Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/52

食事・運動・薬物療法を 120%発揮させる スーパー連携術 〜理想的な地域における糖尿病性腎症重症化予防と現実〜

  • 糖尿病内分泌代謝内科

  • 腎臓内科

  • 多職種
  • 糖尿病
  • 重症化予防
  • 合併症
  • 腎症
  • 医療連携

4,606

7

2021/1/9
2021/1/10 更新
小内裕

医療法人小内医院

糖尿病重症化予防、出来ていますか?我々のグループは出来ていません!威張ることではありませんが、、、何故?それはこのスライドが物語っているだろう。小内流・しくじり先生、ご覧あれ!


小内裕さんの他の投稿スライド

健やかにいきいきと働き続けるために 〜就労と糖尿病の関係性〜

#糖尿病 #小内塾 #働き方改革 #糖尿病連携手帳 #就労者支援

7

3,350

チームで歩んだ糖尿病診療 〜迷わず行けよ、行けばわかるさ〜

#糖尿病 #チーム医療 #療養支援

10

28,209




注目のスライド

もっと見る

診療科ごとのスライド

内科(265)

消化器内科(46)

循環器内科(62)

呼吸器内科(63)

血液内科(27)

糖尿病内分泌代謝内科(38)

腎臓内科(19)

アレ膠リウマチ内科(20)

脳神経内科(76)

総合診療科(94)

救急科(278)

外科(27)

消化器外科(1)

呼吸器外科(0)

乳腺外科(0)

整形外科(65)

脳神経外科(12)

泌尿器科(18)

形成外科(13)

皮膚科(21)

眼科(14)

耳鼻咽喉科(11)

歯科口腔外科(7)

リハビリテーション科(6)

心臓血管外科(3)

小児科(31)

産婦人科(41)

精神科(52)

放射線科(42)

麻酔科(8)

緩和ケア科(18)

感染症科(162)

産業医(3)

初期研修医(209)

その他(254)


食事・運動・薬物療法を 120%発揮させる スーパー連携術 〜理想的な地域における糖尿病性腎症重症化予防と現実〜

  1. 食事・運動・薬物療法を120%発揮させるスーパー連携術〜理想的な地域における糖尿病性腎症重症化予防と現実〜 2019.10.13(火曜日) 医療法人 小内医院  小内 裕

  2. COI開示 発表者名: ◎ 小内 裕 演題発表に関連し、開示すべきCOI関係にある企業なし

  3. 本講演内容における免責事項 <承認外の情報について> 本講演内容には一部、国内承認外の効能・効果、用法・用量の臨床成績等が含まれる場合がありますが、承認外の処方を推奨するものではありません。 国内で承認された効能・効果、用法・用量につきましては、当該製品の添付文書をご参照ください。 <未承認薬の情報について> 本講演内容には一部、国内の未承認薬の臨床成績等が含まれる場合がありますが、未承認薬の処方を推奨するものではありません。 <症例提示について> 本講演内容には一部、有効例等の症例報告に関する情報が含まれる場合があります。その報告がすべての症例にあてはまるものではなく、当該医薬品の処方を推奨するものではありません。 国内で承認された効能・効果、用法・用量、使用上の注意につきましては、当該製品の添付文書をご参照ください。 <他社医薬品の紹介について> 本講演内容には一部、他社医薬品の臨床成績等に関する情報が含まれる場合があります。 当該医薬品の効能・効果、用法・用量、使用上の注意につきましては、当該医薬品の添付文書をご参照ください。

  4. https://jp.gdfreak.com/public/detail/jp010050000001006206/1

  5. 「糖尿病が強く疑われる者」 「糖尿病の可能性を否定できない者」の 推計人数の年次推移

  6. 荒木厚先生、鈴木亮先生 DITN 2016年6月号より

  7. 日本糖尿病学会編・著:糖尿病治療ガイド2020-2021. p31, 文光堂, 2020 糖尿病治療の目標 健康な人と変わらない人生 健康な人と変わらない寿命の確保 糖尿病の合併症 糖尿病細小血管合併症(網膜症、腎症、神経障害)および動脈硬化性疾患(虚血性心疾患、脳血管障害、末梢動脈疾患)の発症、進展の阻止 血糖、血圧、脂質代謝の良好なコントロール状態と適正体重の維持、および禁煙の遵守 糖尿病 advocacy 学会・患者団体・行政

  8. 糖尿病の主な合併症

  9. KUMAMOTO STUDY

  10. -

  11. 糖尿病治療ガイド2016-2017より引用 正常 フレイル 身体機能障害

  12. 薬物療法 食事療法 運動療法 糖尿病療養支援 糖尿病に 対する○○ 理想とする糖尿病治療

  13. 食事療法の観点から腎を守る〜糖尿病透析予防指導の効果〜 Yu Kouchi, et al. Verification of the Efficacy of Guidance for Dialysis Prevention in Japanese Diabetic Patients. 6th AASD@Taiwan

  14. 山崎紗也加、小内裕、他:「糖尿病患者に対する継続した栄養指導効果の検討」第60回日本糖尿病学術集会, 2017. 食事療法の観点から腎を守る

  15. 運動療法の観点から腎を守る 慢性腎臓病が少し進行した人たちを対象に運動療法の効果を調べた結果です。運動をまったくしなかったグループ(赤色の線)は腎臓の働きが次第に低下していきました。一方、1回40分・週3回の有酸素運動などを行ったグループ(黄色の線)は、開始した時期から腎臓の働きが保たれ、さらに改善もしています。

  16. 薬物療法の観点から腎を守る〜SGLT2阻害薬には腎保護作用が期待されるのか?〜 2型糖尿病合併の有無に関わらず、慢性腎臓病患者を対象とした腎アウトカム試験(第3相DAPA-CKD試験)で、腎機能の悪化、心血管死または腎不全による死亡のいずれかの発生による複合評価項目がプラセボと比較して39%低下したと発表した 欧州心臓病学会2020 - The Digital Experience

  17. -

  18. 「いすいーっす!たいそう」

  19. 選択を禁じることも、経済的なインセンティブを大きく変えることもなく、人々の行動を予測可能な形で変える選択アーキテクチャーのあらゆる要素を意味する。 ナッジ理論

  20. 【東京都八王子市の事例】大腸がんリピート検診受診率の改善 受診率向上施策ハンドブック(第2版)より https://www.mhlw.go.jp/stf/newpage_04373.html

  21. 企業 行政 友人 家族 理想とされる糖尿病のチームアプローチ ・余命が短い ・罹病期間が長い ・脆弱 ・合併症がある ・精神的問題 ・薬剤忍容性の問題 ・受診/薬剤費の問題 ・糖尿病合併症が進行 ・患者の好み ・社会的および知識レベルの問題 ・認知機能障害 問題点を加味して プランを立てる 2019年3月に山形糖尿病療養指導士が誕生!

  22. -

  23. 第3版では糖尿病教育・支援のためのページが拡充! 糖尿病連携手帳 患者さんの治療に関する情報共有を円滑化し、医療スタッフの連携を促進、質の高い教育・支援の実現を支援するツール 使用できる人 ●医療従事者(日糖協会員問わず) ●患者さん(日糖協会員問わず) ☛ご入手ご希望の方は日糖協事務局へ  お問い合わせください!

  24. 患者向けDVD「運動療法のすすめ」&「フットケアのすすめ」を制作! 患者参加型療養支援DVD ・ 実際に体を動かして学ぶことができる参加型のツール ・ 「ミニドラマ」「〇×クイズ」「体験」などで構成  動画:待合室での視聴などに  スライド:糖尿病教室・イベントでの素材に (全4巻) 使用できる人 ●医療従事者(日糖協会員問わず) ☛ご入手ご希望の方は日糖協事務局へ  お問い合わせください!

  25. 医療従事者向けDVD「チームで考える!療養指導のポイント」を制作! 療養指導者学習支援DVD 各巻のテーマにそってドラマ仕立てに再現された臨床現場をもとに、 ディスカッションを通じてコーチングに基づいた指導法を学習。 各巻、初級者編・中上級者編で構成 (全5巻) 使用できる人 ●医療従事者(日糖協会員問わず) ☛ご入手ご希望の方は日糖協事務局へ  お問い合わせください!

  26. ORIMOTO HOSPITAL ORIMOTO HOSPITAL

  27. HbA1cの推移 (%) 「当院における糖尿病サポートチームの取り組み〜医師の立場から言えること〜」 第60回日本糖尿病学会年次学術集会 小内 裕、平山和代、高木由利、他 (織本病院 糖尿病サポートチーム)

  28. -

  29. 医師にとっての医療連携の温度差 ① 興味を持って医療連携に関わっている。 ② 興味を持っているが関わりたくない。 ③ そもそも医療連携に興味がない。

  30. クリニカルイナーシャとは? Reach G et al; Diabetes Metab 43: 501, 2017 治療目標が達成されていないにもかかわらず、 治療が適切に強化されていないこと

  31. -

  32. -

  33. ORIMOTO HOSPITAL 地域糖尿病サポートチーム 「最上糖尿病連携研究会の設立」

  34. 日本腎臓病協会HPより

  35. 日本腎臓病協会HPより

  36. 責任の所在が不明 コーディネーター役が 必要

  37. -

  38. -

  39. 第54回糖尿病学の進歩:津下一代地域連携で進める「糖尿病性腎症重症化予防プログラム」

  40. 具体的な解決策 介入対象の絞り込み:自院で治療中の全糖尿病患者のデータべースを作成し,eGFR低下率により,急速進行型の糖尿病性腎症患者を抽出し,さらに重症度の層別化を行ったうえで,重症度の高い患者に対するチームアプローチを可能にする. 各医療機関での積極的な検査が望まれる. 治療阻害要因の除去:減塩&脱水予防(生活習慣改善)とその継続が,院内指導だけでは行動変容できない場合,多職種による院内・外の連携指導が必要であり,その取り組みを主導する. 腎保護治療の実施;大規模臨床試験において,eGFR低下率の改善作用が明らかになっているGLP-1受容体作動薬もしくは, SGLT2阻害薬の投与を行う. そのためには・・・ みんなで連携!

  41. 埼玉県

  42. -

  43. -

  44. -

  45. 広島市(派遣タイプ)

  46. -

  47. -

  48. -

  49. 普段から良好な血糖管理を行い、 柔軟にシックディ対応が できるように心がける。 コロナ禍ではオンライン糖尿病療養支援も有効。 https://www.diabetes.org/coronavirus-covid-19

  50. -

  51. 寄り添った医療を心がけましょう!

  52. ご清聴ありがとうございました!

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.