Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール


1/16

どんなときに糖尿病専門医へコンサルトすれば良い?

  • 糖尿病内分泌代謝内科

  • HbA1c
  • 糖尿病内科
  • コンサルテーション
  • 周術期
  • 化学療法

6,018

37

2021/12/9
舞浜 太郎

市中病院

コンサルトする前って不安になる...

専門医が考える積極的にコンサルトしてほしい症例3選をお伝えします。

①3種類以上内服してもHbA1c>8%

②糖尿病患者の周術期には声かけて

③化学療法が予定されているとき


舞浜 太郎さんの他の投稿スライド

メトホルミン 糖尿病専門医のよく使う薬剤シリーズ①

#糖尿病内科 #メトホルミン #インスリン抵抗性 #乳酸アシドーシス #薬価

56

8,027

糖尿病専門医のよく使う薬剤シリーズ②〜SGLT2阻害薬〜

#サルコペニア #インスリン #SGLT2阻害薬 #糖尿病内科 #糖尿病性ケトアシドーシス #1型糖尿病 #ダパグリフロジン

76

20,480

糖尿病患者の高血圧、脂質コントロール

#DM #生活習慣病 #家庭血圧

45

5,184




注目のスライド

もっと見る

診療科ごとのスライド

内科(246)

消化器内科(44)

循環器内科(57)

呼吸器内科(62)

血液内科(22)

糖尿病内分泌代謝内科(37)

腎臓内科(16)

アレ膠リウマチ内科(19)

脳神経内科(72)

総合診療科(88)

外科(27)

救急科(269)

整形外科(65)

脳外科(12)

泌尿器科(17)

形成外科(11)

皮膚科(20)

眼科(11)

耳鼻科(10)

歯科口腔外科(7)

リハ科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(27)

産婦人科(38)

精神科(52)

放射線科(42)

麻酔科(8)

緩和ケア科(18)

感染症科(158)

産業医(1)

初期研修医(188)

その他(250)


どんなときに糖尿病専門医へコンサルトすれば良い?

  1. どんなときに糖尿病専門医へ コンサルトすれば良い? 舞浜太郎 日本糖尿病学会専門医

  2. コンサルトする前って不安になる・・・ これくらいでコンサルト してくるなって 怒られないかな・・・ 術前の人は コントロール良ければ コンサルト不要ですか? どのタイミングで専門医に紹介するかわからない!!! そこで専門医が考える積極的にコンサルトしてほしい症例3選

  3. ①3種類以上内服してもHbA1c>8% 糖尿病なんて内服追加 していくだけだから だれがやっても同じだろう 糖尿病って奥深くて 内服追加だけが治療の 選択肢ではないんです!

  4. --コンサルトした方がよい理由-• 悪化要因の検索:悪性腫瘍、インスリン分泌の低下(1型の 発症)、薬剤(ステロイドなど)、生活習慣の変化、加齢など • 生活習慣次第で患者ごとに最適と考えられる治療は変わる (服薬回数多くて飲み忘れ多い、介護が必要で注射の方が 管理しやすいなど) • インスリンを早期に使用することで自己分泌を保てるケースも あるからぜひ紹介を!

  5. 例:ビグアナイド薬、DPP-4阻害薬、SGLT2 阻害薬内服中でHbA1c 7→9%に上昇傾向 • 悪性腫瘍→造影CT、腹部エコー、腫瘍マーカー • インスリン分泌の低下(1型発症) →血中Cペプチド(血糖値も同じタイミングで)、抗GAD抗体 • 薬剤→他院でのステロイドの内服や注射 (セレスタミン内服も要注意) • 生活習慣→過食・間食などの変化、運動習慣の変化 (テレビでアーモンドの特集見て食べすぎている等) これらを同時に評価しながら次の一手を (GLP-1受容体作動薬かインスリン入れることが多いかな・・・)

  6. 糖尿病の先生にはこう思われるかも・・・ そしたら多くの患者を 紹介されることになる! 外来枠に入りきらない! ・病院や地域ごとの専門医のマンパワーによる部分はあるけど・・・ ・血糖値で困っていたらコンサルトしてください! ある程度よくなったら戻しますのでよろしくお願いします あくまでも一例なので基準は自分の病院の糖尿病専門医と すり合わせできるとベストです!!

  7. ②糖尿病患者の周術期には声かけて 糖尿病内科忙しそうだし この人コントロールいいから 声かけないけどいっか お気遣いありがとう ございます。でも、 本当に大丈夫ですか?

  8. --糖尿病患者の周術期-• そもそも中等度以上の手術は事前には内服→インスリンへの変 更が推奨されている(全身麻酔を要する手術など) • 術前の休薬期間はSGLT2阻害薬(3日前~)、メトホルミン (日数の明記はないが概ね2日前~)以外は明記なし • 手術の侵襲でも休薬指示が変わることがある 悪くなってからよりは早めに介入したい・・・(個人の意見です) メトホルミンの適正使用に関するRecommendation. http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/recommendation_metformin.pdf, (参照 2021-12-3) SGLT2阻害薬の適正使用に関するRecommendation. http://www.fa.kyorin.co.jp/jds/uploads/recommendation_SGLT2.pdf, (参照 2021-12-3)

  9. 糖尿病の先生は早く連絡くれると喜びます • 手術が決まったら早めに糖尿病専門医の受診をお願いします • 血糖コントロールが悪い場合は血糖コントロール改善のための 入院を要する場合があります (紹介前に患者さんに伝えてもらえると助かります) • コンサルト時は絶食期間などもあわせて教えてください

  10. ③化学療法が予定されているとき 患者さんの方から 伝えるように指示出したから 大丈夫でしょ 患者さんが伝え忘れることも・・・ シックデイの対策も説明しますので ぜひ一報下さい!

  11. --化学療法で気を付けたいこと-• 化学療法で食事摂取量低下するときはシックデイ対策が必要 通常通りの内服を行うと低血糖の恐れがある 内服スキップすると高血糖になる可能性が高い • デカドロンなどのステロイドが投与される場合は多くの場合 血糖値が上昇するためインスリンに変更することが多い (手技の習得に時間がかかるため、初回入院だと助かります) *シックデイ:糖尿病患者が発熱、下痢などを来し食事摂取ができないときのこと HHS(高浸透圧高血糖症候群)やDKA(糖尿病性ケトアシドーシス) 発症のリスクになる

  12. 糖尿病の先生にも情報の共有を • 化学療法の内容や回数などは患者はわかっていないことが 多いので、手間がかかっても知らせてほしい • 術前化学療法など回数が少ない場合は内服追加にすることも あるが、本人の状態や化学療法の内容次第 *ステロイド投与時は食後血糖値の上昇がメインのため 超速効型インスリンでのコントロールが基本 (持効型は不要なことが多い)

  13. (当たり前だろのあなたにさらなるお願い) コンサルトの時、当科的に嬉しいポイント • コンサルト前にHbA1c追加、入院中なら血糖7検 (各食前、食後2時間、眠前) 嬉しい!ありがとうございます! • 抗GAD抗体と血中Cペプチド(と血糖値)もあわせて測定 気が利いてる!今後もどんどん紹介してください! • インスリン導入や入院の可能性伝えてくれる 神!!!受け入れが全然変わるので本当助かります!

  14. TAKE HOME MESSAGE • 非専門医なら3種類以上使用してHbA1c 8%以上なら紹介を • 周術期の方、化学療法予定の方などは早めに連絡ください! • 糖尿病内科に受診させる前にHbA1c、血糖測定お願いします! 可能なら抗GAD抗体、血中Cペプチドもお願いします

  15. DM便り①生活習慣の変化に気を付けよう • 糖尿病悪化しているとき 「食べ過ぎ」「運動しなさすぎ」「加齢」だけで片付けない! • 悪化があったときは 「食事とか運動とかどうですか?」など質問して確認する癖を つけましょう! ポイントは結果を言う前にオープンクエスチョンで聞くこと! 患者は薬増やされたくないから食べ過ぎてなくても「食べすぎたかも」ということも・・・

  16. DM便り②悪性腫瘍(特に膵癌) • 初発のコントロール不良、急激に悪化時は必ず鑑別に入れましょう • 高齢、やせ型、膵癌家族歴、喫煙、大量飲酒、慢性膵炎やIPMNの 既往などがある人には積極的に検査を(エコーでは見つけきれない 事も多いから行うなら造影CTかMRI、腫瘍マーカーは参考程度に) • 患者の負担も増えるから「全例やりましょう!」とは言えないけど、 悪化する原因が特定できない状況ならやる! • 膵癌を早期発見できるチャンスなので微細なHbA1cの変化を見逃さない

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.