医師・医学生のためのスライド共有

Antaa Slide
診療科
特集

お知らせ

ログイン

このスライドは会員限定コンテンツです。
今すぐアカウント登録(無料)して、続きを読みましょう!

周術期、免疫チェック ポイント阻害剤併用、 ドライバーまとめ L1.png

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/19

関連するスライド

ESMO2023肺がんまとめ

ESMO2023肺がんまとめ

Antaa運営事務局

4834

36

ASCO2023肺がんまとめ

ASCO2023肺がんまとめ

Antaa運営事務局

9148

86

周術期、免疫チェック ポイント阻害剤併用、 ドライバーまとめ

投稿者プロフィール
Antaa運営事務局

アンター株式会社

2,822

36

概要

本スライドでは、周術期化学療法、免疫チェックポイント阻害剤併用療法、ドライバー遺伝子変異の治療方針サマリーをまとめました。

目次

・Ⅱ~ⅢA期切除可能NSCLC 周術期化学療法 治療方針サマリー

・Ⅱ~ⅢA期切除可能NSCLC 重要レジメンの治療スケジュール

・Ⅳ期 NSCLC ドライバー遺伝子変異/転座陰性、PD-L1≧50% 治療方針サマリー

・Ⅳ期 NSCLC ドライバー遺伝子変異/転座陰性、PD-L1 1-49% 治療方針サマリー

・Ⅳ期 NSCLC ドライバー遺伝子変異/転座陰性、PD-L1<1% 治療方針サマリー

・Ⅳ期 NSCLC 1st line ICI併用療法サマリー

・Ⅳ期 切除不能 NSCLC 1st line ICI併用療法 重要レジメンの治療スケジュール

・Ⅳ期 NSCLCドライバー遺伝子陽性:EGFR、ALK、ROS1, BRAF V600E, MET ex14 Skipping, RET, NTRK、KRAS G12C

・Ⅳ期 NSCLCドライバー遺伝子陽性 重要レジメンの治療スケジュール

本スライドの対象者

医学生/研修医/専攻医/専門医

投稿された先生へ質問や勉強になったポイントをコメントしてみましょう!

0 件のコメント

コメントするにはログインしてください >

関連するスライド

ESMO2023肺がんまとめ

ESMO2023肺がんまとめ

Antaa運営事務局

Antaa運営事務局

4,834

36

肺癌診療ガイドラインの‘’隙間‘’ 第3弾 こんな時、どうする?

肺癌診療ガイドラインの‘’隙間‘’ 第3弾 こんな時、どうする?

キュート先生@呼吸器内科

キュート先生@呼吸器内科

7,085

41

ASCO2023肺がんまとめ

ASCO2023肺がんまとめ

Antaa運営事務局

Antaa運営事務局

9,148

86

臨床病期1期(ステージ1)の非小細胞肺癌のガイドライン

臨床病期1期(ステージ1)の非小細胞肺癌のガイドライン

濱路政嗣

濱路政嗣

17,652

94


Antaa運営事務局さんの他の投稿スライド

すべて見る


テキスト全文

  • #1.

  • #2.

    Ⅱ~ⅢA期切除可能NSCLC 周術期化学療法 治療方針サマリー 赤字:GL推奨 緑字:試験名 O オシメルチニブ N ニボルマブ A アテゾリズマブ CV CDDP+VNR PtD プラチナダブレット 切除可能 StageⅡーⅢA ⅡA N 術前 化学 療法 ⅢA (N2) ⅡB/ⅢA + PtD PtD ー 2C CheckMate 816 N + PtD 化学 放射線療法 ー CheckMate 816 ChEST 2C INT0139 N + PtD ー CheckMate 816 手術 CV 1A JIPANG EGFR陰性 EGFR陽性 術後 補助 化学 療法 PD-L1 <1% PD-L1 1-49% O PD-L1 ≧50% 推奨度決定不能 推奨度 決定不能 IMpower010 PD-L1 1-49% A ADAURA A PD-L1 <1% 推奨度 決定不能 IMpower010 A 2C Impower010 PD-L1 ≧50% A 2C IMpower010

  • #3.

    Ⅱ~ⅢA期切除可能NSCLC 周術期化学療法サマリー 術前化学療法 試験概要 /GL推奨 pCR率 Nivolumab+プラチナダブレット ⇒オペ+ケモ(N=179) ChakeMate816(PhaseⅢ) PD-L1問わず、EGFR/ALK除く StageIBーⅢA、Non-Sq+Sq、PS0-1 フォローアップ期間中央値:か月 EFS中央値 /EFS率 OS中央値 /OS率 31.6か月 未到達 2年EFS率: 63.8% 2年OS率: 82.7% 未到達 未報告 2年EFS率: 63.3% 未報告 24.0% ー Durvalumab+プラチナダブレット ⇒オペ+Durvalumab単剤(N=366) AEGEAN(PhaseⅢ) PD-L1問わず、EGFR/ALK除く StageIBーⅢA、Non-Sq+Sq、PS0-1 フォローアップ期間中央値:11.7か月 17.2% ー(Durvalumab未承認) EFS:無イベント⽣存期間、RFS:無再発⽣存期間、DFS:無病⽣存期間 術後補助化学療法 試験概要 /GL推奨 オペ+CDDP+VNR(N=389) JIPANG (PhaseⅢ) PD-L1、EGFR問わず StageⅡ-ⅢA、Non-Sq、PS0-1 フォローアップ期間中央値:72.7か月 1A オペ+CDDPダブレット⇒アテゾリズマブ(N=248)* * PD-L1陽性 IMpower010(PhaseⅢ) StageⅡ-ⅢA PD-L1≧1%、EGFR/ALK+含む StageⅡ-ⅢA、Non-Sq+Sq、PS0-1 フォローアップ期間中央値:45.0か月 PD-L1≧50%:2C PD-L1 1-49%:推奨度決定不能 オペ±プラチナダブレット⇒オシメルチニブ(N=339) ADAURA(PhaseⅢ) PD-L1問わず、EGFR変異陽性 StageⅡ-ⅢA、Non-Sq+Sq、PS0-1 フォローアップ期間中央値:35.6か月 推奨度決定不能 オペ±プラチナダブレット⇒Pembrolizumab(N=590) PEARLS/KEYNOTE091(PhaseⅢ) PD-L1問わず、EGFR/ALK+含む PStageIB-ⅢA、Non-Sq+Sq、PS0-1 フォローアップ期間中央値:35.6か月 ー(Pe

会員登録・ログインで「スライド内のテキスト」を参照いただけます。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

投稿者インタビュー
Antaa QA

医師同士の質問解決プラットフォーム

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.

Follow us on Facebook
Follow us on Twitter