Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

すでにアカウントをお持ちの方はこちら

1/21

意外と知らない眼に影響する薬

  • 呼吸器内科

  • アレ膠リウマチ内科

  • 眼科

  • ステロイド
  • 眼科
  • エタンブトール
  • クロロキン
  • 抗コリン薬
  • 白内障
  • 緑内障
  • 視神経症
  • クロロキン網膜症

11,257

40

更新

シェア

ツイート

内容

眼に副作用がある薬は意外と多く、それが薬によるものと知らない方もいます。このスライドでは、眼に影響する薬のうち、よく使われる薬の合併症について解説していきます。

◎目次

①ステロイド

②エタンブトール

③クロロキン

④抗コリン薬

本スライドの対象者

研修医/専攻医
ドクターK

匿名希望


ドクターKさんの他の投稿スライド

知っておきたい眼科救急3選

#眼科 #急性緑内障発作 #眼科救急 #マンニトール #眼窩骨折 #眼窩吹き抜け骨折 #角膜化学外傷

112

40,649

最終更新:2021年12月21日

【疾患別】眼科併診のタイミング

#甲状腺眼症

52

6,800

最終更新:2022年4月25日

子どもの目の病気の扱い方

#結膜炎 #ビジョンスクリーナー #流行性角結膜炎 #アレルギー性結膜炎 #涙嚢マッサージ #先天鼻涙管閉塞症

29

4,389

最終更新:2022年8月30日

もっと見る


このスライドと同じ診療科のスライド

論文抄読会: 活動性ループス腎炎寛解導入療法におけるタクロリムスの有効性(無作為化非盲検第三相試験)

#研修医 #論文 #シクロホスファミド #SLE #免疫抑制剤 #専攻医 #膠原病 #抄読会

5

2,228

最終更新:2023年2月2日

ふり返れ!!地獄の総合内科専門医試験2022〜アレルギー編〜

#ABPA #運動誘発性アナフィラキシー #アレルギー性気管支肺アスペルギルス症 #アスピリン不耐性 #アナフィラキシーショック

19

4,079

最終更新:2023年1月31日

5類感染症となるCOVID-19への対応 - 5類化への対応・院内感染対策・早期治療の重要性 -

#新型コロナウイルス感染症 #COVID-19 #感染対策 #5類感染症 #マスク

96

92,764

最終更新:2023年1月30日

臨床病期1期(ステージ1)の非小細胞肺癌のガイドライン

#オシメルチニブ #肺葉切除 #非小細胞肺癌 #外科切除 #テガフール・ウラシル #開胸 #アテゾリズマブ #胸腔鏡下手術 #標準手術 #術後補助療法 #PET

29

3,381

最終更新:2023年1月23日

肺がん手術の今までとこれから

#肺切除 #リンパ節郭清 #拡大手術 #低侵襲手術 #気管支形成術 #JCOG0802試験

29

3,923

最終更新:2023年1月20日

救急エコーはまず肺より始めよ 簡単ですぐに使えて コスパ最高

#エコー #救急外来 #医学生 #研修医 #救急科 #気胸 #肺エコー #初期研修医 #POCUS #B line #Lung slidingの消失 #A line #Lung sliding

561

63,069

最終更新:2023年1月5日


診療科ごとのスライド

内科(322)

消化器内科(50)

循環器内科(72)

呼吸器内科(76)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(45)

腎臓内科(28)

アレ膠リウマチ内科(27)

脳神経内科(90)

総合診療科(124)

救急科(328)

外科(31)

消化器外科(2)

呼吸器外科(3)

乳腺外科(0)

整形外科(77)

脳神経外科(14)

泌尿器科(21)

形成外科(18)

皮膚科(24)

眼科(18)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(4)

小児科(43)

産婦人科(46)

精神科(60)

放射線科(46)

麻酔科(12)

緩和ケア科(22)

感染症科(180)

産業医(8)

初期研修医(296)

その他(279)


意外と知らない眼に影響する薬

  • 1.

    意外と知らない眼に影響する薬 ドクターK@眼科医 twitter: @doctorK1991

  • 2.

    「患者さんが目が見えづらい」 と言っている 「この薬は眼に副作用があるのか」 眼に副作用がある薬は意外と多く、それが薬によるものと知らない方もいま す。このスライドでは、眼に影響する薬のうち、よく使われる薬の合併症につ いて解説していきます。

  • 3.

    意外と知らない眼に影響する薬 ①ステロイド ②エタンブトール ③クロロキン ④抗コリン薬 それでは、順番に見ていきましょう。

  • 4.

    ①ステロイドとは ステロイドは最も広く使われる薬剤の一つで、抗炎症作用 などを期待して多くの診療科で使わる。 眼科でも、角膜混濁やぶどう膜炎などに使われる。 ただし、副作用も多く、眼への影響も注意が必要である。

  • 5.

    ステロイドによる眼合併症 • 白内障 • 高眼圧症(緑内障) • 中心性漿液性網脈絡膜症 • 多発性後極部網膜色素上皮症 など ステロイドは多くの診療科で使われますが、特に頻度の多い白内障と高眼 圧症について解説します。

  • 6.

    ステロイド白内障 • ステロイドによって水晶体が混濁し、年齢によら ず白内障となる。 • ステロイド内服や点滴によって生じることが多い が、軟膏剤など投与方法を問わずに発症しうる。 ステロイド投与量に依存するとされており、ステロイドパルス療法を行うと起 こしやすく、投与量が少ないと起こりにくいです。特に、プレドニン🄬換算で10 ㎎/日以下での発症は比較的稀とされています※。 ※大路正人.今日の眼疾患治療指針第3版.医学書院

  • 7.

    ステロイド緑内障 • ステロイドによって眼圧が上昇し、その状態が続 くと視野障害をきたし、緑内障となる。 • 特に、ステロイドレスポンダー(若年者に多い)、 作用の強いステロイドほど起こりやすい。 ステロイド白内障と同様、用量依存性があり、どんな投与経路でもステロイド 緑内障は生じます。

  • 8.

    ステロイドによる眼合併症への対応 • 投与中止しても、ステロイド白内障は改善しない ため、視力低下など症状があれば白内障手術を 行う。 • ステロイド緑内障は可能なら中止するが、中止で きない場合は眼圧下降の点眼や緑内障手術に て対応する。 これら合併症は自覚症状がないことも多いため、長期間ステロイドを使う、 あるいはステロイド大量投与(ステロイドパルス療法など)をする場合は眼科 併診をお願いします!

  • 9.

    ②エタンブトールとは エタンブトールは結核の治療に用いられる抗抗酸菌薬で、 イソニアジドなど他の抗抗酸菌薬と併用で用いられる。

  • 10.

    エタンブトールによる眼の合併症 • 約3%に視神経症を発症する。 • 25㎎/kg/日以上で視力低下が起こりやすい。 • 特に、エタンブトールは腎排泄のため、腎機能低下 例で重症となりやすい。 発症時期は2カ月以内では起こりにくく、平均5~7カ月 とされています。

  • 11.

    エタンブトール視神経症の症状 他覚症状 自覚症状 • 色覚異常 • 霧視 • 視力低下 • • • • 中心フリッカー値低下 マリオット盲点拡大 中心暗点 求心性視野狭窄 最も早期の症状が色覚異常とされています。また、中心フリッカー値 が比較的鋭敏な検査とされています※。中心フリッカー値は赤色ラン プの点滅が判断できるかを見ています。 ※大路正人.今日の眼疾患治療指針第3版.医学書院

  • 12.

    エタンブトール視神経症への対応 • 投与中止しないと視力は悪化する。 • 進行すると、不可逆的になり視神経萎縮などを 認める。 • 投与中止によりゆっくりと視力等は改善する。 視神経萎縮が高度になると、視機能の改善が得られないこともあり、早期発 見・早期治療開始が重要です。

  • 13.

    ③クロロキンとは クロロキンはマラリアに対する抗マラリア薬として用いられ る他、2015年9月にプラケニル®として販売され、SLEに対 する治療薬として用いられるようになった。

  • 14.

    クロロキンによる眼の合併症 • クロロキンは網膜を障害し、クロロキン網膜症を発 症する。 • その発症頻度は1%未満~数%とされている。 • クロロキン網膜症のリスク因子 5年以上の投与期間、薬剤投与量が多い 高齢、腎機能・肝機能障害 • 5年 以 上 の

  • 15.

    クロロキン網膜症の症状 自覚症状 • 視力低下 • 輪状暗点 • 羞明 • 夜盲 など 他覚症状 • 標的網膜症(bull’s eye) • 中心窩反射消失 • 黄斑部の微細な顆粒状所見 • 動脈の狭細化 など 2016年アメリカ眼科学会のガイドラインでは、視野検査とSD-OCTの 両方を実施することが特に重要とされています。

  • 16.

    眼科診察のタイミング 1. 処方前 2. 処方開始後は1年に1回 ※下記リスクがある場合は、6カ月に1回など頻回に診察するのが望ましい。 ・腎機能障害、肝機能障害 ・累積投与量200g以上(1000gは要注意) ・視力障害がある ・高齢者 早期発見と休薬が重要です。クロロキンは体外排泄が遅く、中止後も進行 する恐れがあるため、定期的な経過観察は必要です。

  • 17.

    ④抗コリン薬とは 抗コリン薬は、アセチルコリン(Ach)の作用を抑制すること で、消化管の運動亢進に伴う痛みや痙攣、下痢などを抑 える薬として広く使われる。市販薬にも含有される。

  • 18.

    こう思っている人はいませんか 抗コリン薬は全ての緑内障に禁忌 これは正しくありません。正確には閉塞隅角緑内障 の方に使用禁忌とされています。詳しく解説します。

  • 19.

    抗コリン薬が閉塞隅角緑内障に禁忌な理由 抗コリン作用により交感神経優位になる 交感神経によって散瞳効果↑ 隅角が狭い場合、散瞳するとさらに狭小化 隅角が閉塞し、緑内障発作を誘発する 緑内障発作になり、診断が遅れると不可逆的な視力障害や視野障害をきた すことがあります。抗コリン作用がある薬剤を投与する場合は、眼科医に相 談、あるいは詳細な問診を行ってください。

  • 20.

    Take home message • ステロイドによる眼合併症は投与方法を問わない。 • エタンブトールは点滅が分からなくなったら要注意。 • クロロキンは処方前にも必ず眼科併診を! • 抗コリン薬は閉塞隅角緑内障であれば使用することはできない。

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.