医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

救急外来で活かせる!血液培養の知識 L001.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/27

関連するスライド

造血幹細胞移植後ワクチン

造血幹細胞移植後ワクチン

黒田浩一

79

79

救急外来で活かせる!血液培養の知識

投稿者プロフィール
手塚宜行

岐阜大学大学院医学系研究科 感染症寄附講座

41,916

161

概要

救急外来ですぐに使える様な血液培養に関する知識のまとめスライドです。

本スライドの対象者

研修医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

造血幹細胞移植後ワクチン

造血幹細胞移植後ワクチン

黒田浩一

黒田浩一

79

96,224

2020/1/23

ウシでもわかる真菌の話

ウシでもわかる真菌の話

高野哲史

高野哲史

562

359,916

2021/9/30

壊死性軟部組織感染症まとめ

壊死性軟部組織感染症まとめ

新米ID

新米ID

129

11,520

2022/10/24

2022.12.30更新 細菌感染症の治療期間まとめ

2022.12.30更新 細菌感染症の治療期間まとめ

新米ID

新米ID

809

74,952

2022/12/30




テキスト全文

  • #1.

    救急外来で活かせる 血液培養の知識 岐阜大学大学院医学系研究科 感染症寄附講座 手塚宜行 2022/1/12

  • #2.

    血液培養検査とは? 1 感染症診療における重要な検査の一つ 感染臓器の推定、原因微生物の特定、治療薬の選択、治療期間の決定に役立つ 他の血液検査や培養検査との違い 採取にテクニックが必要 検査の適応を判断しにくい 結果の解釈に知識が必要 検査結果を当日に得られない 血液培養に関する知識の整理が必要

  • #3.

    血液培養偽陽性の影響 2 偽陽性の結果は、患者への不必要な負担の増加につながる 診断の過ち、診断の遅れ 不必要な検査の追加 血液培養の再検査 追加の血液検査 不必要な抗菌薬治療 不必要な入院期間の延長 患者自身だけでなく 社会全体への負担も大

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter