不整脈×中毒 Part 1

使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/29

シェア

石上 雄一郎

麻生飯塚病院 連携医療緩和ケア科

5716 page views

徐脈ショックの鑑別に中毒を入れ忘れることはないですか?知っていたら治療可能なものがあります。

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

27553 14

新型コロナウイルスワクチン(COVID-19ワクチン)Q&A

COVID-19ワクチンを接種するか悩んでいる医療従事者の方、または医療職以外の病院職員は多いと思います。内科外来の医療事務さんが接種するか悩んでいたのをみて、わかりやすい情報提供が必要と考え、作成しました。基本的な内容となっています。2021年1月29日に作成したもののため、その後の知見の集積によって、今後推奨は変わる可能性があります。

284345 131

誤嚥性肺炎の主治医力【診断編】

最近受け持った誤嚥性肺炎の患者さん、誤嚥の原因は何でしたか? 誤嚥性肺炎は結果であり、正しい診断のためには原因の見極めが必須です。 そのためのポイントを解説します。 ※本スライドは、2021年1月8日配信のAntaaNEWS「Short Lecture」の講演スライドです。 【このスライドの解説動画はこちら】 https://qa.antaa.jp/stream/contents/113

14793 35

タコでもわかる静注抗菌薬の話

逆にこれだけ知っていれば静注抗菌薬では(ほぼ)困らない、そんな10種類の静注抗菌薬についてタコでもわかるようにまとめてみました。 【更新連絡(7/24)】 わかりにくい表現を何箇所か修正しました。 【他のコンテンツ】 * サルでもわかる経口抗菌薬の話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/5199820d537c41bc) * タコでもわかる静注抗菌薬の話 2021年版 これ * カメでもわかるCRPの話 2021年版 (https://slide.antaa.jp/article/view/e83a7e12c9d74d3b#46) ご質問・ご意見等はtwitter(@metl63)までお寄せください。

390570 187

ショックのまとめ【定義・分類・鑑別を中心に】

救急外来や病棟急変でよく出会うショックについて、確実に知っておくべき知識を理解していますか? ショック=血圧低値と誤解されることが多い、ショックの概念についてまとめました! 生理学や生化学から、ショックの定義や分類、鑑別を中心にまとめています。 初期研修医の先生方や看護師さんにとっては、きっと学びの多いスライドとなっているはずなので、参考にしていただければ幸いです◎

46725 24

それって本当に尿管結石?!

<ERで「尿管結石?」って思ったら> 1. 安易に決めつけるのはNG! 2. エコーで“らしい”所見をチェック! 3. 鑑別疾患を意識して、重篤な疾患を見逃すな! 本スライドは、「三銃士 指導医・研修医レクチャーシリーズ」vol.10です。質問・コメントは以下へお願いします。 http://bit.ly/39kNKUy ※「三銃士」は、救急・集中治療医の坂本壮、総合診療医の髙橋宏瑞、鎌田一宏により運営される、医学教育の課題解決を目指した教育ユニットです。 ▶三銃士Facebookページ https://www.facebook.com/dartagnanproject ▶坂本壮のAmazon著者ページ https://www.amazon.co.jp/kindle-dbs/entity/author/B079T41LV8

17362 43
もっと見る

不整脈×中毒 Part 1

1. Toxin-induced Cardiovascular Failure 不整脈 中毒 Part1 TBMCED PGY3 石上 雄一郎
2. Adverse CardioVascular Event Bradycardia Tachycardia Vasoconstriction
3. 85歳女性 食欲不振 2日前〜食欲不振 2時間前にふらふらし転倒しその後嘔吐 BP 70/44 RR 20 SpO2 99 BT 36.5
4. Bradycardia+Shock 循環器:完全房室ブロック・大動脈解離 電解質:K⬆・Ca⬆・Mg⬆ 内分泌:粘液水腫・副腎不全 環境:偶発性低体温・VVR・薬 外傷:頸髄損傷・腹腔内出血+激痛
5. VF AED ON ! V VVR F Freezing A AMI Adam-stokes E Electrolyte/Endocrine D Drug(ABCD) O O2 N Neurogenic
6. Bradycardia+Shock V VVR F Freezing A AMI Adam-stokes E Electrolyte/Endocrine D Drug(ABCD) O O2 N Neurogenic Anti-arrhythmia β blocker Ca blocker Digitalis
7. Emerg Med Clin N Am 25 (2007) 309‒331
8. ジゴキシン中毒
9. 所見は?
10. ジギタリス効果( 中毒) ST低下 scooping QT短縮
11. Digitalis Na/K ATP ase阻害薬 陽性変力 陰性変時作用 心拍数のコントロール・心不全の治療に使用される 半減期は36〜48時間 心筋血中濃度比が30:1 治療域(特に低カリ)で中毒になりうる 濃度が高い方が不整脈が多い。 1ng/ml以下が望ましい(DIG trial)
12. Digoxin like substances キョウチクトウなど 自然毒 動物と植物 基本的にジゴキシン中毒 と対応同じ
13.
14. PVC連発 Bigeminy
15. PAT with block
16. Regularized Af ジゴキシン内服中慢性心房細動の患者がsinusなら ジゴキシン中毒の可能性高い(Concealed sinus rhythm)
17. Bidirectional VT
18.
19. ジゴキシン中毒 惹起しやすい状態
20. Treatment K>5や循環不全でFab therapy (日本にない) Active charcoal 投与する 慢性中毒で低カリウムがあれば補正 致死性不整脈であればPCPSも検討する 高カリウムあるときにCa使用は?
21.
22. 教育病院の17.5年の後ろ向き研究 159人のジゴキシン中毒患者 Calcium群とNo Calcium群でMortality変わらず ➡以前は禁忌とされていたが使っても問題なかったのではと いう研究。教科書的には禁忌。
23. β blocker中毒 Ca blocker中毒 Beta Blocker Ca Blocker
24. BB/CCB overdose Ca β BBより高血糖になりやすい! non-DHP ベラパミル/ジルチアゼム BP⬇HR⬇ DHP ニカルジピン 自動能⬇伝導⬇ BP⬇HR⬆ HR⬇ PR延長 HR⬇ Managementは 徐脈ショックならACLS+α BP⬇ 無症状でも経過観察 Overlapしているため一緒に覚える!
25. Treatment First ! Gastrointestinal Decontamination Noradrenaline◎ アトロピン/PDE阻害は△ High Dose Insuline ○(BS⬇/K⬇/Mg⬇に注意) グルカゴン○ (cAMP⬆) メイロン○(QRS>120ms) CCBの時はCa使うが△(evidence weak ) Pacing Dialysis △ ECMO ○ Lipid Rescue△ Emergency Medicine Practice February 2014
26.
27. Emergency Medicine Practice February 2014
28. Management Emerg Med Clin N Am 25 (2007) 309‒331
29. 参考文献 今日の臨床サポート 臨床中毒学 Up to date Intensivist 不整脈 診断のゲシュタルトとデギュスタシオン2 Emergency Medicine Practice February 2014 Emerg Med Clin N Am 32 (2014) 79‒102 Emerg Med Clin N Am 25 (2007) 309‒331 J Emerg Med. 2011 Jan;40(1):41-6. doi: 10.1016/ j.jemermed.2008.09.027. Epub 2009 Feb 6.