足関節捻挫のテーピング法【スポーツDr.+ 整形外科専門医監修】

1/16

三谷 雄己

三谷 雄己

県立広島病院

9291 page views
556 content views

スポーツDr.+ 整形外科専門医監修のテーピング法です。 シェアなどしていただいて大丈夫ですが、その際は下記のメールアドレスに一言ご連絡していただけると嬉しいです。 dancingdoctorhouse@gmail.com

足関節捻挫のテーピング法【スポーツDr.+ 整形外科専門医監修】

1. 足関節捻挫予防 ~Ankle taping~
2. テーピングとは① 関節、筋肉の固定 ①生理的な関節運動は制限しない ②一定方向に対する制動性を保つ ③筋機能の補助 Functional treatment パフォーマンスの向上
3. テーピングとは② ・背屈制限を伴わない ・回内、内旋制動性↑↑ ・内側縦アーチ高↑↑ アライメント矯正、保持 常時使用は△ (Kerkhoffs GM. et al, BJ J Sports Med 2012) (Alt W. et al, Foot Ankle Int 1999) (井出本 ほか 臨床バイオメカクス 2015) ・皮膚障害リスク ・運動後の制動力↓↓ ・テーピング依存症 (小笠原 ほか 日本臨床スポーツ医学 2010) (福林 ほか 臨床スポーツ医学 2005) (井出本 ほか 臨床バイオメカクス 2015) 30分で14%↓↓ 15分のウォーキングはOK
4. 非伸縮テープ 伸縮性(-) 関節の可動制限、圧迫 12 /19 /25 /38 /50mm サポーター効果
5. 伸縮テープ 伸縮性(+) 筋収縮の補助 (+関節の可動制限、圧迫) 伸縮率は用途に応じ様々 パフォーマンス↑↑
6. 実際にやってみましょう
7. 足関節の基本テーピング スターアップ ホースシュー (+サーキュラー) ヒールロック フィギュアエイト 内反の制動 スターアップの固定力↑↑ 踵骨の固定 動揺の制動 組み合わせて固定力↑↑ (石山 ほか MB Orthop 2010) (越野 ほか 日本臨床スポーツ医学 2019)
8. ①基本肢位 ・足関節 底背屈0° (・皮膚保護:パッド、アンダーラップ)
9. ②アンカーテープ ・基準、土台 ・下腿はやや上方に角度をつけて
10. ③スターアップ ・内側から外側へ ・2本目~:踵は同部位→近位はずらす
11. ④ホースシュー(+サーキュラー) ・果部にややかかる程度に ・重ねながら下腿アンカーまで
12. ⑤ヒールロック ・踵骨側面は強めに ・反対も同手技で
13. ⑥フィギュアエイト ・外果→足底→ 足部外側→内果→外果
14. ②アンカー仕上げ~完成 いかがでしょうか??
15. Take home message 生理的な関節運動を制限しない Functional treatment(+パフォーマンス向上) 長所、短所を理解し適切な使用 Ankle taping
16. 医学の学び・医学書レビューをまとめたサイトを運営しています 是非公式LINEアカウント登録し サイトを覗いてみてください!