医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン
当直中のせん妄Call! どう対応する? L001.png

関連テーマから出会おう。

閲覧履歴からのおすすめ

Antaa Slide
【デキレジ】神経症候④不眠

【デキレジ】神経症候④不眠

やまて 

続けて閲覧
摂食障害のまとめ【5分で学べるスポーツ医学】

摂食障害のまとめ【5分で学べるスポーツ医学】

三谷雄己

続けて閲覧

1/13

関連するスライド

本当に怖い悪性高熱症

本当に怖い悪性高熱症

ミサト@麻酔科

33529

108

当直中のせん妄Call! どう対応する?

投稿者プロフィール
Dr.fax@精神科専門医

精神科単科病院

75,875

866

概要

せん妄で大切なことは色々あるけれど、まずは当直を乗り切る最低限の知識を身に着けよう!

目次

・先に結論!当直中にせん妄で呼ばれたら。。

・そもそも、せん妄とは

・緊急を要する直接因子のチェック①

・緊急を要する直接因子のチェック②

・薬物療法:内服可能なら

・薬物療法:内服不可なら

・抗精神病薬の副作用(できれば処方前に把握しておく)

・Take Home Message:まずは当直帯を乗り切ろう!

本スライドの対象者

研修医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

本当に怖い悪性高熱症

本当に怖い悪性高熱症

ミサト@麻酔科

ミサト@麻酔科

33,529

108

目の前の人に死にたいと打ち明けられたら

目の前の人に死にたいと打ち明けられたら

内田直樹

内田直樹

66,987

120

障害児医療福祉の所得制限問題について

障害児医療福祉の所得制限問題について

野はらひろし

野はらひろし

15,727

56

不眠の認知行動療法の要素ネットワークメタアナリシス

不眠の認知行動療法の要素ネットワークメタアナリシス

古川由己

古川由己

2,536

12


Dr.fax@精神科専門医さんの他の投稿スライド

すべて見る


テキスト全文

  • #1.

    当直中のせん妄Call!どう対応する? Dr.fax@精神科

  • #2.

    このスライドの対象者 医師になったばかりで当直対応に不慣れな研修医が、 当直で「せん妄です」と呼ばれた時に、 最低限失敗せずにその場を乗り切るためのスライド このスライドで乗り切れた後は自分で更に勉強してみよう

  • #3.

    せん妄で大切なことは色々あるけれど。。。 日中のマネジメント、予防 非薬物療法が大事 指示はセット通りで 大丈夫? まずは当直を乗り切る最低限の知識を身に着けよう! 薬物選択どうしよう? 出口戦略は?

  • #4.

    先に結論!当直中にせん妄で呼ばれたら。。。 緊急で治療が必要な直接因子(脳疾患、感染症、電解質異常、 血糖異常、肝性脳症・尿毒症、薬物中毒など)をチェック  → 翌朝まで放置すると危険なものがないか!? 内服可能で、糖尿病(-)→クエチアピン  糖尿病(+)→リスペリドン 内服不可なら、ハロペリドール(点滴静注、筋注) ヤバい疾患ないか 薬飲めそうか 糖尿病ないか 大前提:傾聴することで落ち着く程度であれば薬は使う必要はない

  • #5.

    せん妄対応フローチャート

  • #6.

    そもそも、せん妄とは 意識障害が本態→見当識障害・注意力障害が見られる 急な発症、症状の日内変動 過活動型、低活動型、混合型に分けられる 準備因子、誘発因子、直接因子が影響する せん妄と間違えやすい疾患 むずむず脚症候群、アカシジア、てんかん 当直中の主な問題は 過活動型、直接因子

  • #7.

    緊急を要する直接因子のチェック① 頭蓋内病変:脳血管障害、脳腫瘍、脳炎 神経学的異常のチェック→せん妄中の画像検査は鎮静が必要となることも 呼吸不全、心不全 肝性脳症、尿毒症 あまりにもデータが悪いと薬剤が使えず、 身体拘束・抑制で原疾患の治療しか選択肢がない場合も 感染症:敗血症

  • #8.

    緊急を要する直接因子のチェック② 電解質異常:脱水、水中毒 低・高血糖 貧血 薬物中毒 違法薬物だけでなく、リチウム、 抗菌薬などTDMが必要な薬剤の中毒も 当直中に全てを除外する 検査を行う余裕はないため、 バイタル、診察所見、 病歴・薬歴などを総合して 適宜必要な検査を行い、 治療、せん妄に対する 薬物療法を検討する

  • #9.

    薬物療法:内服可能なら 糖尿病、剤型以外の点ではクエチアピンの方が優れている

  • #10.

    薬物療法:内服不可ならハロペリドール ハロペリドール(セレネース®)点滴静注 or 筋注 2.5 – 10 mg(1/2-2A) + 生食 100 mLを点滴静注(15 - 30分かけて) ルート確保困難時は 2.5 – 10 mg(1/2-2A) を筋注 錐体外路症状の予防に ビペリデン(アキネトン®)1A を混ぜることも QTc延長、不整脈に注意 パーキンソン病、レビー小体型認知症には禁忌

  • #11.

    抗精神病薬の副作用(できれば処方前に把握しておく) 悪性症候群:脱水、高用量でリスクが高まるため注意して使う 錐体外路症状(EPS) 特にアカシジアは、落ち着かない様子をせん妄ととられて  更に抗精神病薬投与という悪循環も。。。 過鎮静、低血圧、便秘、口渇、悪心、排尿困難、etc... ちなみに (アナフィラキシーに対して以外の)アドレナリン投与中の患者には禁忌 →アドレナリン反転で血圧低下の可能性がある

  • #12.

    Take Home Message:まずは当直帯を乗り切ろう! 緊急で治療が必要な直接因子(脳疾患、感染症、電解質異常、 血糖異常、肝性脳症・尿毒症、薬物中毒など)をチェック  → 翌朝まで放置すると危険なものがないか!? 内服可能で、糖尿病(-)→クエチアピン  糖尿病(+)→リスペリドン 内服不可なら、ハロペリドール(点滴静注、筋注) ヤバい疾患ないか 薬飲めそうか 糖尿病ないか 大前提:傾聴することで落ち着く程度であれば薬は使う必要はない

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter