Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

ログイン

アプリだとスライドの中のお気に入りの1ページを保存できます

インストール

1/23

中枢神経感染症

  • 脳神経内科

  • 感染症科

  • 感染症
  • 髄膜炎

14,840

66

2018/9/23
2018/9/23 更新

本スライドの対象者

研修医/専攻医

内容

和歌山県立医科大学血液内科で主催している感染症セミナーからの抜粋です。今回は中枢神経感染症の中でも「髄膜炎」について取り上げています。

森本将矢

聖路加国際病院


森本将矢さんの他の投稿スライド

免疫不全者のワクチン

#免疫不全 #ワクチン #IDSA

31

9,305

最終更新:2018年9月23日

血液腫瘍と感染症

#発熱性好中球減少症 #感染症 #白血病 #リンパ腫 #骨髄腫

134

79,579

最終更新:2018年10月12日

尿路感染症

#グラム染色 #感染症 #尿路感染症

163

67,355

最終更新:2018年9月23日

もっと見る



診療科ごとのスライド

内科(300)

消化器内科(48)

循環器内科(69)

呼吸器内科(69)

血液内科(29)

糖尿病内分泌代謝内科(41)

腎臓内科(23)

アレ膠リウマチ内科(24)

脳神経内科(86)

総合診療科(112)

救急科(314)

外科(29)

消化器外科(2)

呼吸器外科(1)

乳腺外科(0)

整形外科(73)

脳神経外科(13)

泌尿器科(21)

形成外科(15)

皮膚科(23)

眼科(17)

耳鼻咽喉科(12)

歯科口腔外科(8)

リハビリテーション科(7)

心臓血管外科(3)

小児科(37)

産婦人科(42)

精神科(57)

放射線科(44)

麻酔科(12)

緩和ケア科(20)

感染症科(173)

産業医(6)

初期研修医(258)

その他(260)


中枢神経感染症

  1.      和歌山医大感染症セミナー③ 〜中枢神経感染症〜

  2. 感染症診療の原則 患者背景 感染臓器 微生物 抗菌薬選択 適切な経過観察

  3. 発熱の原因 感染症 髄膜炎/脳炎/脳膿瘍/中耳炎 副鼻腔炎/  咽頭炎/喉頭炎/扁桃周囲膿瘍/咽後膿瘍 肺炎/気管支炎/肺結核縦隔炎 心外膜炎/心筋炎/感染性心内膜炎 胆管炎/胆嚢炎肝炎/肝膿瘍/SBP/PID CD腸炎/虫垂炎/ 憩室炎/肛門周囲膿瘍 感染性腸炎/    非閉塞性腸管虚血(NOMI)        尿路感染症(腎盂腎炎・前立腺炎)     腸腰筋膿瘍/硬膜外膿瘍/椎体炎 手術部位感染(SSI) 蜂窩織炎/壊死性筋膜炎 /化膿性関節炎 仙骨部等褥瘡感染 カテーテル関連血流感染 シャント感染/CAPD腹膜炎       胃瘻/VPシャント/ペースメーカー/   人工関節感染 感染症以外 脳外科術後/頭部外傷後(中枢性) 甲状腺クリーゼ 肺塞栓症 間質性肺炎/ARDS/ 無気肺 心筋梗塞 無石性胆嚢炎 急性膵炎 炎症性腸疾患 副腎不全 痛風/偽痛風/Crowned dens症候群 深部静脈血栓症 血腫吸収熱 血管炎/Still病/SLE等の膠原病 薬剤熱/Infusion reaction/ 悪性症候群/輸血 侵襲熱 腫瘍熱(固形腫瘍・血液腫瘍) 熱射病

  4. 抗菌薬の選択 経験的治療 ・重症度の軸 ・感染臓器、微生物をつめるという軸 最適治療  培養結果や臨床経過を基に  De-escalationを行う 抗菌薬は   必ず2回選ぶ !

  5.     グラム染色 陽性球菌 陽性桿菌 陰性球菌 陰性桿菌 ブドウ状 連鎖状 黄色ブドウ球菌 表皮ブドウ球菌 αレンサ球菌 βレンサ球菌 肺炎球菌 腸球菌 嫌気性菌 上 下 ペプトストレプトコッカス フゾバクテリウム バクテロイデス クロストリジウム 市中 院内 腸内細菌科 大腸菌 クレブシエラ プロテウス インフルエンザ桿菌 緑膿菌 アシネトバクター シトロバクター エンテロバクター セラチア 腸内細菌科 ブドウ糖非発酵菌 淋菌 髄膜炎菌 モラキセラ

  6. ペニシリン系 [PCG] [ABPC] [AMPC] [PIPC] [ABPC/SBT] [PIPC/TAZ]

  7. セフェム系 [CEZ] [CTM] [CMZ] [CTRX] [CTX] [CAZ] [CFPM] GNR 第4世代 = 第1 + 第3 GPC Pseudomonasのカバーあり

  8. キノロン系 ・緑膿菌に対する抗菌作用は最も優れる ・GPCのカバー良好 ・異型肺炎にも抗菌作用を示す ・肺炎球菌に対する抗菌活性は  LVFXより優れる ・緑膿菌にはあまり効かない

  9. 呼吸器感染症 尿路感染症 中枢神経感染症 皮膚・軟部組織感染症 骨・関節の感染症 消化器感染症 循環器・血流感染症 発熱性好中球減少症 真菌感染症 HIV感染症  

  10.   髄膜炎

  11. 感染症エマージェンシー 分単位 ①敗血症性ショック ②細菌性髄膜炎 ③発熱性好中球減少症 10分~時間単位 ①CAPD腹膜炎 ②急性閉塞性化膿性胆管炎 ③硬膜外膿瘍 ④複雑性尿路感染症 ⑤化膿性関節炎 ⑥壊死性筋膜炎

  12. 72歳女性 「発熱・頭痛」  来院前日はいつも通りだったが, 夕方少し  調子が悪そうだった.  その翌日に訪問した友人が自宅で倒れて  いるのを発見し, 救急要請した.  搬送時は頭痛を訴え, つじつまの合わない  発語も認めた.  

  13. 意識レベル JCS Ⅰ-1 体温38.3℃, 血圧110/70mmHg, 脈拍120/分, 呼吸数20/分, SpO2 96%(室内気) 身体所見 項部硬直あり, 四肢の運動左右差なし, Kernig’s sign陽性, Brudzinski’s sign陽性 血液検査 WBC 14000/µl, CRP 15.0mg/dl, BUN 25.2mg/dl, Cr 0.82mg/dl

  14.  行う順番は? 抗菌薬投与 腰椎穿刺 血液培養提出 頭部CT実施

  15.   血液培養提出 抗菌薬投与 頭部CT実施 腰椎穿刺

  16. 髄液検査 混濁:WBC 200/μl or RBC 400/μl 以上 血性:RBC 6000 /μl 以上 キサントクロミー: 出血後 2時間〜4週間 Traumatic tap CSF Pro 150mg/dl以上 血清Bil 10-15mg/dl

  17. 髄液検査による鑑別細菌性 VS 無菌性  

  18. 髄液乳酸値は細菌性と無菌性髄膜炎の鑑別に有用. 陽性尤度比 22.9 (95%CI: 12.6-41.9) 陰性尤度比 0.07 (95%CI: 0.05-0.12) → 細菌性髄膜炎のrule outに有用 最適Cut-offは35mg/dl 血清の乳酸値の影響を受けない 脳梗塞,痙攣,脳挫傷,低血糖昏睡でも上昇 J Infect. 2011 Apr;62(4):255-62.

  19.  

  20. 肺炎球菌の感受性 <髄膜炎以外の場合> <髄膜炎の場合>

  21. 想いがあっても、伝わらないと意味がない。 抗菌薬も、届かないと意味がない。

  22. 組織移行性

  23. 治療 好中球優位 緑膿菌(-):CTRX 2g q12hr + VCM 緑膿菌(+):CFPM 2g q8hr + VCM >50歳, 免疫能↓:上記にABPC 2g q4hrを追加 細菌性髄膜炎(特に肺炎球菌)が疑われる場合 抗菌薬投与前~同時にデキサメタゾン 0.15mg/kg q6hr を併用                                         リンパ球優位 糖正常:経過観察 ※意識レベル変化あれば, ACV 10mg/kg q8hr 糖低下:INH300mg+RFP450-600mg+PZA1.2g+VB6 30mg     (+ EB750mg) ヘルペス脳炎を考慮 Loading:25mg/kgの後 30mg/kg/dayを 2回にわけて投与 (トラフ:15-20µg/ml) PRSPを考慮 リステリアを考慮 結核の治療 PSL60mg×7日間の後 4週間かけて漸減,中止 2-4日間(肺炎球菌が否定されれば中止) [髄液細胞数が]

Antaa Slide

医師・医学生のためのスライド共有

App StoreからダウンロードGoogle Play Storeからダウンロード

会社概要

Antaa, Inc. All rights reserved.