アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール
使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/11

シェア
Dr. fax

2022/01/11

Dr. fax

精神科救急病院

2864 page views

不眠の対応、とりあえずベンゾジアゼピンになっていませんか?

◎目次
・不眠と聞いて:こんなこと思ってませんか
・そもそも何でベンゾジアゼピン系はダメなの?
・先に結論!不眠と聞いたら。。。
・器質因の除外
・睡眠衛生指導(特に入院中に絞って)
・睡眠薬:オレキシン受容体拮抗薬がfirst choice
・もう少し細かい解説
・それでもダメなら
・その他:睡眠薬ではないが、ベンゾより優先
・Take Home Message

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40626 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

170073 61

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

7636 42

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

25448 46

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4762 12

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10298 41

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6091 33
もっと見る

不眠対応の最低限の知識 ~とりあえずベンゾは卒業しよう~

1. 不眠対応の最低限の知識 ~とりあえずベンゾは卒業しよう~ Dr.fax
2. 不眠と聞いて:こんなこと思ってませんか とりあえずベンゾ 指示簿セットにベンゾ 上級医もベンゾ 使ってるし。。。 入院中だけならベンゾ 使っても。。。 全部ダメ!最低限の知識を身に着けて、 ベンゾなしで対応できるようになろう!
3. そもそも何でベンゾジアゼピン系はダメなの? • 不眠、不安に対して 即効性に優れる薬だが、 依存、耐性、離脱などが問題 • 特に高齢者においては せん妄、転倒などのリスクが上がる 新規では出さない! (長年飲んでいる人は無理やり止めない) 患者さんが眠れない みたいなので 睡眠薬お願いします とりあえず ブロチゾラムで せん妄です! えー。。。
4. 先に結論!不眠と聞いたら。。。 • 安易な処方の前に器質因の除外、睡眠衛生指導を • オレキシン受容体拮抗薬(デエビゴ、ベルソムラ)が第一選択 • ダメならルネスタ • 高齢者にベンゾ出すぐらいならトラゾドン、クエチアピンなど も検討
5. 器質因の除外 • 睡眠時無呼吸症候群 睡眠薬を使うと気道閉塞が悪化し、悪循環に 治療:生活習慣の是正(減量)、持続陽圧呼吸療法(CPAP) • むずむず脚症候群(Restless legs 症候群:RLS) 二次性RLS:鉄欠乏性貧血や妊娠、薬剤性など 高齢者ではせん妄と間違えられることも 参考文献:睡眠時無呼吸症候群(SAS)の診療ガイドライン, 2020 標準的神経治療:Restless legs 症候群, 2012
6. 睡眠衛生指導(特に入院中に絞って) • スマホを夜遅くまで触ってないか 就眠前のスマホ利用を控えるだけで不眠が改善する例も • コーヒー、お茶を飲み過ぎてないか:カフェイン摂り過ぎ • 昼間寝てないか:日中の覚醒、離床を促そう • 入院前とのリズムの違い:消灯時間が早過ぎ? 支障がなければ遅くまで起きてもらうのも検討 参考文献:厚生労働省 健康づくりのための睡眠指針, 2014
7. 睡眠薬:オレキシン受容体拮抗薬がfirst choice レンボレキサント(デエビゴ) スボレキサント(ベルソムラ) 禁忌 なし CYP3A4を強く阻害する薬剤 効果 早い 遅い 持続 短い 長い 一包化 可能 不可 用量 2.5 mg ~ 10 mg 15 mg, 20 mg 禁忌、用量調整、剤型の点から個人的にはデエビゴを優先して使う →用量調整してダメ(特に中途覚醒)ならベルソムラを試す
8. もう少し細かい解説 • レンボレキサント(デエビゴ):2.5 mg ~ 10 mg 基本は 5 mg スタートだが、高齢で心配なら 2.5 mg スタートが無難 眠前 5 mg、不眠時 5 mg(2.5 mg)など適宜調整がしやすい 基本的には効果短めだが個人差があり、 意外と眠気が残る場合も • スボレキサント(ベルソムラ):15 mg, 20 mg 高齢者(65歳以上)、成人で持ち越しが気になる時は 15 mg 頓服でも使えないことはないが、効果は遅め、長めなので注意 禁忌:クラリスロマイシン、イトラコナゾールなど どちらも 悪夢 には注意
9. それでもダメなら • エスゾピクロン(ルネスタ ):1 mg ~ 3 mg 高齢者は 2 mg まで 非ベンゾジアゼピン系(いわゆるZ-drug)の中でも副作用少なめ とはいえベンゾジアゼピン系に似ている薬剤であり、副作用には注意 ※それでもダメなら?どうしてもベンゾジアゼピン系はダメなの? 個人的には短期間に限って正しく使えば恐れ過ぎる必要はないとは思うが、 何も考えずにベンゾを出すのはNG!まずはベンゾなしで何とかできないか考えよう 実際は元々飲んでる方や希望が強い方にはリスク説明して処方することもある 漸減中止が難しい人もデエビゴやベルソムラを上乗せするとベンゾを漸減中止しやすい それでもやはり高齢患者に新規で出すことは避けよう
10. その他:睡眠薬ではないが、ベンゾより優先 • トラゾドン(デジレル、レスリン):25 mg ~ 100 mg 分類としては抗うつ薬だが、うつ病に対して使うことはほとんどなく、 抗ヒスタミン作用による催眠作用を期待して使われる 高齢、認知症の患者さんにも比較的安心して使うことができる • クエチアピン(セロクエル):12.5 mg ~ 100 mg 抗精神病薬ではあるが、不眠、不安、抑うつなど幅広い効果が見込めるため、 統合失調症だけでなく、様々な疾患、病態に使われる 副作用も出にくく、腎臓にも優しいが糖尿病には禁忌
11. Take Home Message • 安易な処方の前に器質因の除外、睡眠衛生指導を • オレキシン受容体拮抗薬(デエビゴ、ベルソムラ)が第一選択 • ダメならルネスタ • 高齢者にベンゾ出すぐらいならトラゾドン、クエチアピンなど も検討 新規でベンゾは極力処方しないように!