アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます
インストール
使用されているブラウザではスライドの拡大ができません。iPadをご利用の場合はSafariをお試しください

1/18

シェア
ドクター K

2021/12/21

ドクター K

匿名希望

5858 page views

眼科疾患を疑った。でも、眼科医がいない。
このスライドでは、眼科医がいなくてもある程度診断、初期対応ができるように、緊急性の高い3つの疾患に絞って解説します。

◎目次
・知っておきたい眼科救急3選
・急性緑内障発作とは
・急性緑内障発作の機序
・急性緑内障発作の疫学
・急性緑内障発作の症状
・急性緑内障発作の治療
・眼窩骨折(眼窩吹き抜け骨折)とは
・眼窩骨折(眼窩吹き抜け骨折)の症状
・眼窩骨折(眼窩吹き抜け骨折)の検査
・閉鎖型か開放型かが治療に超重要
・患者を帰宅させる際の注意事項
・角膜化学外傷とは
・角膜化学外傷の問診のポイント
・角膜化学外傷の症状
・角膜化学外傷の対応の基本は3つ
・Take home message

- Featured Contents -

【公式】Antaa Slideへのアップロード方法

Antaa Slideは、医師・医学生のためのスライド共有プラットフォームです。 本スライドでは、Antaa Slideへのスライドアップロード方法を解説します。 ① Antaa Slideへのログイン方法 ② スライドのアップロード方法 ③ アップロードしたスライドの確認方法 ④ ご利用にあたっての注意点 勉強会やセミナーのために作ったスライドを、皆でシェアして知識をつないでいきましょう。アップロードをお待ちしています! ※登録には、医師資格登録年度または医学部卒業見込み年度の入力が必要です。 <以下のnoteもぜひご覧ください> Antaa Slideは、医師同士の“Giveの精神”でつながるスライド共有プラットフォーム https://note.com/antaa/n/n5fabdc34a32f Antaa Slideってどんなサービス? 反響をまとめてみました https://note.com/antaa/n/nd09bf6ed8f3f

40626 20

オミクロン(B.1.1.529系統)について

2021年11月から急速に世界中に拡がり、2022年1月初旬から日本でも急速に増加しているオミクロンについて、2022年1月6日時点でわかっていることについてまとめました。日本政府の方針に合わせて、2022年1月10日に1回目の改訂を行い、2022年1月15日に再度改訂しました。このスライドは、作者が個人的に作成したものであり、所属施設の見解を代表したものではありません。

169843 61

2022.1.11時点のCOVID治療について

様々な新薬が使用できるようになりCOVID治療の選択肢が増えました。 2022.1.11時点におけるCOVIDの標準治療をまとめました。 参照される際は最新の情報をもとにご活用いただきますようお願い致します。

7563 42

内科医のための脳出血とくも膜下出血

内科医が苦手意識があるかもしれない、出血性脳卒中について初療の重要ポイントを、その後の脳神経外科医の仕事にもイメージがわくように、まとめました。「内科医のための」とありますが、内科医ではない先生も、研修医の先生も、ぜひ少しでも御参考頂ければ幸いです。

25376 46

在宅医療における看取りの作法

在宅医療の看取りを言語化したときに「一定の作法・型がある」というのが私の臨床経験上の1つの結論です。トータルペイン、看取りのパンフレット、キュブラー・ロスの死の受容5段階モデルの活用など。より具体的にスライド作成していますので、明日の在宅医療現場で意識してもらえたら幸いです。

4762 12

救急外来で気軽に使える漢方入門 漢方はじめるならこの症候 3選

本スライドは「現代医学的な視点」で「西洋医学を補完」するための救急漢方の入門編です. ◎対象者 ・救急外来で漢方を役立てたい人 ・漢方に興味があるが, はじめ方がわからない人 ・漢方特有の理論が苦手な人 ◎目次 ・本スライドの対象者 ・救急漢方はどんなときに役立つ? ・救急漢方の特徴は? ・救急漢方はじめるならこの症候 ・めまい ・便秘 ・打撲 ・もっと救急漢方を役立てたい方 ・最後に漢方の代表的な副作用をチェック ・Take home message

10287 41

「脊髄損傷」コレだけは 〜基本的な初期対応〜

脊髄損傷の「評価の方法」「手術の是非」「ステロイド大量療法の是非」が学べます。当直などで脊髄損傷が来るとなった時でも焦らずに対応できるよう学んでいきましょう。 ◎目次 ・今回のスライドで学べること ・脊髄損傷でもまずはABCDE ・バイタルが安定したら脊髄損傷の評価 ・高位診断 ・損傷高位と達成可能な予後 ・脊髄損傷の重症度評価 ・脊髄損傷の重症度による予後予測 ・脊髄損傷に対する手術治療の是非 ・ステロイド大量療法の是非 ・脊髄損傷の初期合併症の注意点と対応 ・ステミラック注 ・TAKE HOME MESSAGE

6063 33
もっと見る

知っておきたい眼科救急3選

1. 知っておきたい眼科救急3選 ドクターK@眼科医 twitter: @doctorK1991
2. 「明らかに眼科の病気だよな」 「・・・でも、眼科医がいない」 僕も研修医の頃、このシチュエーションが何度かありました。こ のスライドでは、眼科医がいなくてもある程度診断、初期対応 ができるように、緊急性の高い3つの疾患に絞って解説します。
3. 知っておきたい眼科救急3選 ①急性緑内障発作 ②眼窩骨折(眼窩吹き抜け骨折) ③角膜化学外傷 それでは、順番に見ていきましょう。
4. ①急性緑内障発作とは 急激かつ高度の眼圧上昇により不可逆的な 視神経障害をきたす状態 一刻も早く治療が必要 緑内障のない方が突然に中等度~重症の緑内障になるイメージです。
5. 急性緑内障発作の機序 散瞳薬や膨隆した水晶体など 眼球内で排出される房水の出口が閉塞する 房水が排出されず、眼球内に貯まること で眼圧が上昇する 眼圧の正常値は10-21mmHgですが、急性緑内障発作では 40mmHg以上になることが多いです。
6. 急性緑内障発作の疫学 ①遠視の(目が良い)人に多い ②女性に多い ③高齢者に多い ①、②に多い理由は眼の容積が小さいため、③は高齢にな ると白内障となり、水晶体が膨隆するため眼の容積が減るた めです。
7. 急性緑内障発作の症状 他覚症状 自覚症状 • • • • 視力低下 眼痛、頭痛 霧視、光視症 悪心、嘔吐 • • • • 角膜浮腫 充血(結膜、毛様) 瞳孔中等度散大 浅前房 赤文字は自覚症状として多く、赤文字の他覚症状は眼科医 でなくても判断できます。基本的には片側ですが、稀に両側 の症状を訴えることもあります。
8. 急性緑内障発作の治療 1)薬物治療 ① 高浸透圧薬の点滴静注 (マンニトール、グリセオール) ② 降眼圧薬点眼薬 2)外科的治療 ① レーザー虹彩切開術 ② 周辺部虹彩切除術 ③ 白内障手術 マンニトールの禁忌 ・急性頭蓋内血腫の存在 する患者 グリセオールの禁忌 ・先天性のグリセリン、果糖 代謝異常症の患者 ・成人発症Ⅱ型シトルリン 血症の患者 急性緑内障発作で使う薬剤は副作用が多い。しかし、眼科医が不在なことも 多く、その場合は20%D-マンニトール 1回1〜3g/kg(300〜500 ml)を 30〜45 分で点滴投与してながら、その間に眼科医がいる病院を探すのも良いです。
9. ②眼窩骨折(眼窩吹き抜け骨折)とは 眼窩を構成する7つの骨 前頭骨、頬骨、上顎骨、篩骨、涙骨、蝶形骨、口蓋骨 これら骨に鈍的外力が加わり、眼窩内圧が上昇する。 眼窩骨折(眼窩吹き抜け骨折) 特に、眼窩の下壁と内壁は壁が非常に薄いため 骨折しやすいとされています。
10. 眼窩骨折(眼窩吹き抜け骨折)の症状 • 腫脹による眼球突出 吸収されると眼球陥凹 • 複視 骨折により嵌頓した筋により複視を生じ る方向が異なる。 例)下直筋嵌頓→上下方向視で複視 外直筋嵌頓→左右方向視で複視 眼球運動障害による複視を客観的に評価するため、 眼科ではHessチャートを利用した検査を行います。
11. 眼窩骨折(眼窩吹き抜け骨折)の検査 • 眼窩骨折の診断は眼窩部CTが有用である。特に、下壁骨折は冠 状断や矢状断が有用である。 • 開放型眼窩骨折では骨折片、軟部組織が副鼻腔へ偏位する像を 認める。 • 閉鎖型眼窩骨折(下壁骨折が多い)では偏位した骨折部に軟部組 織が挟まったような像や、骨折部に嵌頓した外眼筋が消失したよう に見えるmissing rectus signなどを認めることがある 眼窩骨折の診断には眼窩部CTが有用です。ここで開放型 か閉鎖型の判断が治療で重要です。また、MRIは金属異物 の恐れから第一選択にはなりません。
12. 閉鎖型か開放型かが治療に超重要 外眼筋が絞扼(+) 24時間以内の緊急整復術 閉鎖型 外眼筋が絞扼(-) 外眼筋以外の絞扼(+) 眼球運動障害など 不可逆性変化(+) 開放型 眼球運動障害など 不可逆性変化(-) 2週間以内の予定手術 2週間以内の予定手術 経過観察 ※施設によりオレンジ文字の日数は異なります。
13. 患者を帰宅させる際の注意事項 眼窩骨折と診断した患者さんには 「鼻をかまない」よう指示しています。 受傷後に鼻を強くかむと眼窩気腫を生じ、眼 瞼腫脹や眼球運動障害が増悪することがあ ります。 もし「瞼の腫れが強くなった」、「二重に見え るようになった」などの症状があれば眼窩部 CTをオーダーしましょう。
14. ③角膜化学外傷とは 化学物質(酸、アルカリ)が眼に飛入することで、角 膜や結膜が障害されることを角膜化学外傷という。
15. 角膜化学外傷の問診のポイント 「何が眼に入ったか」これが最も重要です。 特に、アルカリの化学物質が眼に飛入していないかどうかを 確認しましょう! アルカリは組織蛋白のゲル化と細胞膜の脂質のけん 化による細胞膜の融解が起こり、上皮細胞のバリア を溶かします。より深く、より短時間で前房内に達する こともあります。
16. 角膜化学外傷の症状 • 視力低下 • 流涙(穿孔していると流涙が強く出ることがありま す) • 結膜浮腫 • 結膜充血 • 眼痛 いつ受傷したかが明確なので、その後から上記の症 状を訴えます。
17. 角膜化学外傷の対応の基本は3つ 1.十分な洗眼 2.残存異物の除去 →1、2では、患者に速やかに水道水などの流水で10分以上洗眼するよう指示する。さらに、 来院時に生理食塩水などを用いて10-20分以上かけて、1-2L以上洗眼を行う。 3.適切な薬物治療 →感染予防のため、抗菌薬の局所・全身投与を行い、ステロイド点眼・内服による消炎やヒ アルロン酸ナトリウム点眼なども併用する。また、炎症性の眼圧上昇に備えて、予防的にア セタゾラミド内服も投与する。 まずは、とにかく洗眼して、異物を除去することに徹し ましょう!
18. Take home message • 片眼に眼痛、充血、視力低下があれば急性緑内障発作を必 ず疑おう • 閉鎖型眼窩骨折は24時間以内の対応が必要 • 眼内に酸、アルカリが入った可能性があれば、まずは洗眼を!