医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン
カルテの書き方2023【初期研修医向け】 L1.png

関連テーマから出会おう。

閲覧履歴からのおすすめ

Antaa Slide
重症COVID-19病棟での意思決定支援 - 家族支援チームとの協働 -

重症COVID-19病棟での意思決定支援 - 家族支援チームとの協働 -

黒田浩一

続けて閲覧
病棟カルテの書き方

病棟カルテの書き方

大塚勇輝

続けて閲覧
投稿者

松島和樹

1/22

テキスト全文

  • #1.

    ✨ 初期研修医オリエンテーション カルテの書き方 川崎病院 総合診療科 在宅専門医プログラム責任者 神戸総合診療・家庭医療専門医プログラム責任者 松島和樹

  • #3.

    カルテ=診療録の目的 医師法第24条1項:医師は、診療をしたときは、遅滞なく 診療に関する事項を診療録に記載しなければならない。 l 公的な記録 → 正確な言葉で l 情報共有 → わかりやすく l 思考の整理 → 論理的に l 保険請求の根拠となる l 訴訟等で証拠となることもある

  • #4.

    医療業界のおかしな日本語 l 〜にて → (どこどこ)で、(なになに)によって l 体言止め l 認められる → みられる l 〜となった l 「てにをは」の省略 倉原先生のブログ https://pulmonary.exblog.jp/19661894/ l 略語にも注意! l PD=パーキンソン病、膵頭十二指腸切除術、腹膜透析、(癌の)進行

  • #5.

    カルテの型 l POMR(Problem Oriented Medical Record) l 1969年にWeedさんが提唱 l 日野原先生が日本に広めた l プロブレムリストの作成とSOAP形式での記録 l 時代が経つにつれ、困難も出てきている l とはいえ、内科系ではベースの書き方 日内会誌 106:2529〜2534,2017

  • #6.

    POMR 日内会誌 106:2529〜2534,2017

  • #7.

    型を身につける:まずは一読! 医学界新聞の連載

  • #8.

    研修医が書くカルテ l 救急外来での診療記録 l 入院時サマリー l 入院後の日々の記録 l 退院時サマリー l 院内急変時、処置時の診療記録 l 一般外来での診療記録(初診、再診) 基本の型をベースに 状況に応じて書き方を アレンジしよう!

  • #9.

    救急外来 来院時刻を書いておくと たまに役立つ 「昔の病気」と 「今持っている病気」 問診するときも意識して! 入院指示を出すのに必要 食事形態も! 遠方の家族が影響力を持っていることも あるので要注意!

  • #10.

    ADL(Activities of Daily Living) l Basic ADL l Dressing 着替え l Eating 食事 l Ambulating 移動・歩行 l Toileting 排泄 l Hygiene 衛生:入浴、歯磨き、整髪 生きるために必要な能力 不足=要介護状態 l Instrumental ADL l Shopping 買い物 l Housekeeping 掃除、洗濯など l Accounting 金銭管理 l Food preparation 炊事 l Transport 乗り物を利用した外出 社会生活のために必要な能力 不足=要支援状態

  • #11.

    救急外来でのACP

  • #12.

    S・O・A・P S:Subjective(来院までの主観的な情報) l 患者さんにとっての、症状の始まりから病院につくまでのストーリー l できる限り時系列でまとめる l Pertinent positive/negative:主訴に関連する陽性症状/陰性症状 → 最初は頭から爪先まで一通り訊く訓練をしよう! l それぞれの症状についてのOPQRSTA l 必要に応じて:接触歴、食歴、性交渉歴、月経、渡航歴、ペット、住居… l 前医でのデータや熱型もあれば記載

  • #13.

    OPQRSTA l もともと痛みの鑑別でよく使われているが他の症状でも使える l Onset:発症時刻・様式 l Provocative / Palliative factor:増悪寛解因子 l Quality:性状 l Radiation / Region:放散・部位 l Severity:強さ l Time:持続時間 l Associated symptoms:随伴症状

  • #14.

    S・O・A・P O:Objective(来院後に得られた客観的な情報) l General appearanceとVital signs:呼吸数も忘れずに! l 身体所見 l Pertinent positive/negative:主訴に関連する陽性所見/陰性所見 → 最初は頭から爪先まで一通り見る訓練をしよう! l 検査所見 l 一般的には血液→尿→生理→画像の順 l 客観的情報なので「著明に上昇」とかは書かない

  • #15.

    S・O・A・P A:Assessment l S・Oで集めた素材を、プロブレムにまとめる l まとまらない素材はそのまま問題点として残しても良い l どうまとめるのがよいのかは、自分と指導医のAを繰り返し比べて学ぶ l うまくまとめるには個々の疾患知識も必要なので焦らず一つ一つ勉強! l プロブレムごとに、鑑別とその理由を書く l #◯◯疑い はやめておいた方がいい:◯◯に引っ張られるので l 主訴以外のプロブレムも漏れなく書いておく方がよい

  • #16.

    S・O・A・P P:Plan l 明確に分けなくてもいいけれど、このようなことを書く l 診断プラン:今後必要な問診、診察、検査とそのスケジュール l 治療プラン:内服、注射、手技、その他 l 予防プラン:合併症予防、ヘルスメンテナンス、患者教育など l Disposition:帰宅/入院、外来フォロー、セーフティネットなど l 退院調整(入院後):治療の見通し、家族面談の予定など l 検査のオーダーは、その結果に応じてどう動くかまで考えてから入力せよ (My指導医からの教え)

  • #17.

    入院時サマリー 簡潔にまとめよう そっくりそのまま 退院サマリーに使うので しっかりまとめよう 外来カルテのコピペでok コメディカルにも わかりやすいように

  • #18.

    入院時サマリー

  • #19.

    入院後 日々の記録 l 情報にはストックとフローがある 日内会誌 107:2491〜2497,2018

  • #20.

    入院後 日々の記録 最初にストック情報 ・行った検査・治療の履歴 ・時系列で簡潔に 例) #感染性心内膜炎 2023/3/30 入院 VCM1g開始 4/2 培養フォロー陰性 TDMでVCM0.8gに 4/5 心エコーフォロー:疣贅なし フロー情報は重要なもの、変化があったものを記載 S) に何気ない患者との会話が書いてあったりするとほっこりするし 意外と退院調整に役立ったりする ACP的な話が出たら、ストック情報にも追記する!

  • #21.

    人それぞれいろんな工夫があります よろしければコメント欄で 共有ください!

カルテの書き方2023【初期研修医向け】

  • 総合診療科

  • 初期研修医

  • ADL
  • ACP
  • カルテ
  • サマリー
  • 診療録

107,194

363

更新

シェア

ツイート

投稿者プロフィール
松島和樹

医療法人川崎病院

投稿した先生からのメッセージ

カルテの書き方はいろんな流派があると思いますが、できるだけ簡潔にまとめました。

概要

院内の初期研修医向けに作った、カルテの書き方についてのスライドです。

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医

参考文献

  • 「型」が身につく カルテの書き方

テキスト全文

  • #1.

    ✨ 初期研修医オリエンテーション カルテの書き方 川崎病院 総合診療科 在宅専門医プログラム責任者 神戸総合診療・家庭医療専門医プログラム責任者 松島和樹

  • #3.

    カルテ=診療録の目的 医師法第24条1項:医師は、診療をしたときは、遅滞なく 診療に関する事項を診療録に記載しなければならない。 l 公的な記録 → 正確な言葉で l 情報共有 → わかりやすく l 思考の整理 → 論理的に l 保険請求の根拠となる l 訴訟等で証拠となることもある

  • #4.

    医療業界のおかしな日本語 l 〜にて → (どこどこ)で、(なになに)によって l 体言止め l 認められる → みられる l 〜となった l 「てにをは」の省略 倉原先生のブログ https://pulmonary.exblog.jp/19661894/ l 略語にも注意! l PD=パーキンソン病、膵頭十二指腸切除術、腹膜透析、(癌の)進行

  • #5.

    カルテの型 l POMR(Problem Oriented Medical Record) l 1969年にWeedさんが提唱 l 日野原先生が日本に広めた l プロブレムリストの作成とSOAP形式での記録 l 時代が経つにつれ、困難も出てきている l とはいえ、内科系ではベースの書き方 日内会誌 106:2529〜2534,2017

  • #6.

    POMR 日内会誌 106:2529〜2534,2017

  • #7.

    型を身につける:まずは一読! 医学界新聞の連載

  • #8.

    研修医が書くカルテ l 救急外来での診療記録 l 入院時サマリー l 入院後の日々の記録 l 退院時サマリー l 院内急変時、処置時の診療記録 l 一般外来での診療記録(初診、再診) 基本の型をベースに 状況に応じて書き方を アレンジしよう!

  • #9.

    救急外来 来院時刻を書いておくと たまに役立つ 「昔の病気」と 「今持っている病気」 問診するときも意識して! 入院指示を出すのに必要 食事形態も! 遠方の家族が影響力を持っていることも あるので要注意!

  • #10.

    ADL(Activities of Daily Living) l Basic ADL l Dressing 着替え l Eating 食事 l Ambulating 移動・歩行 l Toileting 排泄 l Hygiene 衛生:入浴、歯磨き、整髪 生きるために必要な能力 不足=要介護状態 l Instrumental ADL l Shopping 買い物 l Housekeeping 掃除、洗濯など l Accounting 金銭管理 l Food preparation 炊事 l Transport 乗り物を利用した外出 社会生活のために必要な能力 不足=要支援状態

  • #11.

    救急外来でのACP

  • #12.

    S・O・A・P S:Subjective(来院までの主観的な情報) l 患者さんにとっての、症状の始まりから病院につくまでのストーリー l できる限り時系列でまとめる l Pertinent positive/negative:主訴に関連する陽性症状/陰性症状 → 最初は頭から爪先まで一通り訊く訓練をしよう! l それぞれの症状についてのOPQRSTA l 必要に応じて:接触歴、食歴、性交渉歴、月経、渡航歴、ペット、住居… l 前医でのデータや熱型もあれば記載

  • #13.

    OPQRSTA l もともと痛みの鑑別でよく使われているが他の症状でも使える l Onset:発症時刻・様式 l Provocative / Palliative factor:増悪寛解因子 l Quality:性状 l Radiation / Region:放散・部位 l Severity:強さ l Time:持続時間 l Associated symptoms:随伴症状

  • #14.

    S・O・A・P O:Objective(来院後に得られた客観的な情報) l General appearanceとVital signs:呼吸数も忘れずに! l 身体所見 l Pertinent positive/negative:主訴に関連する陽性所見/陰性所見 → 最初は頭から爪先まで一通り見る訓練をしよう! l 検査所見 l 一般的には血液→尿→生理→画像の順 l 客観的情報なので「著明に上昇」とかは書かない

  • #15.

    S・O・A・P A:Assessment l S・Oで集めた素材を、プロブレムにまとめる l まとまらない素材はそのまま問題点として残しても良い l どうまとめるのがよいのかは、自分と指導医のAを繰り返し比べて学ぶ l うまくまとめるには個々の疾患知識も必要なので焦らず一つ一つ勉強! l プロブレムごとに、鑑別とその理由を書く l #◯◯疑い はやめておいた方がいい:◯◯に引っ張られるので l 主訴以外のプロブレムも漏れなく書いておく方がよい

  • #16.

    S・O・A・P P:Plan l 明確に分けなくてもいいけれど、このようなことを書く l 診断プラン:今後必要な問診、診察、検査とそのスケジュール l 治療プラン:内服、注射、手技、その他 l 予防プラン:合併症予防、ヘルスメンテナンス、患者教育など l Disposition:帰宅/入院、外来フォロー、セーフティネットなど l 退院調整(入院後):治療の見通し、家族面談の予定など l 検査のオーダーは、その結果に応じてどう動くかまで考えてから入力せよ (My指導医からの教え)

  • #17.

    入院時サマリー 簡潔にまとめよう そっくりそのまま 退院サマリーに使うので しっかりまとめよう 外来カルテのコピペでok コメディカルにも わかりやすいように

  • #18.

    入院時サマリー

  • #19.

    入院後 日々の記録 l 情報にはストックとフローがある 日内会誌 107:2491〜2497,2018

  • #20.

    入院後 日々の記録 最初にストック情報 ・行った検査・治療の履歴 ・時系列で簡潔に 例) #感染性心内膜炎 2023/3/30 入院 VCM1g開始 4/2 培養フォロー陰性 TDMでVCM0.8gに 4/5 心エコーフォロー:疣贅なし フロー情報は重要なもの、変化があったものを記載 S) に何気ない患者との会話が書いてあったりするとほっこりするし 意外と退院調整に役立ったりする ACP的な話が出たら、ストック情報にも追記する!

  • #21.

    人それぞれいろんな工夫があります よろしければコメント欄で 共有ください!

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

松島和樹さんの他の投稿スライド

PF02 予防医学と健康増進

PF02 予防医学と健康増進

#ヘルスメンテナンス #予防接種 #患者中心の医療の方法 #健診 #予防医療 #健康生成論 #首尾一貫感覚 #社会的処方 #USPSTF #健康増進 #ワクチン躊躇 #検診

松島和樹

松島和樹

29

10,324

最終更新:2023年10月4日

EBMとジャーナルクラブ

EBMとジャーナルクラブ

#EBM #論文 #批判的吟味 #患者中心の医療の方法 #ジャーナルクラブ #Information Mastery #Usefulness Equation #医学雑誌 #Foraging #背景疑問 #前景疑問 #Hunting #査読

松島和樹

松島和樹

192

43,222

最終更新:2024年4月16日

臨床における意思決定支援

臨床における意思決定支援

#患者中心の医療の方法 #意思決定支援 #臨床倫理4分割表 #Shared decision making #臨床倫理 #倫理4原則

松島和樹

松島和樹

63

22,147

最終更新:2022年1月17日

もっと見る


このスライドと同じ診療科のスライド



Antaa Slide Post Banner
今すぐ投稿
Antaa Slide Post Banner今すぐ投稿

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter