾒/採⾎/胸部レントゲン/単純 CT でも それは 呼吸苦や酸素化低下の原因が分からない時、つまり そこで スコア A.『謎の酸素化不良の時』 『肺がきれいなのに、酸素化が悪く頻脈の時』 スコア ≦4 点かつ D-Dimer 陽性 または スコア ≦4 点かつ D-Dimer 陰性 スコア >4点 造影 CT へ ※D-Dimer陽性/陰性基準 ・50歳以下︓500ng/mL ・50歳以上︓年齢×10ng/mL 否定的
11. 結論 ACS ü 病歴やリスクを集め、⼼電図/トロポニンを再検し、ACS を捕まえる。 ü ACS を否定し切れないのなら、施設毎の循環器内科相談ルールに則る。 (個⼈的には経過観察⼊院は許容と思っている) ⼤動脈解離/肺塞栓症 ü 病歴やリスクを集めてスコアも駆使するが、 最終的な診断も否定も、結局は⼤動脈造影CTを撮るしかない (個⼈的には根拠のある⼤動脈造影 CT は許容と思っている)
12. Take Home Message ① どんなに問診を取っても ST 上昇型⼼筋梗塞の診断は ⼼電図 でしかできない。 ② ⼼電図で ST 変化なければ、トロポニンの結果を待ちながら 不安定型狭⼼症/⼤動脈解離/肺塞栓の病歴や⾝体所⾒やリスク因⼦を集めよう。 ③ 不安定型狭⼼症に対するトロポニンや⼼電図は 繰り返し ⾏おう。 ④ ⼤動脈解離や肺塞栓は否定しきれないなら⼤動脈造影 CT を撮るしかない。