アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール
使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/23

シェア
イシヤク

2021/12/22
(2021/12/30 更新)

イシヤク

薬剤比較

7355 page views

睡眠薬に関しての診療アルゴリズム、薬効ごとの作用機序や特徴、副作用についてまとめています。
また、各薬効に属する薬剤に関して、専門医コメントを掲載しています。

そのほかの薬剤について専門医コメントをご確認いただきた場合は、医師向け薬剤比較アプリ「イシヤク」(完全無料)でご確認ください。
イシヤクアプリはこちら。
iOSの方:https://apple.co/38QrgLq
androidの方:https://bit.ly/3tC1fc7

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40626 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

169845 61

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

7604 42

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

25438 46

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4762 12

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10287 41

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6077 33
もっと見る

睡眠薬一覧 薬効ごとのまとめ

1. 睡眠薬一覧 薬効ごとのまとめ イシヤク
2. 目次 1. 睡眠薬一覧(画像) 2. 睡眠薬診療ガイドライン 3. 睡眠薬比較(ピーク・半減期・薬価) 4. バルビツール酸系 5. ベンゾジアゼピン系 6. 非ベンゾジアゼピン系 7. メラトニン受容体作動薬 a. 8. ラメルテオン(ロゼレム®)・メラトニン(メラトベル®) オレキシン受容体拮抗薬 a. スボレキサント(デエビゴ®)・レンボレキサント(ベルソムラ®)
3. ベンゾジアゼピン系 超短 ハルシオン 短 0.25mg デパス 0.5mg 中 1mg 1mg サイレース 2mg 長 ドラール 0.125mg ロラメット レンドルミン 0.25mg ユーロジン 1mg 2mg リスミー 1mg 2mg 非ベンゾジアゼピン系 マイスリー 10mg 5mg 1mg ルネスタ 2mg アモバン 2mg ベンザリン 5mg 10mg ソメリン メラトニン 受容体作動薬 オレキシン受容体拮抗薬 ロゼレム 2.5mg デエビゴ 5mg 10mg 10mg ベルソムラ 15mg 20mg メラトベル 3mg ダルメート
4. 睡眠薬診療ガイドライン 【薬物療法補足】 依存形成リスクが低いことが臨床試験で示さ れている非ベンゾジアゼピン系睡眠薬, メラト ニン受容体作動薬, オレキシン受容体拮抗薬 などが主要な第一選択薬となると思われる 睡眠薬の適正な使用と休薬のための診療ガイドライン 2013年
5. 睡眠薬比較:ピーク・半減期・薬価 分類 非BZD系 BZD系 商品名 一般名 最高 用量 ピーク (h) 半減期 (h) 薬価 (円) マイスリー ゾルピデム 10mg 1 3.8 50.3 アモバン ゾピクロン 10mg 0.8 2 17 ルネスタ エスゾピクロン 3mg 1 5.1 72.5 ハルシオン トリアゾラム 0.5mg 1.2 2.9 11.7 デパス エチゾラム 3mg 3.3 6.3 10.1 レンドルミン ブロチゾラム 0.5mg 1.5 7 10.1 エバミール/ロラメット ロルメタゼパム 2mg 1.5 10 17.8 リスミー 塩酸リルマザボン 2mg 3 10.5 14.5 サイレース/ロヒプノール フルニトラゼパム 2mg 1.5 7 11.3 ユーロジン エスタゾラム 4mg 5 24 7.3 ベンザリン/ネルボン ニトラゼパム 10mg 2 27 9.4 ドラール クアゼパム 30mg 3.5 36 86.2 ダルメート/ベノジール フルラゼパム 30mg 4.5 23.6 9.2 ソメリン ハロキサゾラム 10mg 5 >42 16.2 型 超短 短 中 長 ※薬価は通常量の場合の価格
6. 睡眠薬比較:ピーク・半減期・薬価 分類 メラトニン 受容体作動薬 オレキシン 受容体拮抗薬 商品名 一般名 最高 用量 ピーク (h) 半減期 (h) 薬価 (円) ロゼレム ラメルテオン 8mg 0.75 0.94 86.2 メラトベル メラトニン 4mg 0.32 1.41 207.8 デエビゴ レンボレキサント 10mg 1.55 31.55 90.8 ベルソムラ スボレキサント 20mg 1.5 10 109.9 ※薬価は通常量の場合の価格
7. バルビツール酸系 作用機序 特徴 脳の大脳皮質や脳幹に作用して、脳の覚醒を抑えることで、眠気や鎮 静作用を示す。 呼吸抑制や依存性に問題があり、睡眠薬としての投与は勧められな い。睡眠薬としては、依存や耐性などの懸念がより少ないBZD系薬や 非BZD系薬などが主流になっている。 短時間型:ラボナ。 中間型:イソミタール。
8. バルビツール酸系:ペントバルビタールカルシウム・セコバルビタールナトリウム ・アモバルビタール
9. ベンゾジアゼピン系(超短時間型) 特徴 半減期:2〜4h。入眠障害に適する。 夜間覚醒の追加投与でも比較的安全なため、一過性不眠に適する。 力価 超短時間型の効果の強さ:ハルシオン>アモバン>マイスリー≧ルネス タ。 ハルシオン0.25mg=アモバン7.5mg=マイスリー10mg=ルネスタ 2.5mg。 注意点 夢中遊行症や服薬後の朦朧状態、中断による反跳性不眠で中止が困難 となる場合があり、注意が必要。
10. ベンゾジアゼピン系(超短時間型):トリアゾラム
11. ベンゾジアゼピン系(短時間型) 特徴 半減期:6〜10h。入眠障害、夜間覚醒時の頓用使用に良いが、依存性 がつきやすく、離脱症状が出現しやすい。 デパスは、睡眠薬ではなく、抗不安薬として用いられることがほとんど。 力価 短時間型の効果の強さ:レンドルミン≧デパス≒エバミール/ロラメット> リスミー。 レンドルミン0.25mg=デパス1.5mg=ロラメット1mg=リスミー2mg。
12. BZD系(短時間型):ロルメタゼパム・ブロチゾラム・リルマザホン塩酸塩
13. ベンゾジアゼピン系(中間型) 特徴 副作用 力価 半減期:12〜24h。中途覚醒や、早期覚醒に適する。 連用による蓄積があり、日中の抗不安作用が期待できるものの、持ち 越し効果に注意する。 中間型の効果の強さ:サイレース>ベンザリン>ユーロジン。 サイレース1mg=ベンザリン5mg=ユーロジン2mg。
14. BZD系(中間型):エスタゾラム・フルニトラゼパム・ニトラゼパム
15. ベンゾジアゼピン系(長時間型) 特徴 半減期:24h以上。早期覚醒によく、日中の抗不安作用も強く示すた め、神経症性不眠に良い。 翌朝の持ち越し効果や、日中の精神運動機能、注意・集中力の低下へ の影響が出現しやすい。 副作用 力価 ドラールは半減期が32hと長く、反跳性不眠が少ないため長期の頑固 な不眠や、睡眠薬からの離脱に利用するが、持ち越し効果に注意す る。 長時間型の効果の強さ:ドラール>ベノジール/ダルメート≒ソメリン。 ドラール15mg=ダルメート15mg=ソメリン5mg。
16. BZD系(長時間型):クアゼパム・フルラゼパム・ハロキサゾラム
17. 非ベンゾジアゼピン系 作用機序 非BZD系薬は、BZD系薬と化学構造が異なるが、同様にBZD受容体に 作用する。 特徴 筋弛緩作用と関連するω2受容体には作用せず、ω1受容体に選択的に 作用することから、筋弛緩性が少なく、安全性においてBZD系薬よりも 優る。 力価 超短時間型の効果の強さ:ハルシオン>アモバン>マイスリー≧ルネ スタ。 ハルシオン0.25mg=アモバン7.5mg=マイスリー10mg=ルネスタ 2.5mg。
18. 非ベンゾジアゼピン系:ゾピクロン・ゾルピデム・エスゾピクロン
19. メラトニン受容体作動薬 作用機序 特徴 メラトニン受容体刺激により、自然に近い生理的睡眠を誘導する ことで、不眠症における入眠困難などを改善する。 BZD受容体に作用しないため、筋弛緩作用や記憶障害、依存性 がないため安全性が高い。 効果は若干弱く、強い不眠には向かない。高齢者や睡眠相のず れを治す際に有効。
20. メラトニン受容体作動薬:ラメルテオン・メラトニン
21. オレキシン受容体拮抗薬 作用機序 脳の覚醒を促進するオレキシンの受容体を阻害することで、脳を睡眠 状態へ移行させ睡眠障害を改善する。 各薬剤の 特徴 ベルソムラは中途覚醒や早期覚醒に効果があるが、悪夢が見られるこ とがある。 デエビゴはオレキシン2受容体阻害が強く、効果発現が速いため、入眠 困難にも効果が期待される。
22. オレキシン受容体拮抗薬:スボレキサント・レンボレキサント
23. イシヤク 医師向け薬剤比較アプリ「イシヤク」では、全 薬剤に専門医コメントを掲載しています。 ご興味のある方は、 Appleストア・Googleプ レイで「イシヤク」で検索して是非ダウンロード してみてください。 https://bit.ly/3FJmFc9